【TWSBI Diamond Mini AL ミントブルー】万年筆初心者が万年筆大国・台湾製の万年筆を手に入れた!

きまぐれ雑記PILOT, TWSBI, 万年筆

TWSBIツイスビーと読みます。台湾の三文堂筆業有限公司が2009年から製造・販売するブランドです。新興メーカーと思いきや、創業から自社ブランドを興すまでの40年あまり、世界中の筆記具ブランドのOEMを手掛けてきたそうで、万年筆の製造ノウハウは充分に醸成されたうえでの満を持してのブランド展開だそう。

小生が今まで手に入れてきた万年筆は、インクの補充方式がカートリッジ式コンバーター式ばかりでしたが、TWSBIの万年筆は胴軸に直接インクを吸入する吸入式と呼ばれる方式です。入れたインクが万年筆の胴部分を彩り、金属部品を各所にあしらった所有欲を満たしてくれるデザイン・・・ということで、手に入れてみることにしました。

TWSBI SAKAI-Japan

TWSBI日本代理店のラインナップは、フラッグシップのDIAMONDシリーズと、リーズナブルなECOシリーズに分かれていて、それぞれにデザインや仕様の異なった製品がリリースされています。小生が購入したDIAMONDシリーズは、標準的なサイズの580系と、コンパクトサイズのMini系に別れているのですが、小生はアルミパーツがあしらわれたMini ALのミントブルーを手に入れました。購入したのは中古品です。

ケースにしっかりの収められていて、さらにボール紙の外箱に入っていました。本体のほか、取説が2つ。

初めてのメーカーの万年筆、しかも今まで購入したものの中で最高クラスの品・・・若干緊張しながら開けていきます・・!

取説は、通常の使い方よりも、分解の仕方に多くのスペースが割かれていました。そうです。TWSBIの万年筆は自分で分解洗浄ができる仕様なんです。

ケースに入ったTWSBI Diamond Mini ALミントブルー。前オーナーが入れたまま送ってくれたブルー系のインクが入っています。

所有している万年筆と比較してみました。左から、TWSBI、PILOTプレラ色彩逢いPILOTキャップレスデシモです。

Miniはプレラと似たサイズ感ですね。

天冠には赤字にTWSBIのロゴマークが配置されています。万年筆各社とも、ここにマークが入っているのは力の入ったラインナップの証であることが多いです。

キャップの口の部分には金属パーツがあしらわれ、TWSBIとmini TAIWANの刻印があります。樹脂キャップは経年劣化で割れやすくなるのですが、ここが金属だと割れる心配も少なく、長期間運用できそう。

キャップはねじ式。所有している他の万年筆は今のところすべて嵌合式なので、思わず引っ張ってキャップを開けそうになってしまいます。注意が必要です。

ペン先のアップ。EFニブです。

キャップのこの部分に、インクが付きやすいようですね。

インクは胴軸に直接入る吸入式。尻軸を回すことで内部のピストンが上下し、ペン先方向からインクを吸入する仕組みです。インクタンクの容量は公称2ml。PILOTのカートリッジやコンバーターの3~4倍もの容量です。筆記量の多い方には嬉しい大容量タンクです。

胴軸はただの円筒ではなく、ブリリアントカットを思わせる多面体カットになっていて、これがDiamondのネーミングの由来と思われます。

コンパクトサイズなので、手の大きい人にはちょっと短いかも。

キャップを尻軸に差すと長さは充分になりますが、重心がキャップ方向に移動するため、バランスが悪くなるかもしれません。ただ小生の感覚だと、上荷重になることで筆圧を掛けずにペン先を滑らせる事ができ、キャップ有りのバランス感もアリだなと思います。尻軸にもねじ切りがあり、キャップを確実に固定することができます。

ところで事前に入手しておいた情報だと、分解掃除のための工具も付属しているはずなのですが・・・

ケースの裏にセットされていました!

薄口レンチとシリコングリスです。レンチにはブルーの保護シールが貼られていますが、実際はステンレスのような材質です。

取説によると分解方法はこんな感じ。オーバートルクで締めるな!が鉄則のようです。

ペン先はEFですが、PILOTのF(細字)より明らかに太く、M(中字)よりやや細いかな、くらいのイメージです。日本含め漢字圏のメーカーの万年筆はアルファベット圏のそれより細い傾向がある、という話も聞きますが、線の太さはインクや紙の影響も受けますし、一概にはいえませんね。スチールのペン先ですが紙に触れる感覚も心地よく、ペンがスルスルと進みます。

手にして間もないTWSBI Diamond Mini AL ミントブルーですが、キャップをくるくる回して取り外し、またくるくる回して尻軸に取り付けるという動作が、書き始めに必要になります。せっかちな小生なら絶対にしたくない無駄な一連の動作ですが、なぜかこの万年筆を手に取るときは、面倒くさいと思わないんですよね。一連の動作をしている最中に心が落ち着く感じ。不思議な魅力を放つ万年筆です。

ちなみに本家サイトを見ると、日本で流通している以外の製品もあることがわかります。

一部はAmazonでも流通していたりしますので、興味のある方はいかがでしょうか。

通常サイズの方は使い勝手がより良さそう。このプルシアンブルーって色もステキですよね~

ECOシリーズは安価にTWSBIの吸入式万年筆を体験できます。パイロットのプレラと同じくらいの価格なら、もっと人気が出そうですね。

関連記事: