チャプチェが好き!死ぬほど食べたい!!韓国春雨はレンチンで簡単に戻せるぞ!!!

2021-12-13料理

チャプチェ(春雨と具材を甘辛く炒めた韓国料理)にハマっています。

チャプチェ – Wikipedia

春雨はさつまいものデンプンから作られた韓国春雨を使っています。乾燥状態で購入しますので、乾麺を戻すように、何分か茹でるのが通常の料理法ですが・・・

なんと!レンジで戻せることを発見しました!!このことで、チャプチェ作りがはかどって仕方ありません!詳細は以下へ!

100gの春雨をとり、専用容器に入れます。専用容器というか、レンジでパスタ的なやつです。

レンジでパスタを茹でられる容器って、たぶん多くの方が持ってますよね?その容器で春雨を茹でようというわけです。

容器にもよると思うのですが、小生が何度か試した結果、100gの春雨に対して、水は容器の目盛り1人分。湯で時間は、600wで8分がちょうど良いとわかりました。

レンジで茹でている間に、具材の調理をしましょう。牛肉、玉ねぎ、人参、ニラあたりが定番の具材のようです。

とはいっても、たぶん野菜やお肉はなんでも良いと思います。春雨と一緒に食べやすいよう細切りにして、ごま油で炒め、しょう油大さじ2、砂糖大さじ2をベースに味付けをしておきます。

春雨が茹で上がりました・・・!この見た目は・・・!?

糸こんにゃくところてんみたい!日本の春雨に比べ、黒っぽい見た目です。冷水で洗い、水を軽く切っておきます。

具材ができたら春雨を投入!今回は、玉ねぎ、ピーマン、コンビーフで具材を作ってみました。

具材にも春雨にもすでに火が通っていますので、軽く混ぜ合わせ、仕上げにごまを振って完成です。

器に盛って、ダイソーで買った韓国スプーンを添えてみました。韓国スプーンは柄が長く、ヨーグルトを食べるなどでも使いやすいです。

きゅうりのぶつ切り桃屋のキムチの素和えと、水出しコーン茶を添えて。暑い夏でも食欲が湧いてきそう!

韓国春雨は太さがあり、歯ごたえもあるので食べていて楽しいです。

砂糖と醤油ベースの優しい味ですので、パンチが欲しくなったらコチュジャンを添えてもgood。ホットな口当たりが食欲をさらに刺激します!

関連記事:

料理

Posted by Hermitcrab