【TRN ST1】1DD+1BAの超リーズナブルなイヤホン!高音の刺さりも慣れれば気にならない!?

ガジェット, 音楽TRN

Aliexpressの独身の日セールで「耳が幾つあるの!?」って詰め寄られるくらい幾つもイヤホンを買った小生。このTRN ST1はセール価格が日本円で1,000円を切るほどお買い得でしたので買ってしまいました。

ご覧のとおり、左右で色が違うというカラバリがあったことも購入の決め手です。あ、もちろん、シンプルな1DD+1BAという構成も、お気に入りのKZ ZSN Proと同じで、期待もありましたし。

TRN ST1 1DD+1BA Hybrid In Ear Earphone HIFI DJ Monitor Running Sport Earphone Earplug Headset With QDC Cable TRN V90 BA5 VX|Phone Earphones & Headphones| – AliExpress

アマゾンでも流通しています。

実際に届いたので開けて試聴してみます。続きは以下からどうぞ!

KZやCCAなどの中華イヤホンと同じ大きさのパッケージ。

スペック表によると、再生周波数帯は10Hz-40,000Hzとのこと。

表ケースをスライドして開けると、イヤホンが出てきました。小生はよく知りませんが有名なイヤホンにデザインがそっくりとのこと・・・小生的には、見れば見るほどガンダムF91に出てくる鉄仮面に見えてくるw

内容物は、イヤホン本体とイヤーピースがSMLの三種類(Mサイズは本体に装着済み)、ケーブル、マニュアル類。

カラバリはブラック(フェイスプレートもブラック)ブルーパープルブルー&パープル(フェイスプレートはいずれもクロームシルバー)の4種類があります。

フェイスプレートの中央にメッシュ状の造形と、下部にベント穴が開いていますね。

付属のイヤーピースは中央のノズル部分が赤いタイプ。小生は大きめのイヤーピースが好みなので、Lサイズのものに交換しました。

ノズルは樹脂タイプ。ケーブル接続はqdcタイプ。

右がパープル(赤)、左がブルー。右が赤というのはたぶん世界共通で、左右が分かりやすくてgoodです!

さっそく付属のケーブルを接続して聴いてみました。

印象は、各音域のバランスがそこそこ良いものの、高音成分が多くシャリシャリ分がちょっと多いかな、という感じ。情報量は多く派手めで心地いいのですが、もしかしたら音源によっては聴き疲れしそう・・・

高音域を担当しているBAは30095というもので、イヤホン内部の構成はZSN Proと同じと思われるのですけど、ST1のフェイスプレートに開いている大きなベント穴や、全体に金属ではなく樹脂パーツが多いことから、高音が抜けやすいのかも。うーむ、これは好みの音ではないかも・・・

・・・と、当初は思ってたんですけど、先日購入したKBEAR S1に取り付けて何時間も聴いていると、小生の耳がエージングされてきて、高音の刺さりは気にならなくなってきましたw

小生のベンチマークであるSilent Jealousyなどのハードロックは、やはりちょっと厳しいものがありますが、デジタル系の楽曲にはわりとマッチする印象です。バランス接続ケーブルへのリケーブルも楽しみなところ。

というわけで、TRN ST1は超お買得にも関わらず、色々な楽しみがありそうなイヤホンです。

ガジェット, 音楽TRN

Posted by Hermitcrab