コスパ最高の単焦点レンズを買いました。CANON EF85mm F1.8 USM!

写真・カメラ

CANON純正の単焦点レンズを買いました。EF85mm F1.8 USMです。

キヤノン:EF85mm F1.8 USM|概要

発売日は1992年7月ということで、約25年前の設計のレンズです。25年前といえばフィルムカメラの時代だと思うのですが、デジタル全盛となった今の時代となっても現行品として販売されていて、そしてポートレートカメラマンから未だに絶大な信頼を得ているという、奇跡のレンズです。しかもF1.8の単焦点レンズとしては安い!Amazonでは5万円弱で新品が販売されていますが、小生はヤフオクで約3.5万円(付属品完備、レンズ内チリなし、プロテクトフィルター付き!)で中古品をゲットしました。

EOS 6Dに取り付けました。ボディが電池込みで約750g、レンズが約420gで、ボディに対してレンズが程よい重さなので、持ったときや構えたときの重量バランスがとてもいいです。大三元レンズのようにレンズがボディより重いと重量バランスが前かがみになってしまいますし、50mmF1.8や40mmF2.8のようにレンズが軽すぎるとどうしてもボディ中心のホールド感になってしまいます。その点、85mmF1.8はとてもいい重量感です。

フードは根元を押し込むようにして取り付けます。最近のレンズのフードのようにカチッとした取り付け感がないのでちょっと不安・・・

さっそく外に出て写真を撮ってきました。

豊平神社です。

狛犬のポートレートを撮影しました。絞り開放なので背景のボケが素晴らしいですね。手ぶれ補正は付いていないのですが、レンズが明るいのでシャッタースピードが稼げます。オートフォーカスはとても速いです。

ちなみに、クルマに普通の感覚で近づいて撮影するとこのような画になります。クルマが全部入りません。85mmの画角は、人間くらいの大きさの被写体にはちょうどいいですが、それ以上の大きさのものを撮影しようとすると距離に注意が必要です。逆に小さいものを撮影しようとすると、最短撮影距離が85cmなので寄れません。広角レンズではないので広い景色を撮ることもできません。
逆に、撮影したい被写体を決めてしっかりとアングルを決めれば、被写体はくっきり、背景はボケボケ、という、素晴らしいポートレートが撮影できます。カメラに日常的に付けておきたいレンズだと思いました。

関連記事:

写真・カメラ

Posted by Hermitcrab