スーパームーン皆既月食を撮影したかった!

写真・カメラ

昨日(2021年5月26日)は、スーパームーンと皆既月食が重なる貴重な日でした。

皆既月食(2021年5月) | 国立天文台(NAOJ)

コロナ禍でなかなか明るいニュースがない中、日本中の人が空を見上げた昨日の宵闇。北日本はおおむね皆既月食が観察できるとの事前情報でしたが・・・

小生の観測ポイント(札幌市内某所)では、靄がかかっていて、ただでさえ暗い月食が肉眼でほとんど見えませんでした・・・

SCW – 天気予報 / 観測情報

20:00の雲画像はこちら。筋状の薄い雲がかかっています。このあと、南から北方面に通り抜けました。

皆既月食になっても、肉眼では茶色く光る部分はほぼ見えませんでしたが、現像で露出を2段上げると見えてきました。

肉眼ではあいかわらずこんな感じ。これでも見えている方で、完全に靄に隠れて月の輪郭すら見失う時間もかなりありました。

あまりにも靄が晴れないので意気消沈し、途中で撮影を中止して帰宅してしまいました。テレビなんか見ていると・・・各地で皆既月食が観察できた!というニュースばかり。

あまりにも悔しくて、もう一度外に出てみました。

21:30頃になると靄もすっかり消え、部分月食の状態を撮影できました。少し溜飲を下げられた、という感じ。

月食自体は年内にもありますが、次回の皆既月食&スーパームーンは12年後だそうです。

すべての写真は、SONY α7III+SIGMA MC-11+SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSMで三脚を使い、シャッターブレも防ぐために5秒タイマー(セルフタイマー)で撮影しました。

関連記事:

写真・カメラ

Posted by Hermitcrab