久々の「死ぬほど食べたい」シリーズ、今日ご紹介するのは、かぼちゃの種です。

かぼちゃの種は、シリアルなどによく入っていますね。というか、食べるのは種の中の「仁」なんですけど。

かぼちゃを切り、ワタに包まれた種を水でよく洗って繊維やぬめりをできるだけ取り、乾かします。あ、もちろんかぼちゃの本体も炊いて美味しくいただきますよ。

基本のかぼちゃの煮物 作り方・レシピ | クラシル

こちらのレシピ、本当に簡単なのですけどすごく美味しいかぼちゃの煮物ができます。だしは入れなくても大丈夫なのですが、顆粒だしをちょっと加えても美味しいです。

閑話休題、種を乾かしたら、フライパンで軽く煎ります。

軽く炒ると、硬い殻がはじけて割れ目ができ、まるでピスタチオみたいに、殻の中から仁がでてきます。味もピスタチオそっくり。ナッツ感覚で食べられ、お酒がすすみ、炊きあがったかぼちゃを食べつつお酒を飲むと良い晩酌になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)