ファーストコンタクト!万年筆初心者がPILOTカクノを使い始めたよ!!

きまぐれ雑記PILOT, カクノ, 万年筆

どうして急にこんな気持ちになったのか・・・きっかけはちょっと忘れてしまいましたけど、突然万年筆が欲しくなりました

万年筆は高価なイメージがありましたけど、調べてみるとさすがに有名各社、エントリー向けの廉価なモデルをリリースしているのですね。ジュニア向けの製品もあり、ジュニア世代から万年筆に親しんでもらいたいという戦略なのでしょう。

ジュニア世代と言うには歳を取りすぎた小生ですが、パイロット(PILOT)カクノというジュニア向け万年筆を購入してみました。定価はなんと万年筆としては破格の1,000円(税抜)!

あまり大きくない文房具屋さんには店頭在庫がないかもしれないので、Amazonで買うか、ヨドバシ.comなどの利用もおすすめです。

ヨドバシ.com – パイロット PILOT FKA-1SR-NCF [カクノ 透明軸 細字] 通販【全品無料配達】

繰り返しますが、万年筆は高価で扱いづらいイメージがあったので、こんなにポップなパッケージのカクノにびっくりしました。

パッケージの表記が、いちいち優しいんですよね。小生の心が荒みすぎなのでしょうか・・・

小生が選んだのはカクノの透明軸バージョン。ペン先はスタンダードなF(細字)タイプ。セットには本体のほか、マニュアルとブラックのカートリッジ1本が付属。

カクノの特徴は、なんといってもこの遊び心のあるペン先!モデルによっていろいろな表情があるのだそうで、透明軸タイプはこのようにペロリと舌を出しているのだそう。

ペン先とペン軸以外はクリアーな樹脂でできています。スケルトン好きの小生の心をぐっと掴みにきてます。カクノ・・・恐ろしい子!

ペン軸はこんな感じ。この沢山のスリットで、程よいインクフローを実現するのだとか、

思わずまじまじと眺めてしまいます。インクが入っていないときしか見れない状態ですしね!

易しすぎるくらい易しく書いてあるマニュアルは、万年筆初心者の小生にとって心強い味方です・・・!これは嬉しい!

カクノにはブラックのインクカートリッジ(パイロットの表記ではインキ)が1本付属しているのですが、初心者のくせに粋がってブルーブラックのカートリッジを一緒に購入してしまいました

インクカートリッジの箱が思ったより小さかったことに驚く小生の図。そう、昔あった駄菓子のココアシガレットみたいな感じ。

このインクは、小さい文房具屋さんにも置いてありました。お世辞にもメジャーとは言えない文房具のサプライ品なのに、PILOT社の企業努力ですね。すごいことです。

インクカートリッジって、昔どこかで見たことがある!!うちにあったかも!?なんてことにいちいち感動を覚えつつ、カクノにカートリッジを取り付け!インクがペン芯の方に徐々に移動し始めました・・!

初めて万年筆で書いた言葉はこんな感じ。

なぜか万年筆を持つと背筋が伸び、丁寧な字を書こうという気になりますね。

ボールペンのような筆圧が必要なく書けるので、ペンがすらすら進む感じがとても心地よいです。

ブルーブラックのインクは、文字に陰影が付いてクラシックないい雰囲気になります。何でも良いので書き散らしたく気分になります。

このラベルはきれいにはがせます。

カクノはジュニア向けということもあり、キャップを誤飲した際でも気道を塞がないよう、キャップの上に穴が開いています。キャップを咥えて息を吐き出してみると、息がキャップ先端から抜けることがわかりました。この構造のおかげでキャップをしていてもインクが乾きやすいという意見もあります。本当のところはわかりません。

というわけで、突然始まった小生の万年筆ライフ。書くことが昔ほど無くなった昨今ですけど、いろいろな場面でメモをとることは今でもかなりありますし、そのときにただのボールペンではなく万年筆を使う自分を想像してニヤニヤしたりしています。

ネットにはたくさんの情報があり読み漁っている毎日なのですけど、万年筆にも沼は存在するそうです。その名も・・・

インク沼!!!

万年筆のインクといえばブラック、ブルーブラック、ブルー、レッドがド定番ですけど、それ以外にいろいろな色のインクを各社が販売しているのだそう。香水よろしくインク瓶にこだわりがあったり、また100色ものラインナップを誇るメーカーもあるそうで、まさに沼です。万年筆は文房具で実用品ですから、インクを購入するのに躊躇があまりないというのも、インク沼のインク沼たるゆえんのひとつでしょう。

ともかく、良き万年筆ライフを!!万年筆歴数日の小生がお伝えしました!

関連記事: