あの日を忘れないために!自宅避難訓練を行ってみた。やってみて改めて分かったことは・・・その2【検証編】

きまぐれ雑記DIY, 防災

自宅避難訓練を始めた直後は、無意識に電灯のスイッチに手が伸びます。お手洗いでも台所でも、ちょっとでも暗いと思ったら自然とスイッチを押してしまい、明かりをつけてしまっては「ああ、停電中だったんだ」と我に返り明かりを消す始末。明るく照らされた暮らしに慣らされまくっていますね。逆に、胆振東部地震の長時間停電のときは、無意識にスイッチを押しても明かりがつかず、そのつどガッカリしていたと記憶しています。

さて今回の自宅避難訓練で分かったこと、思い知ったことを挙げていきたいと思います。一応マニュアルや参考情報をもとに避難グッズを揃えるのですけど、それでもやはり人それぞれに優先順位も嗜好も異なるもの。避難時は個人の嗜好が多少制限されるものとはいえ、不要なものを持たず必要なものを多めに持つ、という考え方もシミュレーションしておくことで成り立ちます。以下は小生なりの考え方ですので、皆さんも自分なりに考えてみてはどうでしょうか。

■飲料水の消費量は、一人あたり1日2リットルだった。

尾西のアルファ米、うまい棒パスタ、スープ、お茶、コーヒー、夕食の雑炊などに水を使いましたが、最終的に一人あたり2リットルのペットボトル1本で済みました。買い置きの炭酸水や野菜ジュースも飲んだので、その分飲料水を消費しなかったとも言えますが、それにしても思ったより少ない印象。ですが夏ならもっと消費していたことでしょう。

トイレや洗濯機は使用不可、食器洗いも無し、洗顔、手洗いなどはウエットティッシュで対応しましたので、それらの準備は必要です。

■トイレの大問題!一体一日に何回トイレに用を足すのか!?

ペットシーツに用を足す方式を採用した小生ですけど、処理袋を含めて要するに1回に1枚消費するのです。1日10回用を足すなら10枚、家族が2人なら20枚、4人なら40枚。大容量160枚なんてあっという間に無くなってしまいます。トイレ用品は保管場所が許す限り大量に備蓄すべきでは、と思いました。そしてさらなる大問題、大きい方については今回検証できていません。

■備蓄食料は意外と豊富だった

食料の備蓄には昔から気をつけている小生。尾西のアルファ米は賞味期限の異なる2セットを備蓄しています。

ほかにパックのご飯、カップラーメン、缶詰などが適度にあるので、何を食べるか選ぶ余裕がありました。使って買い足すローリングストックも何となくできています。

■カセットコンロはやっぱり便利

お湯を沸かしたり簡単な調理ができると、食事の幅が飛躍的に広がります。ガスも結構長持ちするんですよ!

イワタニのガスボンベが良いのはもちろんですけど、イワタニにこだわって買い置きを切らすのは本末転倒!何でも良いので数本備蓄しておきましょう!

■うまい棒パスタの失敗

パスタがふやけたあと、残すお湯が少ないと粘り気が強すぎて食べられない。

うまい棒は徹底的に粉々にする!大きな塊はクルトンっぽくなって良さげだがさにあらず、粉々にしないと麺に混ざっていかない。

盛り付けたお皿が表面がザラザラの紙製だったため、そこから更に水分を奪われてしまった。

■ジップロックパスタの失敗 その2

うまい棒パスタの失敗を受けて、再度ジップロックパスタに挑戦しました。今回はお湯の量を多めにし、お皿は陶器皿にラップを敷いたものを用意。パスタソースはレトルトのカルボナーラと粉チーズです。

今回は・・・お湯の量を前より多めにしたのに、なかなかパスタが柔らかくなりませんでした。ようやく柔らかくなったのでお皿に出してパスタソースをかけ、食べてみると・・・うお!前より更にモチモチしすぎてる!ソースが美味しいからなんとか食べられるが・・・

今回はどうしてうまく茹でられなかったのか。思うに、ジップロックにパスタとお湯を入れたあと、いつもの調理シーンのようにそれらをキッチンの金属製の天板に置いたんですよ。金属だからジップロックからどんどん熱が奪われたみたい。そういえば、前の調理方法だとジップロックを紙皿の上においたから、そこまで熱を奪われなかったのかも。

一方で、お皿にラップを掛ける作戦はうまくいきました。フォークを突き立てないように気をつけて食べたおかげか、ラップにはほとんど傷がつかず、お皿もわずかに汚れただけで済みました。状況によっては紙皿より使いやすいかも。

■サラダ油ランタン

サラダ油をケチって少ししか入れないのは失敗の元。

■100均で他に買ったもの。

アルミシートを買ってみました。身体にかけて冷えを防ぐアレです。アレも一度使ってみないと、様子がわからないですからね。小生が気になるのは、一度使ったものをきれいに折りたたんで小さくしまえて再利用できるか、ということ。

ほかにもいろいろあったように思いますが、思い出したら書きます。このプチ避難訓練、月1くらいのペースでできないかと画策しています。いろんな季節にやったほうが良いでしょうしね。繰り返しになりますが、人によって大事なポイントは異なるはずですので、皆さんも是非やってみてください。

関連記事: