きまぐれ雑記料理

スーパーで売っている豆苗は、食べる部分を切り取ったあと数回収穫ができます。写真のような容器に残った根を移し、豆が隠れない程度に水を入れて明るいところに置いておきます。水は毎日取り替えましょう。

写真右は2日、左は1週間経ったもの。最初はなかなか新芽が伸びてこないのでなんとなく焦りますが、4,5日経つとグングン伸びてきて安心したものです。さて、次はいつ頃収穫しようかな~♪

豆苗の定番料理のひとつは鶏ガラベースの玉子スープですが・・・

豚バラ肉に巻いても美味しいです。スープに入れると柔らかくなりますし、焼くと意外にシャキシャキ感が残って楽しい食感になります。

きまぐれ雑記料理

4月~5月は行者にんにく(ギョウジャニンニク)が旬です。スーパーで見かけたので醤油漬けを作ってみました。

ヒトビロという名前で売っていました。

きまぐれ雑記料理

テレワーク中のランチは極力テイクアウトを利用しています。この日のランチは、手持ちの鍋とラーメンどんぶりで作った天下一品のこってりラーメン!どうですこの見た目!自分で言うのもなんですが、お店で出てくるこってりラーメンぽくないですか!?

オンラインショップWEB屋台 | 天下一品 -鶏ガラベースのこってりラーメンが自慢!-

北海道唯一の天下一品は、すすきのと中島公園の中間あたりにある「すすきの店」です。一時的に出社した折に立ち寄り、店舗で購入しました。

「こってり」を2食分、具付き(チャーシュー、メンマ)で購入しました。1食あたり税込830円。刻みネギなど具は2食分がまとめて入れられています。そして異彩を放つのは、麺や具の分量をはるかに凌駕する、ずっしりと重量感のある赤いレトルトパック!コレなんでしょう?

とにかく、昼どきを過ぎ腹が減って仕方ないので、調理にかかります。

きまぐれ雑記料理

100均で買ったナカヤのご飯冷凍容器「ふっくらパック」を思いのほか気に入ってしまったので、ほかに便利な調理グッズがないかなと探したところ・・・

冷凍ご飯づくりが捗る!100均で売ってる冷凍容器、ナカヤの「ふっくらパック」がとても便利! | HERMITCRAB

セリアで温泉たまご器レンジで目玉焼きを発見!!速攻で確保!!!

レンジで目玉焼きはひとまずあとにして、温泉たまご器を使ってみます。

温泉たまごってたぶん好みが分かれるんでしょうが、小生は好きですね。ほどよく固まった黄身となめらかな白身・・・そのまま飲むもよし、なにかにかけてもよしと、生卵や目玉焼きにはない親和性があり、役に立つ子です。しかしながら、なんとなく温泉たまごってホテルの朝食ってイメージで、あまり自宅では作ろうと思ったことがありません。温泉たまごを自宅で毎日楽しめたら・・・じゅるる。さてうまく作れるでしょうか。

きまぐれ雑記料理

炊きたてのご飯が好きです。おいしいから、ついつい食べ過ぎちゃう・・・残すのは嫌だから、少し残った分も食べてしまう・・・ラップに包んで冷凍するのも面倒くさい・・・

【100均検証】ザルつきの冷凍ご飯レンチン容器『ふっくらパック』が予想に反して圧倒的最高 | ロケットニュース24

素晴らしい記事を見つけました。調理師免許を持ち迷惑メール評論家の肩書も持つロケットニュース編集長GO羽鳥氏による詳細な検証記事です。

ご飯を入れるだけで、冷凍容器にもなるし解凍容器にもなる、素敵すぎるアイテム、しかも100均で売っているとのこと。それが、ナカヤの「ふっくらパックA」です・・・っ!

ふっくらパックA

さっそく使ってみたいと思い、セリアで買ってきました!!

きまぐれ雑記料理

久々の「死ぬほど食べたい」シリーズ、今日ご紹介するのは、かぼちゃの種です。

かぼちゃの種は、シリアルなどによく入っていますね。というか、食べるのは種の中の「仁」なんですけど。

きまぐれ雑記, 写真・カメラ料理

鶏むね肉をゆでて作る自称「鶏ハム」作りの記事をやたらと書いています。
わずかな手間とたっぷりの時間で、塊肉からおいしいハムを作るよ! – HERMITCRAB
鶏もも肉でハムを作ってみた! – HERMITCRAB
寒い冬には、あたたかい鶏ハムなんていかがでしょう – HERMITCRAB

最近は書いていませんでしたが、継続して鶏ハムを作り続けています。いつもだと香り付けには挽きたての黒こしょうを使っているのですが、今回はバジルをまぶしてみました。

うん、いい感じにできました!スーパーのお惣菜コーナーに真空パックでパウチされた鶏むね肉が売られていますよね。あれと同じ味がします(笑)次に試す香りは・・・五香粉かな!

そうそう、こんなLEDライトを買いまして、ブツ撮りに使っています。上の写真もこのライトで照明を当てて撮影しました。やっぱ照明は大事!そのうちレビューします。

きまぐれ雑記料理

鶏もも肉でハムを作ってみた! – HERMITCRAB

やたらと鶏ハムを作る記事ばかり書いていますが、ゆでたのち冷えるまで待たず、ある程度温度が下がったところで取り出し切り分けると、すなわちあたたかい鶏ハムになります。

厚めに切ると、食べごたえもありいい感じ♪

温かいそばに乗せてもいいですね!

ヘルシーであたたかい鶏ハムで厳しい冬を乗り越えましょう!

きまぐれ雑記料理

わずかな手間とたっぷりの時間で、塊肉からおいしいハムを作るよ! – HERMITCRAB

同様のレシピで鶏もも肉を調理してみました。ゆで時間は5分間として、自然に冷ました後に冷蔵庫で半日間しっかりと冷やします。

スライスし、食べてみると・・・なんと!焼き鳥のような風味と歯ざわり、そして、何と言うのでしたっけ、ジュレで周りを固めたフランス料理?みたいな食感に大感動です!コラーゲンと皮がぷるぷると舌にまとわりつき、なんともいえない食後感を演出しています。もも肉はむね肉に比べて値段が高いけど、むね肉とは異なった料理になることがわかりました。大変満足です!

きまぐれ雑記料理

以前こんな記事を書いていました。

チャーシューが好き!死ぬほど食べたい!! – HERMITCRAB

この記事を書いたのは4年以上も前です。このときからいろいろアレンジしながら作り続けている我が家のハム(っぽいもの)ですが、最新の製法を紹介します。

いきなりですが完成図。

これは鶏むね肉です。パサパサ感は一切なく、しっとりとした食感と程よいしょっぱさが食欲をそそります。

これは豚肩ロース肉。特にロース肉にこだわることはなく、肩肉などそのときに安かった塊肉で作ればよいのです。

いずれも製法はほぼ同じなので、小生の手順をご紹介します。