ガジェット, 音楽ZOOM

ZOOM H1essencial(H1e)用の風防を手に入れました。社外品ですけどかなりイケてる風防/ウインドスクリーン/ウインドジャマーだったので情報共有します。

純正風防WSU-1

H1essential | ZOOM

小生はなんとなく風防と呼んでいますけど、もしかしたらウインドスクリーンという呼び方の方が一般的かも。風防というと、腕時計好きの人にとっては文字盤を守るガラスのことになってしまいますしね。

ともかく、屋外での撮影時に風切音を減らすためのアイテムが風防です。風がマイクに当たってボツボツ音が入ってしまうと録音は台無しになってしまうため、風防は非常に大事なアイテムなのです。

ZOOM F3フィールドレコーディング仕様を整える。 | HERMITCRAB

コンデンサーマイクの風防を100均アイテムで自作する! | HERMITCRAB

これまでも社外品の風防を買ったり、100円ショップのアイテムで手作りの風防をこしらえたりしてきました。

【ZOOM H1essencial】電池持続時間検証と風防の自作。 | HERMITCRAB

H1eも自作風防で運用してきましたけど、持ち運ぶ回数が増えるにつれてフェルトがほどけてきてみすぼらしい状態に・・ある程度雑に扱わざるを得ない現場もありますので、やはり製品としての風防が欲しくなりました。

WSU-1 | ZOOM

ZOOM純正の風防はWSU-1という製品です。H1nのほか、ハンディーレコーダーとしては大きめのH6にまで対応します。H1nとほぼ同じ大きさの32bit float対応品がH1eですので、H1eにもマッチすることになっています。

社外品の風防

ただ純正だけあってお値段も純正価格!もう少し安価に手に入れたいと思い、Aliexpressを彷徨って見つけたのがこちら!

Outdoor Furry Windscreen Windshield Cover Muff for Zoom H1n Handy Recorder Microphone WindShield C5AB – AliExpress

Amazonで買うならこれ↓かな?

Amazonではほかにもいくつかの業者が出品していますが、いずれも中国からの発送のようで、到着まで3週間くらいかかるようです。まあ中華通販で時間がかかるのは当然だとこれまでも散々言ってきてますし、気長に待ちましょう。待てない方、時間をお金で買う賢明な方はサクッと純正を買ってしまいましょうね。

小生は4/9にAliexpressで注文しました。もうほとんど忘れてた頃、5/6くらいになってようやく届きました。まあ納期1ヶ月は中華通販としては平均的だと考えてます。なにせ、中国からの送料込みで411円ですからね。この中に製造原価から関わってくれている人の人件費まで入っているのですから。

現物の確認

さて、まずはサイズのチェックをしてみます。毛先まで含めると約13cmくらいの長さです。

開口部は内径およそ6cm。サイズをゴムで調整できる仕組みは純正品と同じですね。

風防内部は別布が当てられています。深さ(差し込み量)は5cm弱といったところ。

H1eに装着

H1eにかぶせてみました。しっかり入れると液晶画面の上部が若干隠れる感じ。

ヘッドホン/ラインアウト端子もやや隠れますが、わずかに浅めにかぶせてゴムでサイズ調整すれば問題ありませんでした。

横からみたところ。一部の毛は結構なロン毛なので、毛先が重力でやや下に垂れます。もちろん運用上は問題ありません。

風防を装着したH1eを手で持ったところ。使用感としても問題なさそうです。

動作検証

狙ったとおりの音が録れるか、実際に持ち出して検証してみます。

最初に屋外で、鳥の声、川の音など自然音を収録しました。風防の効果は絶大で、多少の風切音はすべて消してくれました。

ただ音質については、風防の有無での違いを確認できませんでした。そもそも騒音がちな屋外ですので、音質を語るのもナンセンスかもしれません。それよりも風切音を効果的に低減できる風防は、まさに神アイテムだとあらためて実感しました。

室内に戻り、静かな環境で再生中の音楽を録音して、風防の有無で音質が変わるか検証してみました。

テスト音源に使ったのはこちら。ドラマー川口千里のデビューアルバムより、1曲目を飾るFLUX CAPACITOR。タイトで切れ味の良いドラムサウンドが心地よいナンバーです。

この曲をALESIS Elevate3 MKIIで流し、H1eで風防を付けたり外したりして録音し、音質に変化が現れるか検証します。

【ALESIS Elevate3 MKII】小型&パワフルなPC用モニタースピーカー | HERMITCRAB

Audacityに取り込んで波形をチェック。波形に何か違いが出るかと思ったんですけど、風防有り無しでの変化は目視では見つけられませんでした。

ただ実際に録れた音をヘッドホンで聴いてみると、風防を付けた方はわずかに高音域が弱まっている気がしました。マイクの前にもう一つフィルターを掛けているようなものですので、音質の変化はゼロで済むというわけにはいきませんね。高品質な純正風防であれば結果は異なるかもしれませんけど、無風の静かな室内など明らかに風防が不要なシチュエーションでは、風防を取った方が音質面でメリットはありそうです。

ただ繰り返しますが、録音に入ってしまった風切音を後で取り去ることは、現在の技術では多分不可能です。音質より撮れ高を最優先する現場であれば、やはり風防は必携ですね。

ところで風防って携帯しにくいですよね。とりあえず購入時に入っていたチャック袋に入れてますけど、H1eと一緒に収納できるナイスなアイテムを100円ショップで見つけたので、別の機会に紹介します。

ガジェット, 音楽ZOOM

32bit float録音が手軽にできるレコーダー、ZOOM H1essencial (H1e)を購入しました。2024年3月上旬に発売になったばかりの、ほやほやの新製品です。

開封の儀は気が向いたら記事にすることにして、ひとまず確実な運用のためのテストをいくつか行いました。

ガジェット, 音楽

FM音源ベースのグルーヴボックスElektron Model:Cyclesの給電には、付属のACアダプタのほかUSB給電も可能で、モバイルバッテリー等を使えばモバイル運用も可能になります。

そこで必要になるのがUSB電源をModel:Cycles(以下m:c)に入力するためのケーブルです。ネット検索すると定番製品があるようでしたが、他のケーブルも見つけたので、両方購入して使い勝手を比べてみました。

比較すると2本のケーブルの特徴が見えてきましたので情報を記録しておきます。

ガジェット, スマホ・Android, 音楽

TRUEFREE F2のレビュー記事です。

割引クーポンを提供していただきました!

Amazon クーポンコードF2ZWCP09
対象商品:TRUEFREE F2
期日 2024-03-28 00:01から 2024-04-21 23:59 まで
割引率: 10% ※期間中に販売ページ掲載のクーポンも併用すると25%OFFになります。
楽天市場でもご購入可能です。
販売ページ→https://item.rakuten.co.jp/ginto-1/f2/
※販売ページクーポンをご利用の場合、25%OFFになります。
期日 2024-03-28 00:01から 2024-04-21 23:59 まで

TRUEFREE F2は耳を塞がないオープンイヤー型で、左右ユニットが一体化したネックバンド型イヤホン(ヘッドホンといっても良いかも)。精悍なブラックにオレンジのネックバンドがアクティブな印象を与えますね。

高音質を目指すイヤホンとはベクトルの異なる、アクティビティ時の快適な装着性を目指したイヤホンです。ワークアウトなどの用途にはとても刺さる製品ではないかと思います。詳細を以下で見ていきます。

ガジェット, 工具, 音楽Roland

欲しいけど高くて手が出ない機材がフリマサイトでちょっと安価に売ってて脊髄反射でポチってワクワクしながら到着を待ち、ようやく届いたmngを勢いよく開封した瞬間、箱からもわーんと立ち昇るタバコ臭に一気に萎える・・・中古ガジェット、特に中古音楽機材をいくつも買ったことがある方なら、一度はこのがっかり感を味わったことがあるのではないでしょうか。

ガジェット, 料理, 音楽

Rolandのシンセサイザー、AIRA Compact S-1をなぜかタッパーに入れたくなり、S-1にふさわしいタッパーを探しました。ダイソー、セリアなどの100円ショップのほか、ニトリなどにも足を運んで、ようやく見つけたのがこちら。

セリアで見つけたこんなタッパーです。フタの色はたまたまグリーンで、S-1のカラーにもマッチしました。

サナダ精工株式会社クラリティパック1000です。

きまぐれ雑記, 音楽

Album: Final Fantasy VII: Voices of the Lifestream [Arrangement, 2007-09-14, OCRA-0009] – OC ReMix

小生がこのアルバムを知ったのは随分と前・・・

当時FINAL FANTASYシリーズにめちゃめちゃハマり、攻略本を買っては何周もゲームをプレイすることを繰り返していました。プラットホームをプレステに移し、初の3Dポリゴンやアニメーションを駆使した作品となったVII、従来のファンタジー色が薄くなりまるでハリウッド映画のような演出路線へと変化したVIII、クリスタル再びというテーマで、FFシリーズ伝統のファンタジー性が美麗なグラフィックとともに蘇ったIX、プラットホームがPS2となり大容量の余裕で等身の上がったキャラを魅力的に描き出したX、そしてシリーズ初のオンラインゲームとなったXI・・・特にやり込んだこれらの中でも、XIはリアル生活をXI中心に過ごす羽目になったヤバいタイトルでした。

FFシリーズの中でも思い入れのあるタイトルの一つがVIIです。ブレードランナーやAKIRAを思わせるスチームパンクな世界観は大好きでしたし、何よりヒロインが冒険半ばで死んでしまうというストーリーにはショックを受けました。

植松伸夫氏の音楽も独特です。FFシリーズはDQ(ドラゴンクエスト)シリーズと比べ、やんちゃなキャラが多いイメージが元々ありましたが、VIIは特に何ともいえない退廃的な雰囲気に満ちています

そしてこれもシリーズ初だったと思いますが、FFVIIでは人間の歌声が音楽に取り入れられました。

合唱が入った「片翼の天使」という曲があります。ちょっとコミカルな行進曲風の楽曲なのですけど、人間の歌声がとあるキャラクターのリアルな狂気を思わせ、戦慄が走ります。

さて紹介したいのはオリジナルサウンドトラックではなく、有志のクリエイターたちが制作したFFVIIのアレンジ曲を集めたFinal Fantasy VII: Voices of the Lifestreamです。

Album: Final Fantasy VII: Voices of the Lifestream [Arrangement, 2007-09-14, OCRA-0009] – OC ReMix

OverClocked ReMixというサイトに投稿されたアレンジ曲をまとめたもので、収録されている楽曲はなんと45曲。電子楽器を駆使したデジタルロック、ダンスミュージック系が多く、FFXIIのパンクな雰囲気を一層掻き立てるものばかり。FFVII好きにもデジタル音楽好きにも刺さる曲がたくさんあります。

曲はウェブブラウザでも聴けますし、16bit44.1kHzのロスレス(CDクオリティ)wavファイルの一括ダウンロードやmp3の個別ダウンロードも可能。ダウンロードは無料なので手持ちのスマホやDAPに入れておけば、いつでもFFVIIのスチームにひたれます。

ちなみに他のFFシリーズのアレンジアルバムも公開されているほか、他のゲーム作品の音楽もたくさん投稿されています。好きなFF作品がある方は、ぜひ一度のぞいてみてはいかがでしょうか。

ガジェット, 音楽

4in-1outのコンパクトなパッシブミキサーを購入しました。in、outともに使いやすいステレオミニ仕様です。

複数のシンセサイザーの出力をミックスし、スピーカーに送る用途で使用しています。写真は、Teenage Engineering PO-12Roland AIRA Compact S-1をミックスしてアクティブスピーカーに送り、セッションを楽しんでいるの図です。

パッシブミキサーの良いところは、電源を気にせず気軽に使えるところ。細かいことをいえば、音声信号の増幅や補正を行えないので音量は減っているでしょうし、音質劣化もあるかもしれません。ただ音量低下はアクティブスピーカーやヘッドホンアンプを通せば解消できます。音質も、例えばレコーディング時など本当にこだわるときは、それなりの設備で録音すれば良いだけの話です。パッシブミキサーの良いとこだけを活用していきましょー!

ガジェット, 音楽TWS

オープンイヤーTWSのSOUNDPEATS GoFree2のレビュー記事です。

割引クーポンを提供していただきました!

対象商品:SOUNDPEATS GoFree 2
クーポンコード:5GFREE8121
割引:5%OFF
開始日 2024/01/16 00:01 JST 終了日 2024/01/21 23:59 JST
通常価格:7880円
5%OFFクーポンコードは期間中にAmazonリンク掲載のクーポンと併用することができます

Amazon SOUNDPEATS GoFree2 製品ページより

SOUNDPEATS GoFree2は耳の穴を塞がないオープンイヤータイプイヤホンです。耳掛け式ユニットの先端にスピーカーが配置されており、耳の穴のごく近くにスピーカーが付いているような状態なので、外部の音と音楽とが一緒に聴こえてくるというコンセプトです。

イヤホンやヘッドホンは高音質化、高遮音性を求めて進化してきました。高音質なコーデックの開発や、密閉度の高い形状、アクティブノイズキャンセル技術などがまさにそうで、外界の音をシャットアウトし、いかに音楽に没頭できるかが求められていました。

ですが最近では、外界の音をある程度受け入れるながら聴きイヤホンがもうひとつのブームになってきています。骨伝導イヤホン然り、オープンイヤータイプイヤホン然り。音楽の聴き方にも多様化の波を感じます

ガジェット, 音楽Roland

Roland AIRA Compact S-1用にケースを購入しました。純正ケースより一回り大きい社外ケースです。