【7Artisans 50mm F1.1】異次元の明るさを誇る単焦点レンズを買ってみました。

写真・カメラ7Artisans

Sony α7IIIの運用可能性の一つに、マウントアダプタを介して他社レンズやオールドレンズを装着できることがあります。まさにSIGMA MC-11を介してCANON EFマウントのレンズを運用している小生ですけど、ついに手を出してしまいました。ライカMマウントレンズに・・・!

F1.1という明るさのレンズは初体験で、絞り開放だとISO感度をどんなに下げてもシャッター速度を1/4,000くらいにしないと明るすぎて撮影できない(笑)しかも開放ではピント面がにじみピントを合わせづらいというじゃじゃ馬っぷり(笑)デジカメの性能が飛躍的に良くなり、ガチピン・高精細な写真を求めるのが常識とも言える時代に、痛烈なフックを入れてくるレンズです。記録写真ではなく作品を作るためのレンズとも言えるかも。

M50mm F1.1 – 7Artisans

メーカーページはこちら。

7Artisansのレンズは、こちらのボディキャップ兼用レンズを運用しています。堅牢な作りと謎なデザインがお気に入り。

シルバーとブラックのカラーバリエーションがあります。小生は見た目重視でシルバーを購入。中古で状態の良さそうなものが出品されていたので即ポチしました。

レンズには前後キャップが付属。前キャップは金属製で、レンズの外枠にはめるタイプ。

前キャップにはメーカーロゴ入り。7artisans 七工匠とプリントされています。7人の匠たち・・・メーカー創始者の面々のことでしょうか。

後ろのキャップはプラスチック製。後述しますがライカMマウントなので、SONY Eマウントよりさらにマウント径が小さいです。

初めての、ライカMマウントレンズ!マウント面も金属製で、とても質感が高いです。

絞りやピントを手動で操作するマニュアルレンズなので、電子接点はありません。

前側を見てみましょう。メーカーロゴとスペック(50mmF1.1 適合するフィルター径は55mm)、シリアルナンバーが記載されています。

とっても明るく、クリアなレンズ!

絞り開放状態だと、レンズに入ってきた光がそのままセンサーに届く、という感じ。

絞りを最小(F16)にすると、光が通過する通路はこれくらいまで小さくなります。絞り羽根は13枚あるのが見えますね。

レンズの構造を見ておきましょう。絞りリングは前方に配置されていて、現在の絞りを示す数字と黒い丸が付いています。絞りリングはクリックのないタイプで、リングの回転に合わせて絞り羽根がリニアに開閉します。

その下にピントリングがあり、距離計と被写界深度を示すゲージが刻印されています。距離計はその名のとおり被写体までの距離ですが、被写界深度ゲージは、ピントが合う範囲を絞り値によって示してくれています。F=1.1のときとF=16とのときの被写界深度の違いがよくわかりますね。

ちなみにこちらは最短撮影距離にピントを合わせた状態。このレンズの場合は0.7mなのですが、ひとつ上の無望遠に合わせたときとの違いがわかるでしょうか。そうです。レンズ前面が5mmほど前に繰り出しています。前玉の繰り出しでピント合わせをする構造のようです。

レンズ前面にはネジが切ってあり、55mm径のフィルターが付けられるのですが、フィルターを付けたときは付属のレンズキャップは使えなくなるので、別途レンズキャップを用意しましょう。

汎用キャップで充分だと思いますが、もしメーカーロゴの入ったものが良ければお好みでどうぞ。

重量は、メーカー公表値では398g、実測では402gでした。金属筐体と7枚のレンズとで、かなりの重厚感があります。

このレンズはライカMマウントなので、α7IIIにマウントするためにはマウントアダプタが必要です。小生は取り急ぎヘリコイド(繰り出し機構)付きの激安マウントアダプタを購入しました。

こちらです。Amazonでは2,000円ほど安く販売しているセラーもありますが、納期を見る限りおそらく中国からの配送なので、到着まで時間がかかることは覚悟しておきましょう。このマウントアダプタについては別途記事を書こうと思います。

7Artisans 50mm F1.1で撮影した写真を少しご紹介します。基本的に絞り開放で撮影していますが、被写体と背景とがここまで分離するF=1.1に驚愕。

一方で、ピント面が極端に薄いため、テーブルフォトには工夫が必要そう。

また風景写真を撮影すると、雰囲気はあるもののシャープな描写にはなりません。

絞るとこのようにシャープになり、周辺光量落ちも低下しますが、せっかくF1.1のレンズを使っているのにわざわざ絞るくらいなら、普通のレンズを使ったほうが色んな意味で良いわけで・・・

このレンズを使うときは、記念写真を撮るのではなく絵画を描く気持ちで出かけようっと!