カメラバッグの最適解のひとつかも?モンベル・プロテクション アクアペルを試した!

写真・カメラ

アウトドア用品メーカーのモンベルが販売している、プロテクション アクアペルを購入してみました。クッション入りの防水バッグで、急な天気の変化からカメラなど電子機器を守るステキな袋です。モンベルですからコンセプトは当然アウトドア用途でしょうけど、インナーバッグとして日常使いに活用できそうです。

カメラバッグはマンフロットのウニカ・メッセンジャーバッグエレコムの“GRAPH GEAR NEO”プロカメラバックパックを所有し運用しています。機材をがっつり持っていくときはエレコム一択ですが、このバッグは大きく重すぎるので日常使いはできません。一方、マンフロットはカメラやレンズ以外のものはほとんど持ち歩けません。結局、普段はα7IIIを通勤用のバックパックにそのまま放り込んだりしています。

カメラバッグにこれひとつでOKというものはなく、状況に合わせた最適解があるのみ・・・その最適解のひとつが、プロテクションアクアペルなのかもしれません。程々のクッション性を持った袋にカメラを入れ、普段使っているバッグにインナーバッグ的に入れて使えますから。

小生がチョイスしたのは2リットルの容量があるタイプ。

https://webshop.montbell.jp/goods/list.php?category=276000

プロテクションアクアペルは0.5リットルから3リットルまで4タイプあります

アマゾンで買えればラクなんですけど・・・アマゾンではもう2年くらい取り扱い無し状態が続いているようです。取り扱いがない実店舗もあり、札幌近郊だと北広島の三井アウトレット内の店舗は取扱がなく、サッポロファクトリー店には在庫があったのでこちらで購入しました。この商品を探すためだけにハシゴするのも何なので、実店舗が近くにある方はその店舗で取り寄せてもらうか、いっそ公式のネットショップで通販してしまいましょう☆彡

サイズ目安はパッケージの裏面に書いてあります。2リットルタイプは・・・標準ズームレンズ+中型一眼レフとなっていますが、中型一眼レフって具体的に何でしょう(笑)

オレンジ色!サイズは公式サイトによると23cm×28cmです。

中には黒いメッシュスポンジが入っています。厚さは数mmってとこでしょうか。ちょっとした衝撃からは守ってくれそうですが過信は禁物ですね。

α7III+MC-11+EF50mmF1.8STM。3メーカーごちゃまぜの構成で普段持ち歩いています。このセットを収納してみましょう。

こんな感じで収納できました!

口の部分には金属?プレートとバックルが仕込まれており、数回(公式には3回を推奨)巻いてバックルで止める構造になっています。この構造により内部の空気もほとんど漏れないほど密閉できます。

強度的に推奨されない使用方法かもしれませんが、バックル部分をこのように持ち上げれば・・・

財布やスマホ、エコバッグなど小物を入れて、ちょっとした手提げ袋代わりに使えるかも!

オレンジなので、かばんの中でも目立ちます

α7III+MC-11+SIGMA 24-105F4を収納してみましょう。

いっぱいいっぱいですが、なんとか収納できました。この構成が収納できる最大サイズですね。

紹介していませんでしたが実は購入し運用しているSIGMAの大三元望遠レンズ、70-200mm F2.8 DG OS HSMです。これは入るでしょうか?

こんな感じでギリギリセーフ!?バックルは2回しか巻けませんので設計上はアウトかもしれません。ともかく、レンズ単品を収納するバッグにも使えそう。

EOS6D+SIGMA 24-105F4を取り付けてみました。ミラーレスではない一眼レフ+F4通しの標準レンズという、一昔前のよくある構成ですが・・・

あ!入口が狭くてこの向きだと6Dがキツキツだ!

無理やり入れましたけど取り出す際に袋を壊す可能性がありおすすめしません!この構成を入れるなら、サイズが一回り大きい3リットルタイプをチョイスする必要があるでしょう。つまり、2リットルタイプは中型一眼レフ≒ミラーレス一眼を想定したサイズといえます。

また小さめのレンズ持ち出し用に小さめのサイズをチョイスするのもアリですね。サイズによって色が違うので使い分けもやりやすそう。プロテクションアクアペルをインナーバッグ的に使う・・・カメラ持ち歩きの在り方のひとつかもしれません。

写真・カメラ

Posted by Hermitcrab