シリアルATAとパラレルATAを共存させつつ、SATAからブートする

PC

今回、記事タイトルを明確に書くことにしました。そうすれば、情報を欲している人が検索を使って小生のサイトを訪れてくれるかもしれないからねъ(`―゜)いや小生も、今回はいつも以上に検索して訪れたサイトの情報に助けられたからねん。

小生のデスクトップパソコンは5年位前に自作したもので、マザーボードはAOpen AX4GEMAXです。当時としても最新モデルというわけではなかったのですが、さすがに現在では時代遅れもはなはだしく、昨今安くなってきたDDR2もCoreDuoも、PCIexpressにも対応してません。なんとかSATAに対応してるのが救いです。

んでもって、HDDももう5年位前のものだしとっくに容量がいっぱいなんですね。なので、これまた安くなったSATAのHDDを導入し、そのHDDにOS含め既存の環境をそのまま移行したいと考えたわけであります。メモリもそうですが、容量の多寡に関係なく最新規格の方が安くなるのは仕方ないのでしょうね・・・同じ容量でもSATAの方が安いですし・・・って、容量が多くてもSATAの方が安いやんけ!

まずは既存の環境のバックアップ。以下のサイトを参考に、アクセサリ→システムツール→「バックアップ」を使ってCドライブ、Dドライブのバックアップを行いました。詳しい人には常識でしょうが、OS起動中はユーザーがアクセスできない重要なファイルがたくさんあるため、エクスプローラなどでwindowsファルダをただコピーするだけじゃバックアップになりません。よって、こういう特別なツールを使って作業をするわけです。
WinXPの起動ディスクの引っ越し(Win標準機能でまかなう)
・・・これって、LINUX上でwindowsのCドライブをマウントし、windowsフォルダその他必要なファイルをコピーしてしまうだけでバックアップOKになるんだろうか・・・だったら、例えばKNOPPIXubuntuなどLiveCD(CDから起動できるOS、LINUXの場合は特に1CD LINUXと呼んだりする)に対応したLINUXでお手軽にできちゃったりするんだろうか・・・LINUXとwindowsのマルチブート環境だとややこしそうだけど、気になるのでちょっと調べてみよっと。

そしてSATAを買ってきてシステムに組み込みます。小生のPCケースはなかなかいいもので、HDD用3.5インチベイが外れる仕組みになっててこういう作業がやりやすいのですがそれはさておき、SATAの信号ケーブルはマザボを買ったときに付いてきたのですが、おなじみの4ピンの電源ケーブルがHDD側に見つかりません。いろいろ調べてみると、SATAは電源ケーブルも異なっているではないですか(ここに画像が載ってます)!その日の作業はここでおしまいで、翌日、4ピンからSATA用15ピンへの変換ケーブルを買ってきて作業再開。

上記サイトによると、新しいHDDにバックアップしたものをリストアする際にも、まずOSを新規インストールしてからの方がよいとのこと。ということは、まずBIOSの設定を変更して起動順序を変えなければなりません。普通はCDROMやFDDがHDDよりも上位に来てますがこれはいいとして、既存のパラレルATAプライマリのマスターに繋いだCドライブよりもSATAの優先順位を上にするには?いろいろ調べたところ、小生のマザボではSCSIをCドライブよりも上位に設定すればいいとのこと。さっそくそうします。

次はOSのインストール。XPなのですが、小生のマザボではXPをインストールする前にSATAにSATAコントローラ(マザボに付属してたFDに入ってた)をインストールしなくちゃなりませんでした。そのへんはちゃんとマニュアルに書いてあったのでそのとおりにすればよいだけなのですが、最近のマザボだと大丈夫なのかな?とにかくマニュアルをきちんと読みましょう。これをやらないと、BIOSをきちんと設定していてもインストールプログラムが勝手にパラレルATAのHDDを見に行くので、SATAの方にインストールできません。ちなみにATAの方、すなわちもともと付いてたHDDを外してSATAだけにしても、「インストールできるHDDがありません」とインストールプログラムに言われてしまいます。

そんでもってOSのインストール終了。普通ならこのあとマザボのドライバやらなにやらシステム関係の設定をやらなくちゃいけませんが、その辺の設定はすべてバックアップしたファイルの中に入ってるので必要ありません。あとは適宜パーテションを作成し、上記サイトを参考にリストアしていけばOKです。ちなみに小生はCとDドライブをシステムツールの「バックアップ」を使ってバックアップしましたが、ここでバックアップするファイルはOSやインストールしたプログラムなんかだけでよいのです。例えば音楽ファイルや画像、動画なんかは、別のHDDなりパーテションなりに移動しておき、必要なときに適当なドライブに戻せば大丈夫。特殊なツールを使ってバックアップしないといけないのは、OSやインストールしたプログラムなど、ユーザーが任意の場所に勝手に移動してしまってはいけないものだけです。例えば小生の場合、Cドライブを丸ごと全部と、DドライブのProgramFileフォルダのみ、「バックアップ」を使ってバックアップし、リストアしました。もちろん、HDDに余裕のある人はドライブ丸ごとバックアップしてしまった方が簡単ですが、容量に余裕のない人はバックアップの必要不必要をきちんと見きわめましょう。そして現在、SATAにはCドライブ、Dドライブ、Eドライブを割り当てており、F以降にパラレルATAの旧Cドライブ以下が割り当てられている状態です。すなわち、Fドライブが昔のCドライブになっているわけで、もちろん昔の(といっても今のと同じ構成のものですが)OSも今はまだそこに入ったままになってます。起動順序がSATA(SCSI)優先になってるので、たとえOSを構成するファイルが入っていても旧Cドライブすなわち現Fドライブからはブートしないわけですね。なお、昔のHDDもマスタースレーブの設定などはいじる必要はありません。昔と同じ接続方法のままでパーテションもそのままきちんと認識されます。

以上。ちなみに、現システム構成のままSATAに移行したOSですが、以前より明らかに起動が早くなりました!SATAの転送速度の恩恵か、はたまたバックアップ時にデフラグみたくファイルの並びが最適化されたのか、はたまた両方なのか、それとも別の理由があるのか分かりませんが、静かだし(SATAかどうかはともかくHDDの製造技術も上がっていることでしょう)、消費電力も少なそうだし、これはなかなかいいものですぞ!

参考:
Googleによると、ハードディスクは温度や使用頻度に関係なく故障する – GIGAZINE
ハードディスクに関する4つの都市伝説 – GIGAZINE
ハードディスクの物理障害、果たして本当に復旧できるのか?~完結編~ – GIGAZINE

PC

Posted by Hermitcrab