マイクの可能性を大きく広げてくれるSmallRigショックマウント!

写真・カメラ, 音楽Sennheiser

ハンドマイク以外のマイクは基本的に手持ちできないので、何かに固定する必要があります。ゼンハイザーMKE600に付属のマウントはコンパクトでショックマウントも強力な逸品なのですが、単体では角度の調整ができないなど、使いにくいシチュエーションもあります。

というわけで、いろいろ工夫してセッティングできるマウントを購入してみました。カメラの周辺器具で有名なSmallRigのショックマウントです。

以下でご紹介します。

SmallRigは中国・深センに拠点を置くメーカーです。

ショックマウント、取り付けアダプタ、交換用ゴムがセットになっています。

ショックマント自体は5/8インチサイズですが、3/8ネジが切ってあるコールドシューマウントが付属しています。

側面のネジで、マイクの角度の変更が可能。ちなみにベース部分はアルミ製らしく、かなり硬質な素材感です。

3/8ネジには1/4変換アダプタを入れておきます。3/8と1/4を選べるようにしておけば、どんな三脚やライトスタンド、マイクスタンドにも設置できるようになります。

カメラのシューにマウントするとこんな感じ。マウントだけなのに、威圧感が半端ないですね(笑)

以前紹介した小型固定具に固定することも可能。

テーブル上にマイクを設置するときには、この組み合わせがベストマッチです。

これは一脚の先端にショックマウントを取り付けた状態。

マイクを取り付け、ケーブルを接続すれば、マイクブームに早変わり!インタビューを撮影するときなど、カメラマン以外に動ける人がいれば、こうして録音するのがベストなセッティングと言えます。

関連記事: