きまぐれ雑記LAMY, PILOT, 万年筆

地獄の釜が開いたような暑さが続いていますね。熱中症予防には、日差しを避けることとこまめな水分補給が欠かせませんが、それは万年筆も一緒。

クルマ移動で道内を数日移動していたのですけど、車内に置いておいた万年筆をみるとこんな状態に。若干残っていたコンバーター内のインクがほぼ無くなってしまいました。直射日光に晒していたわけではないのですけど、車内の高温で急激に乾燥してしまったようです。

このままでは可哀想なので、帰宅後すぐに洗浄に取り掛かりました。

きまぐれ雑記PILOT, TWSBI, 万年筆

TWSBIツイスビーと読みます。台湾の三文堂筆業有限公司が2009年から製造・販売するブランドです。新興メーカーと思いきや、創業から自社ブランドを興すまでの40年あまり、世界中の筆記具ブランドのOEMを手掛けてきたそうで、万年筆の製造ノウハウは充分に醸成されたうえでの満を持してのブランド展開だそう。

小生が今まで手に入れてきた万年筆は、インクの補充方式がカートリッジ式コンバーター式ばかりでしたが、TWSBIの万年筆は胴軸に直接インクを吸入する吸入式と呼ばれる方式です。入れたインクが万年筆の胴部分を彩り、金属部品を各所にあしらった所有欲を満たしてくれるデザイン・・・ということで、手に入れてみることにしました。

TWSBI SAKAI-Japan

TWSBI日本代理店のラインナップは、フラッグシップのDIAMONDシリーズと、リーズナブルなECOシリーズに分かれていて、それぞれにデザインや仕様の異なった製品がリリースされています。小生が購入したDIAMONDシリーズは、標準的なサイズの580系と、コンパクトサイズのMini系に別れているのですが、小生はアルミパーツがあしらわれたMini ALのミントブルーを手に入れました。購入したのは中古品です。

ケースにしっかりの収められていて、さらにボール紙の外箱に入っていました。本体のほか、取説が2つ。

初めてのメーカーの万年筆、しかも今まで購入したものの中で最高クラスの品・・・若干緊張しながら開けていきます・・!

きまぐれ雑記LAMY, PILOT, 万年筆

LAMY(ラミー)サファリスケルトン(本名:ビスタ)のカッコよさに撃ち抜かれてしまい、程度の良い中古品があれば欲しいな、と思って物色していたところ、ブルーの2本セットを見つけたので、考えるまもなくポチりました

届いたものを見ると・・・ブルーの2本は質感が異なっていました。キャップ・ペン軸・胴軸が全てプラスチックなものと、キャップと胴軸が軽量な金属製で、ペン軸がブラックスケルトンなもの。

プラボディの方はサファリ(safari)のブルー、ペン先F、金属ボディの方はアルスター(AL-star)のオーシャンブルー、ペン先Fでした。図らずも、サファリの上位モデル、アルスターを手に入れました!

サファリとアルスター、見た目はほとんど変わらないけど、比較しないとわからない違いが細部にありました。

きまぐれ雑記LAMY, PILOT, 万年筆

パイロットやプラチナの万年筆を体験した小生、次に手を出すのは・・・そう!舶来物!

ドイツ・ハイデルベルクに生産拠点を置くLAMY(ラミー)の普及価格帯万年筆、サファリです。かっちりとしたデザイン、様々なカラーバリエーション、そして独特な形状のペンクリップを持ち、日本での価格は税込4,400円と比較的リーズナブル。実用品でありながら毎年限定カラーモデルがリリースされることもあり、コレクターも多いそうです。

スケルトン好きの小生が購入したのはもちろんスケルトン!一緒に、純正コンバーターを2種購入しました。

特徴的なデザインに惹かれて購入しましたけど、日常使いにも便利な万年筆だということが分かりました。

きまぐれ雑記PILOT, セーラー, 万年筆

デスクにゆったりと座り、武士が鯉口を切るがごとくゆっくりとキャップを外し、深く息を吐きながらそっとペン先を紙に下ろす・・・そんな優雅な風景が似合う、それが万年筆。

しかしながら、万年筆デビューしたばかりの小生には残念ながら時間も余裕もなく、万年筆のキャップを外すことさえもどかしいときには、思わず使い慣れたノック式のボールペンを手に取る始末。もっと万年筆を使っていきたいと思い、パイロット万年筆のノック式万年筆、キャップレスデシモを購入しました。

購入して3週間ほど使っていますが、かなり使える万年筆です!

きまぐれ雑記PILOT, プラチナ, 万年筆

パイロット カクノで万年筆デビューした小生。買い足すものも、自然とパイロット製品の万年筆やインクになっています。見事にパイロット万年筆社のマーケティング戦略の虜になっている小生です。

で、パイロット製品ばかり買って使っていると、他社製品の事が気になってくる・・・

カクノ本体も中に入れているコンバーターCON-40も大変リーズナブルなんですけど、他社にはさらにリーズナブルなエントリーセットがあります。

それが、プラチナ万年筆のプレピーとコンバーターだッ!

買ったのはこちら。プラチナ万年筆のプレピークリスタル(440円)純正コンバーター500(550円)。万年筆とコンバーター合わせて990円という、カクノ&コンバーターCON-40の組み合わせよりかなりリーズナブル。

きまぐれ雑記DIY, PILOT, カクノ, 万年筆

万年筆って、英語ではfountain penと呼びます。fountainは泉とか噴水の意味ですから、インクが湧き出てくるペン、ということですね。つけペン、羽ペン、毛筆など、外部からインクを補充する従来のタイプの筆記具と比べると、インクタンクを内蔵し必要に応じてペン先にインクが供給される万年筆は、まさに泉のペン、魔法のペンといったところでしょうか。

さてブラックとブルーブラックのインクを入れているパイロット カクノですけど、日常的に使うのに足りないものがあります。それは・・・

ペンクリップ!!

・・・この呼び方で正しいのかわかりませんが、ペンをポケットなどに引っ掛けるためのクリップが、コストカットのせいかカクノには付いていないんですよね。ペンクリップは、万年筆のペン先を上にして保管したり運んだりするために必須だと思うんですが。

サードパーティー製の後付けクリップ(上)、そしてクリップ付きアルミキャップ(下)が販売されています。評判も非常に良いようで、特にクリップ付きキャップの方はチープカシオならぬチープ・パイロット・カクノが高見えするということで、大変魅力的な商品です。

ただ・・・1,000円のカクノに500円のクリップ!?1,300円のキャップ!!??と、もう1人の小生が迫ってきます。それなら、クリップ付きの上位製品を買えばいいじゃないか、と。

で、小生の選択がこちら。Aliexpressで激安ペンクリップを見つけたので、個人輸入しちゃいました!

きまぐれ雑記PILOT, プレラ, 万年筆

ガチな万年筆サイトなら必ずやってる、手書き文字を添えたアイキャッチ画像。万年筆初心者の小生もやってみました。うーむ、地味すぎる・・・

さて万年筆はケアをし続けることで、1本を長期に渡って運用することができます。ケアといっても、日常的に使い、インクの流れを作ってあげるだけでOK。基本的にはこれだけで、インクの乾燥・固着を防ぐことができます。

長期間使わない状態が続いてインクが固まってしまった場合や、違う色のインクを入れるときには、万年筆本体の洗浄が必要になります。また日常使いの万年筆も、数ヶ月に1回のサイクルで洗浄をした方が、ペン先やペン軸の状態を良好に保つのに最適なんだそう。万年筆の洗浄は、万年筆運用には必要なスキルだと言えます

タイムリーなことに、程よく汚れた中古万年筆とボトルインクのセットをゲットしました

プレラ 色彩逢い iro-ai | 製品情報 | PILOT

小生が初めて購入したカクノと同じパイロット(PILOT)製のプレラ色彩逢い(いろあい)という万年筆です。

iroshizuku<色彩雫> | 製品情報 | PILOT

インク(パイロット公式にはインキ)もセットだったので一緒にゲットしてしまいました。日本の風景や自然をモチーフにしたパイロットの24色展開インク色彩雫(いろしずく)です。

中古のセットなので選択の余地無くこのカラーのインクとなりました。

では万年筆を洗浄していきます。

きまぐれ雑記PILOT, カクノ, 万年筆

ブラックのボトルインクに続き、ブルーブラックのボトルインキも購入しました。

で、いちいちインクの色を変えるのも面倒だし無駄が多い、ということで、ブルーブラックインクのためにカクノを買い増ししましたw

カクノはやっぱりスケルトンモデルが良いのですけど、本体からキャップまで無色な通常モデルのほかに、限定モデルとしてキャップがクリアーカラーのカクノが以前に販売されていたそうです。

限定モデルは、ノーマルカクノの構成に加えコンバーターCON-40とペン先洗浄に便利そうなスポイト付き。定価1,500円(税抜)なので、1,000円(税抜)のノーマルモデルに比べて割高感はありません。でも限定生産品だったようでもう普通には売ってないんですよね。

メルカリに出品されていたのでこちらを購入しました。ブルーキャップでF(細字)です。

きまぐれ雑記PILOT, カクノ, 万年筆

万年筆のインク供給方式は、大きく分けて本体吸入式・コンバーター式・カートリッジ式があります。

万年筆のインク吸入方式&インクの入れ方について(カートリッジ?コンバーター?) | たかぎし123どっとこむ

初めて買った万年筆には、手軽さを優先してカートリッジインクを採用しました。

ファーストコンタクト!万年筆初心者がPILOTカクノを使い始めたよ!! | HERMITCRAB

カートリッジインクは、インクが無くなったら交換すれば良いので手軽さは抜群ですが、ボトルインクに比べコスパが悪い(らしい)、ボトルのみで販売されている特殊な色のインクを使えないなどのデメリットがあります。

こんなふうに言われてしまうと、ボトルインクを使ってみたくなるのが人間の性ではないでしょうか。