ゴムの木をハイドロカルチャーにしてみたが、うまく育つのか!?

きまぐれ雑記

少し前までクワズイモやアロエをハイドロカルチャーで育てていたんですけど、冬の間に水やりを忘れ、枯らしてしまいました。泳ぐ魚のいなくなった水槽のように主を失ったままのハイドロ容器を眺め続けて数ヶ月、意を決して再びハイドロカルチャーに挑戦することにしました。

今回は、ゴムの木を育ててみます。

ゴムの木もハイドロカルチャーにできるようです。もちろん、幹からゴムの樹液が採れるほどには大きくならないでしょうけど、大きな葉っぱに癒やされたい!

お花屋さんで買ってきたゴムの木。もちろん土に植わっています。

土を丁寧に取り除きます。土には腐葉土も使われており、腐葉土に含まれている木の皮のような大きめの繊維状のものが根に絡みついているので、根を傷つけないように取り除くのがちょっと大変かも。結構な量のひげ根が取れてしまいました。

根はこれだけ!この根が土をしっかりとらえて、大地にがっしりと立っているんですね。

植物は当然生きていますので、根が育つにつれ老廃物が出てきます。土に植えているときは土に生きている微生物が老廃物を分解してくれるのですが、ハイドロカルチャーの場合はむしろ無菌状態で育てますし容器の底に穴が空いていませんので、老廃物がたまり根腐れの原因になります。

それを防ぐために根腐れ防止剤を容器の底に入れるのですが、今回は定番のミリオンAを使いました。

容器の底にミリオンAを敷き詰めたら・・・

ハイドロボールを少し入れ、そのあとに根を固定しつつハイドロボールを入れていきます。

こんなんなりました!

水を1/5くらい入れておきます。植え替えたあとはゴムの木全体に負担が掛かっている状態なので、直射日光をさけて休ませます。大きく育つといいな!!

■約1週間後■

あんなに元気だった葉っぱがへにゃっとしちゃった!!一部の葉っぱは黒ずんできているし・・・植え替え直後は葉っぱが落ちることもあるそうなのですが、果たしてうまく育つのか!?

つづく。

関連記事:

きまぐれ雑記

Posted by Hermitcrab