普通はこうですね。カメラ上部の両側にストラップ取付部があるのでそこにストラップを取り付けます。

レンズの重みでカメラ全体が傾き、カメラ本体下部がおなかに当たります。歩くと揺れておなかに突き刺さりますし、レンズが外を向いているので人や物に当たらないよう、常に手を添えておく必要があります。

これならどうでしょう。カメラがしっかりと下を向いています。

斜め掛けをすると効果は一目瞭然。しっかり下を向いているので、カメラ・レンズが面で体に接触しているのでホールド感は抜群です。

その肝は何かというと・・・ストラップの一方をカメラの下に付けること!ただカメラの下には通常はストラップ取付部はありませんので、何らかの方法でストラップを取り付けます。

小生の場合は、L型クイックリリースプレートにストラップを取り付けて・・・と。

プレートをカメラに取り付ければOK!いやープレートは便利ですわ。縦グリップを使用する時以外は常に付けとくのがいいですね。ちなみに縦グリップの底面にはストラップ取付部がありますので、縦グリ派の方もこの吊り下げ方が可能です。

ちなみにストラップの一方というか右側を底面に移すことで、こんなメリットもあります。縦構図にする時、基本的に右手が上になると思いますが、右側のストラップが顔とカメラの間にだら~んと垂れ下がるんですよね。ときにはファインダーを覆い隠したりします。これ、すごいストレスなんですけど、右側にストラップを付けないことで、このだら~んともおさらばできます!

L型プレートはメジャーな機種なら専用品が発売されていますし、汎用品でも良ければ専用品より安く買うことができます。

L型プレートが大げさだなと感じる方は、ピークデザインのアルカスイス互換プレートがいいですね。小さなプレートですので幅広タイプのストラップを取り付けるためには三角環などをかます必要があるかもしれませんが、三脚側もアルカスイス互換クランプを付けておけば、カメラを三脚にクイックに取り付けられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)