地デジ放送が始まって以来、小生の環境ではNHK総合とHTBの受信に難儀しています。うちには地デジアンテナがなく、近所の高層マンションのアンテナから信号を分けてもらっているのですが、そのせいで地デジ放送受信が安定しません。自作アンテナの方が受信性能が良いという体たらくです。

受信状況が良いときはまあ良いのですが、何かのきっかけでブロックノイズでまくりになるともうストレスのカタマリです。思わず、地デジブースターなるものを購入してしまいました。

これね。受信した地デジ信号を増幅してくれるという、小生にとってはわらをもすがるといった感じの機器です。

こんな感じで、アンテナ-ブースター-電源-受信機(テレビやレコーダーなど)と接続します。

ですが、ブースターは、なるべくアンテナに近いところに接続しないと意味がありません。つまり、自宅にアンテナがある方はアンテナのすぐそばに付けるのが正しい用法です。ですから、壁にあるテレビ接続部分に付けてもほとんど効果はないのです。実際、せっかく買ったのに効果はありませんでした(笑)

そんなこんなでこのブースター、しばらく放置していたのですが、ふと思い立って自作アンテナに付けて設定をいじってみたところ・・・

なんと、受信状態が良くなりました(笑)

不思議なことに、テレビの設定画面で見ることができる受信強度レベルはそれほど変化がなくても、ブロックノイズが明らかに減りました。
どうやら、地デジの受信には、電波強度だけではなく受信する電波の品質も重要なのだそうです。

テレビ受信不具合点検・修理例 電波の品質・C/N、MER改善!? |
子供の無線教室/第1回 「電波ってなあに?」|2017年1月号 – 月刊FBニュース アマチュア無線の情報を満載

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)