写真・カメラSAMYANG, Sigma, Sony

適材適所で重量級レンズを持ち出すこともありますけど、基本的にはコンパクトなレンズが好きです。

そんな小生がずっと気になっていた、サムヤン(SAMYANG)のコンパクトな単焦点レンズを入手しました。

重量100gを切る軽量コンパクトな広角単焦点レンズ、AF24mm F2.8 FEです!

写真・カメラcanon, Sigma

1/800s, f/8, ISO 800 600mm, Canon EOS 5D Mark III 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary 015

8月12日の満月はスタージョンムーンと呼ぶのだそうです。最近は満月の日の天気が悪かった気がしますけど、この日の夜は若干の雲があるくらいで良い天気。久しぶりに満月の撮影に挑戦しました。

1/30s, f/8, ISO 800 Focal: 293mm, Canon EOS 5D Mark III 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary 015

ときどき流れてくるこんな感じの雲も風情がありますよね。

しかし、雲も一緒に撮影しようとすると満月に対しては露出が高過ぎで、このように白飛びしてしまいます。

一方で人間は、雲と一緒に満月のうさぎ模様も同時に認識することができます。人間の目の感度と脳の処理能力はすごいですね!

今回の撮影に使ったのは、CANON EOS5DmarkIIIと、SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary 015です。

メインカメラはすっかりミラーレス機のSONY α7IIIになってしまった小生ですけど、5DmarkIIIのレフ機ならではのキビキビとした操作感はとても気持ちいいです。望遠端600mmのSIGMAレンズとの組み合わせで、満月にも瞬時にオートフォーカスしますしね。

NIKONは一眼レフ開発を停止しています。ミラーレスが時代の趨勢ですから仕方ないとはいえ、レフ機の優位性はまだまだある、と感じた夜でした。

写真・カメラSigma, Sony

ピークデザインのアンカーは、コーポレートからであるレッドを配したデザインで長く販売されてきましたが、2021年の7月よりブラックモデルが販売開始となりました。従来はレッドだった部分までブラックになった、まさにオールブラックなアンカーです。

遅ればせながら購入したのでご紹介します。

写真・カメラSigma

SIGMA 24-105mmF4には、結局レンズフィルターを取り付けることにしました。

写真・カメラ, 工具Sigma

α7IIIと一緒に落下させてしまったSIGMA 24-105mmF4。

α7IIIを落下させたけどレンズはフードとフィルターに守られた!レンズフィルターについて悩むよ! | HERMITCRAB

割れたフィルターガラスはきれいに取り除いたので、とりあえずガワだけ残しておいてレンズガードとして使おうと考えました。

ですが、壊れた状態のままで置いておくのはやはり気分が悪いし、外したいときに外せないのは道具として良い状態ではありません。というわけで、やっぱりフィルターを外すことにしました。

写真・カメラSigma, Sony

こんな事態は初めてです。響き渡るバキン!という鈍く乾いた音とともに、小生の脳髄も思考停止しました。

写真・カメラcanon, Sigma, Sony

左から、Sony SEL50F18FCanon EF40mm F2.8 STMSigma MC-11Sigma 45mm F2.8 DG DNです。コンパクトなα7IIIに取り付ける常用レンズとしては真ん中のCanon40mm+MC11の組み合わせが多かったですけど、Sigma 45mmF2.8を購入し、選択肢が増えたこの機に改めて考えてみました。

写真・カメラSigma, Sony

SIGMA 45mm F2.8 DG DN Contemporaryを中古購入しました。2019年7月に同社初のフルサイズミラーレス機fpと同時に発表された、フルメタルなレンズです。

発表当時から気になっていたのですが、定価82,500円(税込)とそれなりに高価なのと、単焦点なのに最小絞りがF2.8という微妙に食指の動かないスペックということがあり、購入を見送っていました。

2021年も暮れになり気づけば45mmF2.8の発表から1年半、中古の良玉が安価に出回り始めたので、今更ですが購入に踏み切った次第。購入経費は約33,000円でした。

45mm F2.8 DG DN | Contemporary | レンズ | SIGMA | 株式会社シグマ

写真・カメラSigma, Sony

1/800s, f/8, ISO 640 Focal: 600mm

12月23日の朝7:30頃の西に沈みつつある月。気温は-2℃。月齢は約18。α7IIIにSIGMA MC11を介してSIGMA 150-600mmの望遠端600mmで撮影しました。

月は夜に見る事が多いけれど、明け方にまだ空に残る月というのも、未練がましい自己の心中を覗き込むようでオツなものです。

きまぐれ雑記, 写真・カメラSigma, Sony

SONY a7III+SIGMA MC-11+SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporaryで撮影。三脚に載せ、SS=1秒、f=6.3、ISO800、焦点距離=600mmです。

今日は満月ですが、部分日食なので完全には欠けず、撮影時には下面が明るく輝いていました。

マスクをしている月・・・ではなく、こちらは失敗写真。三脚に載せているのに、盛大にブレています。なぜかというと、レンズの手ブレ補正がonのままだったから。

カシオペアの丘で星空撮影してきました。

以前も書きましたが、三脚での撮影時にはレンズの手ブレ補正をoffにしましょう。