白鶴酒造の新酒「白鶴 弓弦羽」2本目をいただきます!

きまぐれ雑記

弓弦羽神社のお膝元、白鶴酒造の新酒「白鶴 弓弦羽」を味わいました – HERMITCRAB

冬になり、日本酒呑みにはいい時期になりました。なんたって、封切ったものの飲みきっていない日本酒を、冷蔵庫に入れなくても10℃以下で保管できるのですもの。残量を気にせずどんどん封切って飲み比べできます。西尾酒造の杣酒を封切ったばかりなのですが・・・こちらはひとまず冷所に保管しておくことにして、2本セットのうち純米吟醸の方をひと月ほど前にいただきました。今回は純米をいただきます。

香り高き甘口の美酒「白鶴 弓弦羽」2種11月21日(木)から数量限定発売|ニュースリリース|企業情報|白鶴酒造株式会社

純米は白いラベルです。矢絣の醸し出す引き締まった和風感も相まって、羽生結弦選手の「SEIMEI」の衣装を思わせますね。

前置きが長くなりましたが純米を口に含んでみました。純米吟醸に比べて甘口とはいうものの、すがすがしい風味もあり純米吟醸と実力は伯仲していると感じました。というか、そもそも優劣があるわけではありませんしね。好きな方を飲めばよいのです!ただ飲み比べしないとどちらがより好みかどうかは分かりませんからね。やはり2本買いをおすすめします(笑)

白鶴酒造をはじめ灘の酒造の信仰をあつめる弓弦羽神社にまた行きたくなりました。

弓弦羽神社でいろいろと祈願してきました。 – HERMITCRAB

弓弦羽神社に再び参拝した。忙しさをしばし忘れられる、何度でも行きたい神社です。 – HERMITCRAB

DSC02686

きまぐれ雑記

Posted by Hermitcrab