スマホ・AndroidUMIDIGI

UMIDIGIのスマホF1のバッテリーを交換しました。

F1はもう3年半くらい使っているスマホです。大容量バッテリーが特徴で、購入当初は2日くらいのバッテリーライフがあったのですが、3年以上経つと流石にバッテリーのヘタリを感じるようになりました。

199ドルで買えるUMIDIGI F1開封レビュー!6.3インチ、水滴ノッチの中華スマホです! | HERMITCRAB

F1は199ドル=当時1ドル109円くらい=21,600円くらいで購入したスマホなので、同じくらいの価格帯で同等かそれ以上のモデルがあれば買い替えもアリなのですけど、なんか探しても欲しいと思えるスマホが無いんですよね。なので、バッテリー交換してF1を延命させる方を選んだ次第。

バッテリーはAliexpressで購入し、分解はUMIDIGI公式の分解動画を見ながら行いました。以下作業記録です。

ガジェット, スマホ・Android, 音楽TWS, UMIDIGI

中国・深センに拠点を置くUMIDIGIAirBudsというTWS(完全ワイヤレス型イヤホン)をレビューします。 併売されている旧モデルAirBuds Uのバージョンアップモデルと思われます。

【UMIDIGI AirBuds U】インナーイヤータイプのTWSを試す。使用環境によっては最高のイヤホンになるかも!?

名前がそっくりですが、2021年6月頃から販売されているのがAirBuds U、2021年11月から販売されているのが今回レビューするAirBudsです。分かりにくいですねw

↑こちらが新モデル、AirBuds。カラバリはホワイトのみ。

↑こちらが旧モデル、Airbuds U。カラバリはホワイト、ブラックのほか、レッドもAmazonで流通するようになりました。

UMIDIGI AirBuds Price/Specs/Review – UMIDIGI

ガジェット, スマホ・Android, 音楽TWS, UMIDIGI

中国・深センに拠点を置くUMIDIGIAirBuds Uという完全ワイヤレスイヤホンを手に入れました。

小生はUMIDIGIのF1というスマホを運用しています。新しいスマホを次々とリリースし、またスマートウォッチ市場にも進出するなど勢いのあるメーカーです。

公式サイトによると、2019年にUpodsUbeatsという2種類のワイヤレスイヤホンを、同メーカーとしては初めてリリースし、今年2021年になってAirBuds UAirBuds Proという2種類のワイヤレスイヤホンをリリースしました。

Proはカナル型のTWSで、最大の特徴はActive Noise Cancellationというノイズキャンセル機能を持っていることでしょう。興味はありますがまだ国内で流通しておらず、AliexpressのUMIDIGI公式ショップで約80ドルで販売されています

小生が手に入れたのはAirBuds Uです。13mmのDD(ダイナミックドライバ)を搭載したインナーイヤータイプのTWSで、見た目はAppleのEarPodsとそっくりなのだそう。でもこちらはホワイトのほか、ブラックと、公式サイトやAliexpressではレッドのカラバリもあります。

ホワイトはまんまEarPodsになってしまうので、小生はAmazonでブラックを購入しました。

PC, ガジェット, スマホ・AndroidBaseus, UMIDIGI, x260

自宅ではもちろん、出先でThinkPad X260を使うときや出張など、どこに持っていっても重宝するBaseusの超コンパクトな65WUSB-PD対応充電器。

【Baseus PD 65W】PD対応な手のひらサイズ充電器を買ってみた。PD給電は今後汎用性が広がりそう! | HERMITCRAB

ヘビーに使っているので紛失や破損したときの機会損失が心配です。この充電器にはブラックのほかホワイトモデルもあるので、予備としてホワイトモデルも追加購入しました

ホワイトモデルはパッケージもブラックとは異なるホワイト仕様。続いて開封していきます。

ガジェット, スマホ・AndroidShinjimoru, UMIDIGI

冬季間は特に地下鉄を多用します。地下鉄を常用するにはICカード乗車券が必須なのでパスケースに入れて持ち歩くのですが、ごちゃごちゃのかばんの奥深くに入り込んでしまって取り出しにくかったり、たまに自宅に忘れてしまうことがあります。そうでなくても、出かける前にパスケースを取り出しやすいところに入れておくなど、ワンアクションが必要でした。

一方で、スマホは常に持ち歩き、基本的に取り出しやすいポケットに入れています。取り落とさないようにスマホリングを取り付けているのですけど、これがまた、あまりクールではないんですよね。

なんかうまく行かないこの両者、結びつける何かがないものか・・・

見つけたのが、韓国のSinjimoruというメーカーが発売しているSinji Pouchという製品。スマホなどに貼り付けるカードホルダーを基本型として、カード脱落を防ぐフラップやグリップ機能などを付けたバリエーションモデルがあります。

小生はグリップとフラップの付いたSinji Pouch B-flapを購入しました。

カラバリもありますが、小生はブラックをチョイス。理由は、一番安かったからw

このようなパッケージで届きました。

ガジェット, スマホ・AndroidUMIDIGI

スマホのケースにはいろいろなタイプがありますが、小生は裏面だけを保護するタイプが好きで、なおかつポリカーボネート製のクリアーなものが好きです。最近のスマホは裏蓋もきれいに作られたものが多いので、せっかくのきれいな面を不透明なケースで覆いたくないじゃないですか。

Umidigi F1はアマゾンでも売られていますけど、ケースのバリエーションはあまりなく、完全にクリアーなケースはおそらく製造されていません。そこで気になっていた半透明ケースを購入してみました。

スマホ・AndroidUMIDIGI

UMIDIGI COMMUNITY-UMIDIGI F1-UMIDIGI F1 V1.0_20190528 ROM – SPFT + OTA release – Powered by Discuz!

Changelog:
CE, FCC and TELEC certifications added
WhatsApp photograph problem solved
Watermark added in camera
Improved camera efefects
Autofocus added in recording video
Fingerprint recognition optimized
Percentage added to the status bar battery icon (icon changed to a horizontal image)
Japanese WiFi hotspot channel issues fixed
Default menu animation speed changed to 0.5x
New screen drivers added
Other minor bug fixes and system improvements

The system will show UMIDIGI_F1_V1.0_20190124 as Build number after this update but the real version is V1.0_20190528
FOTA version: UMIDIGI_F1_V1.0_20190124_20190528-1120

5月28日にUMIDIGI F1のアップデートが来ました。アップデート内容は引用のとおりですが、あえて適当に訳すと・・・

・CE, FCC and TELEC certifications added CE(欧州連合基準)認証、FCC(アメリカ・連邦通信委員会)認証、TELEC(日本・技術基準適合、いわゆる技適)認証追加
・WhatsApp photograph problem solved WhatsAppというメッセンジャーアプリの写真機能の問題解決(?よくわかりませんw)
・Watermark added in camera 写真にウオーターマーク(透かしのことですね。SHOT ON UMIDIGI F1 DUAL CAMERAの文字)を追加することができる
・Improved camera efefects カメラエフェクトの改善
・Autofocus added in recording video 動画撮影時のAF機能追加
・Fingerprint recognition optimized 指紋認証の最適化
・Percentage added to the status bar battery icon (icon changed to a horizontal image) ステータスバーにバッテリー残量を%で表示する、ついでに電池アイコンが横向きに変更
・Japanese WiFi hotspot channel issues fixed テザリング時の問題解消?(テザリング時のwifiチャンネルに問題があったらしい)
・Default menu animation speed changed to 0.5x メニュー切替時の画面遷移アニメーションの速度を0.5とする
・New screen drivers added スクリーン表示関係のドライバの追加
・Other minor bug fixes and system improvements その他不具合解消や改善

とのことです。known issue(既知の不具合)の記載はありません。

アップデートは、設定-システム-詳細設定-端末情報-ワイアレスアップデート から行います。

再起動ののちアップデート完了。電池残量表示が追加されたのが分かるでしょうか(小さな字だけど)

設定-システム-詳細設定-端末情報に「規制ラベル」という項目が追加され、ここに技適表示があります。

ウォーターマーク(透かし)をonにすると、このようにF1で撮影した写真に文字が焼き込まれます。F1で撮影したことを証明したいときには有効ですが、普段使いには不要ですね。

今回のアップデートで技適表示が追加されたので、技適がないことで購入をためらっていた方も堂々と購入できますよ!メイン端末をお持ちの方も、予備端末としていかがですか?それとも5倍のお金を出してリンゴ製品を買いますか?

PC, ガジェット, スマホ・Androidtype-C, UMIDIGI

UMIDIGI F1は小生の所有している端末で唯一のUSB type-cです。type-cは当然従来のmicroUSBとは端子の形状が異なりますので、専用のUSBケーブルが必要です。F1にもtype-cのケーブルが1本付属していたのですが、1本では心許ない、何本か予備が欲しい!でも少し前にmicroUSBケーブルを数本まとめ買いしたばかり・・・でも1本ではやっぱり心許ない!やっぱり何本か予備が欲しい!

ということで現在の状態は上記の写真のとおり。aliexpressから1本あたり100円~200円くらいで数本輸入してしまいました。ケーブル長は25cm~50cmくらいが好みですのでその長さばかり購入しています。一方で、microUSB端子をtype-cに変換するアダプタというものもあるんですよね。

こういうやつね。小生はこれもaliexperssで輸入しました。今まで所有していたmicroUSBケーブルにこのアダプタを差し込むことで、type-cケーブルとして使えます。PC接続もできましたし、急速充電(ほぼ9V2A)も可能でした。

UMIDIGI F1のタスク切り替え不具合が、アップデートで直った!ついでに充電性能をチェックしてみた。 – HERMITCRAB

type-c端末を複数所有している方は専用ケーブルの方が信頼性が高いのは間違いないですが、小生のようにtype-c端末を1つしか持っておらず、microUSBケーブルがたくさんある方は、変換アダプタでお茶を濁すのが現実的ですかね。というか変換アダプタがこんなに使えるものとは思わなかった!最初から変換アダプタにすればよかった・・・まあ抜き差しを繰り返すので耐久性が心配になりますが。ということは?バックアップの変換アダプタも用意しておかねば!

ちなみに急速充電規格も乱立している感がありますが、UMIDIGI F1の9V2A充電はPump Expressという規格だそうです。

乱立するスマホ向け急速充電の規格をざっくり解説

Pump Expressに対応した充電器は国内では基本的に流通しておらず、純正充電器以外に予備が欲しい場合はこれまたaliexpressでEU仕様の充電器を購入するしかありません。
もちろん、急速充電でなくてもよければすでに手元に持っているUSB充電器で充電できます。

スマホ・AndroidUMIDIGI, 充電

UMIDIGI F1のカメラの色が変だったのが、アップデートで直ったみたい! – HERMITCRAB

前回のアップデートで諸々改善された代償に、サードパーティのランチャーアプリを使っているときにタスク切換えができなくなる不具合がありました。この不具合が3/16のアップデートで解消されました。

Changelog:
Multitask manager (Quickstep) bug fixed
Light- and proximity sensor instability fixed
FM Radio frequency range increased to 76-108MHz
Bokeh mode last photo doesn’t appear in the preview window bug fixed
NFC error bug fixed
SIP call interface bug fixed
Other minor bug fixes and system improvements

Known issue:
The camera anti-shake feature is temporarily removed. EIS for video is still available.
This OTA update resets the APN settings, so you might need to re-edit them for a working mobile data connection.

UMIDIGI COMMUNITY-UMIDIGI F1-UMIDIGI F1 (EU) V1.0_20190316 ROM – SPFT + OTA release – Powered by Discuz!

ほかにFMラジオの対応周波数帯が日本の周波数にも対応したりと、良アップデートになっています。

ところで小生が購入したF1に付属しているUSB充電器はEU仕様(Cタイプ)のため、日本のコンセント(Aタイプ)と互換性がありません。USB端子は世界共通の規格なので汎用充電器を使って充電はできるものの、一応純正の充電器の性能を見ておきたい、ということで・・・

Cタイプ→Aタイプ変換アダプタを購入しました。

通販でも買えますが、ホームセンターや旅行関連グッズを売っているお店、100均なんかにも売っていると思います。小生が購入したものはaliexpressですが、2個で60円程度と激激激安だったものの、海外通販の常で到着に1ヶ月近くかかりました。時は金なりという格言を理解できる聡明な諸兄は最短の時間でサクッと購入してしまうことを強くおすすめします。

閑話休題。アダプタはどういうわけかポロポロ取れやすくてイライラしますので、こんな風にマステで固定してしまいました。

充電しました。約9V1.6A出ています。F1本体には「急速充電中」と表示されていますね。

社外品の充電器で充電してみると、約5V2A出ています。本体表示は「充電中」のまま。もしかすると9V以上出力できていると「急速充電中」と表示されるのかも。

UMIDIGI F1に関しては、純正充電器が一番充電速度が速そうです。

参考サイト:
充電器の基礎(1) | Re:Mobile-Diary

スマホ・AndroidUMIDIGI

UMIDIGI F1のwifiは、公式ショップによると11acには対応していません。

UMIDIGI F1 Android 9.0 6.3″ FHD+ 128GB ROM 4GB RAM Helio P60 5150mAh Big Battery 18W Fast Charge Smartphone 16MP+8MP In stock-in Mobile Phones from Cellphones & Telecommunications on Aliexpress.com | Alibaba Group

でも端末に付属しているマニュアルを見てみると・・・

なんと11acに対応していると表記されています。

ただ対応しているからといって、実際に11acで接続できているか調べる方法があるのかどうか分かりません。このように、5GHzで接続してリンク速度は390Mbpsですが、11nも同じく5GHzの周波数帯なんですよね。まあ実際問題として、wifiの速度が安定して出ればそれで良いのですが。

「11ac」と「11n」の速度はどれだけ違う? – 日経トレンディネット