教育ってなんすか

きまぐれ雑記広告 グッドデザイン Mac iBook Intel AMD Windows 高橋メソッド

広告業ってものは偉大ですなぁ。プレゼンのプロというか。

おそらく進学塾の広告でしょうが、どこかの学校の入試問題がときどき広告に組み込まれていることがあるのですが、いろんな問題が載っていて結構笑えることがあります。地下鉄で今日見たのはこんな問題。文はうろ覚えなので適当。

以下の文を読んで、下の問いに答えなさい。

何とか問題、教育問題、何とか問題など、いろんな問題がある。

下線部について、下の5つの記号の中でリサイクルとは直接関係ないものを選びなさい。

(アルミマーク、森林資源マークなどの中にグッドデザインマークが紛れている。これが答え)

問題文の支離滅裂さも笑えます。だって、2行目と3行目に何の繋がりもないでしょ。それはともかく、へー、こういうことを教えてくれるんだ、この進学塾に宅のぼっちゃんを入れるザマス。な~んてことを世の教育ママは思うんでしょうかね。
でもちょっと考えてみて。こういう問題の解き方ってなんだろう。それぞれのマークの意味を理解することなのか、それとも過去問的に反復練習するのか。マークの意味なんて、ちょっと興味を持ってりゃわかるでしょ。かくいう当方の幼少のみぎりの頃、この手のマークを書き写したりして遊んだものです。三角や丸、矢印なんかあってデザイン的に面白いでしょ。そういうことから興味を持たせる教育をしてるのか?
表の読みとりなんかは、確かに訓練しなきゃならないこともあるけど、引用した問題なんかは明らかに現実社会の事象を知ってるかどうかですからね。そこんとこ、シクヨロ。


閑話休題(ぇ
MacへのIntel製CPU搭載をジョブズCEOが宣言
どうしてAMD社製CPUを使わないのかは大いに疑問ではあるけど、PowerPCからの脱却を決意したのは評価できるかな。まぁ爆笑なのは、今までAppleがベンチマークテストなんかでIntel社製CPUをさんざんコケにしてたのが、すべて偽証だったってことがこの基調講演で証明されたってことかな。そして天下のIntelも、CPUの性能でAMDに追い抜かれつつあるという、まさに生き馬の目を抜く世の中ですよ。CPUのシェアは圧倒的にIntelが握っているけど。
さーて、どこのメーカーのノートを買うかな。ヨドバシでも確認したけど、筐体の横幅が300㍉を切ってるかどうかで、実感としての大きさってかなり違ってくる。もちろん、奥行きが240㍉以内かどうかも。いちおうiBook12inchもこの範囲内に収まってるけど、Windows使いの当方にとってG4のメリットって消費電力が少ないってことぐらいだからな。つか、新iBook出ないのかよ! はっきりしてくれ!!

あと、最近ちょっとキモイのが、大手パソコンメーカーのパソコン関連サイトトップには例外なく○○(そのサイトの社名)がすすめるMicrosoft® Windows® XPって書いてあるの(例:NECSONYHP東芝、他にもsharpもDELLもGateway(本国サイトにはGateway recommends Microsoft® Windows® XP Professional.の文字が)も日立もパナソニックもIBMもソーテックも、面倒くさいのでアンカーは省略)。マジキモイよ~。つかこれ、Microsoftの脅迫なんですよね。おたくにWindowsをまとめて卸してやるから、トップページに広告載せろやってね。逆に、Windows意外のOSも扱ったりするメーカーにはWindowsを卸さないとかなんとか、もう悪逆非道の限りを尽くしています、この会社。中小のパーツショップなんかにも圧力を掛けて、何様のつもりなんでしょうね。自前じゃロクなものも作れないくせに大将気分でさ。

そうそう、ほんと支離滅裂で済みませんがプレゼンといえば、これ。高橋メソッド。読んでて顔から火の出る思いでした。今度からなんかやるときにはこれ。PowerPointで意味もなく飾り立てたプレゼンするよりも、高橋メソッド
種を明かせば一昔流行った?侍魂みたいに文字だけで勝負!みたいなものなんですが、そもそもプレゼンする意味というのは相手にきちんと物を伝えるということであって自分のセンス(のなさ)を誇示するためではないんです。それなら、お仕着せのアニメーションやらカットを使うよりキャッチーなコピーをうむむと捻り出した方が、印象も強いでしょうし理解されやすいのではないでしょうか。リンク先では高橋メソッドを高橋メソッドで紹介してますのでぜひ見てください。とりあえず見て損はないと思いますよ、特に研究者の方。