西日対策にサンシェードを取り付けた。DIYで!

きまぐれ雑記DIY

西日が厳しくなってくる時期、皆さまいかがお過ごしでしょうか。折しもコロナ蔓延防止措置が続き、暑い日中を自宅で過ごすことも多くなり、差し込む西日に苦しめられている方も多いのではないでしょうか。

小生宅も西日の差し込みにより夕方の室温が30℃近くになることも。室温上昇は熱中症にも繋がり、そうでなくても疲労感マシマシとなってしまいます。これを少しでも避けるために、西向きの窓にサンシェードを取り付けてみました。

何を、どこに取り付ける?

遮光、遮熱のためには、まず遮熱のカーテンを取り付けるとか、窓にフィルムを貼るなどが考えられます。

これらは窓ガラスやカーテンが赤外線を吸収したり反射したりし、その内側に赤外線を通しにくくすることで、室内の温度上昇を抑えます。

外に立てかけるよしずは、日本で昔から使われてきたもの。室外で日光を遮るので、赤外線が窓ガラスやカーテンに当たる事自体を防いでくれます。

遮光フィルムや遮光カーテンはその構造上、吸収した赤外線の一部が熱源として室内に残ってしまうので、室外に遮熱のためのシステムを置いたほうが室内の温度上昇にはより効果的です。よしずやグリーンカーテンを外に置ける環境の方は、まずはそれを試してみるのが最適解でしょう。

小生宅の場合、2階の窓を遮熱したいのですけど、この窓にはベランダがないのでよしずを置くことができません。また窓の外には物干し竿しか無く、何かを引っ掛けるための装置も付いていません。なので、物干し竿にサンシェードを吊るす方法に取り組むことにしました。

購入したもの一式。

サンシェード本体と、固定するための資材をAmazonで仕入れました。

サンシェードはAmazonにいろいろな種類があったり、ホームセンターにも売られていますので、まあ何を選んでも良いと思うのですけど、小生宅の外壁と色合いが似ていて、水濡れにも強そうな化学繊維のものを選びました。サイズは、窓の大きさプラスアルファで2m×2mをチョイス。

サンシェードにロープが付属していましたが後述のようにロープを大量に使いますので、30mのパラコードを購入しました。

内部に7本の芯があるタイプ。Amazonのレビューは散々ですので興味のある方は見てみてください。

カラビナ。カラビナはカラビナ。

取り外ししやすくしたほうが良さそうなところにはカラビナを使おうという魂胆です。

そしてこれ。水を入れるタイプの重しです。サンシェードは物干し竿に干すように掛けるつもりなのですが、風で揺られてめくれては日除け効果が落ちてしまいます。そして何より、強風であおられて固定が外れ、どこかに飛んでいって誰かにケガをさせたり他人の物を壊したりしてはなりません。それを避けるために、地面の方からもロープを伸ばしてサンシェードを固定しようという作戦です。

取り付け。

取り付け方はもう各自の環境に合わせ工夫するしかありません。小生は、サンシェード上部にカラビナを取り付けて・・・

物干し竿にはパラコードでループを作り、カラビナをセットできるようにしました。

ループを作った物干し竿を外に出し、サンシェード上部を固定。このシェードは上部に4箇所のハトメ穴があったので、4箇所で固定しました。

シェード下部は2箇所にハトメ穴が開いています。それぞれ地面に置いた重しにパラコードで結びつけ、多少の風ではなびかないようにしました。また万が一どこかの固定が外れても、そのまま飛んでいかないようにするフェイルセーフでもあります。

こんな感じになりました。

窓との間隔はこんな感じ。なかなかいい具合に固定できました。

まとめ。サンシェードどうよ?

遮光カーテンを締めて日光が室内に入らない状況でも、直射日光が当たる窓ガラスやカーテンは赤外線をたっぷり吸収してかなり温度が上がっているものです。うちもそうですが窓ガラスがペアガラス(ガラスが2層になっていてその間に空気の層があるガラス)だと、内部の空気がもれなく温まってかなり熱くなります。このようにして溜まった熱はなかなか逃げないため、日が落ちても室温が下がらない原因になります。この保温性能、冬はとても助かるのですけどね・・・

サンシェードを取り付けて、まずすぐに分かった変化は、窓ガラスが熱くならない、ということ。

上の写真ですと、窓ガラスの上部1/4が日光直射、残り3/4がサンシェード越しの日光が当たっていることが分かりますが、ガラスを触ってみるとその差は歴然で、サンシェード越しの方は直射部分より温度がかなり低いです。室温の変化は正直それほど感じませんが、窓を開けても日光が直接室内に入ってこないので、日除けとしての効果はバッチリです。

取り付け方には改善の余地があります。物干し竿からパラコードで吊るし、更にカラビナも介していますので、サンシェードの上部が物干し竿から10cm以上も下がってしまっています。日除け効果を高めるためにできるだけ窓全面を覆いたいので、今後工夫したいところ。雨天が続くときなど、簡単に取り外してしまえるような取り付け方も模索したいです。

というわけで、数千円でチャレンジできる西日対策をお伝えしました。西日が厳しくて辛い日々を送っている方の参考になれば幸いです。

関連記事:

きまぐれ雑記DIY

Posted by Hermitcrab