きまぐれ雑記DIY, PILOT, カクノ, 万年筆

万年筆って、英語ではfountain penと呼びます。fountainは泉とか噴水の意味ですから、インクが湧き出てくるペン、ということですね。つけペン、羽ペン、毛筆など、外部からインクを補充する従来のタイプの筆記具と比べると、インクタンクを内蔵し必要に応じてペン先にインクが供給される万年筆は、まさに泉のペン、魔法のペンといったところでしょうか。

さてブラックとブルーブラックのインクを入れているパイロット カクノですけど、日常的に使うのに足りないものがあります。それは・・・

ペンクリップ!!

・・・この呼び方で正しいのかわかりませんが、ペンをポケットなどに引っ掛けるためのクリップが、コストカットのせいかカクノには付いていないんですよね。ペンクリップは、万年筆のペン先を上にして保管したり運んだりするために必須だと思うんですが。

サードパーティー製の後付けクリップ(上)、そしてクリップ付きアルミキャップ(下)が販売されています。評判も非常に良いようで、特にクリップ付きキャップの方はチープカシオならぬチープ・パイロット・カクノが高見えするということで、大変魅力的な商品です。

ただ・・・1,000円のカクノに500円のクリップ!?1,300円のキャップ!!??と、もう1人の小生が迫ってきます。それなら、クリップ付きの上位製品を買えばいいじゃないか、と。

で、小生の選択がこちら。Aliexpressで激安ペンクリップを見つけたので、個人輸入しちゃいました!

きまぐれ雑記PILOT, カクノ, 万年筆

ブラックのボトルインクに続き、ブルーブラックのボトルインキも購入しました。

で、いちいちインクの色を変えるのも面倒だし無駄が多い、ということで、ブルーブラックインクのためにカクノを買い増ししましたw

カクノはやっぱりスケルトンモデルが良いのですけど、本体からキャップまで無色な通常モデルのほかに、限定モデルとしてキャップがクリアーカラーのカクノが以前に販売されていたそうです。

限定モデルは、ノーマルカクノの構成に加えコンバーターCON-40とペン先洗浄に便利そうなスポイト付き。定価1,500円(税抜)なので、1,000円(税抜)のノーマルモデルに比べて割高感はありません。でも限定生産品だったようでもう普通には売ってないんですよね。

メルカリに出品されていたのでこちらを購入しました。ブルーキャップでF(細字)です。

きまぐれ雑記PILOT, カクノ, 万年筆

万年筆のインク供給方式は、大きく分けて本体吸入式・コンバーター式・カートリッジ式があります。

万年筆のインク吸入方式&インクの入れ方について(カートリッジ?コンバーター?) | たかぎし123どっとこむ

初めて買った万年筆には、手軽さを優先してカートリッジインクを採用しました。

ファーストコンタクト!万年筆初心者がPILOTカクノを使い始めたよ!! | HERMITCRAB

カートリッジインクは、インクが無くなったら交換すれば良いので手軽さは抜群ですが、ボトルインクに比べコスパが悪い(らしい)、ボトルのみで販売されている特殊な色のインクを使えないなどのデメリットがあります。

こんなふうに言われてしまうと、ボトルインクを使ってみたくなるのが人間の性ではないでしょうか。

きまぐれ雑記PILOT, カクノ, 万年筆

どうして急にこんな気持ちになったのか・・・きっかけはちょっと忘れてしまいましたけど、突然万年筆が欲しくなりました

万年筆は高価なイメージがありましたけど、調べてみるとさすがに有名各社、エントリー向けの廉価なモデルをリリースしているのですね。ジュニア向けの製品もあり、ジュニア世代から万年筆に親しんでもらいたいという戦略なのでしょう。

ジュニア世代と言うには歳を取りすぎた小生ですが、パイロット(PILOT)カクノというジュニア向け万年筆を購入してみました。定価はなんと万年筆としては破格の1,000円(税抜)!

あまり大きくない文房具屋さんには店頭在庫がないかもしれないので、Amazonで買うか、ヨドバシ.comなどの利用もおすすめです。

ヨドバシ.com – パイロット PILOT FKA-1SR-NCF [カクノ 透明軸 細字] 通販【全品無料配達】

繰り返しますが、万年筆は高価で扱いづらいイメージがあったので、こんなにポップなパッケージのカクノにびっくりしました。