きまぐれ雑記

AMAZONプライムビデオ視聴が超捗る!Fire TV Stick 4Kを使ってみました。 – HERMITCRAB

Fire TV Stickはセットアップ時にリモコンとのペアリングが必要です。つまりリモコンに電池を入れておかなければなりません。電池は付属しているので良いのですが、問題はリモコンの電池蓋が開けにくいこと!

マットというか、サラサラの表面なので、手触りは良いのですけど手からポロポロ滑り落ちてしまうのですよね。

電池蓋はこんな感じで開くんですけど、とにかく滑りやすくて力が入りません。しかも、一度開けてみてわかるように、蓋の丸くへこんだ部分、ここを押さえながら蓋をスライドさせたくなりますがさにあらず!

実際は丸い部分を押し込む必要はなく、単に横にスライドさせるだけで開きます。ただ何度もいうように非常に滑りやすいので、この時期の乾燥した指では摩擦力が足りず非常に難儀します。滑り止めが欲しいところです。

じゃあついでだから、リモコンの裏面全体に滑り止めを貼ってしまいましょう!DIYで!

写真・カメラ

canon G16のためにハンドストラップを自作した – HERMITCRAB

キヤノンのコンデジPowerShot G16を運用していた頃、純正ネックストラップをぶった切ってハンドストラップを自作しました。G16は現在ではほぼ出番がありませんが、コンパクトなデジカメにはハンドストラップの方が良いと今でも思っています。

Peak Designのアンカーリンクスが快適すぎ!もっと早く使っていれば良かったと後悔しました! – HERMITCRAB

フルサイズ一眼がメイン機となった現在では、ピークデザイン(Peak Design)のアンカーリンクスをお気に入りのストラップに付けて運用しています。

アンカーリンクスの類似品を試してみました。果たして本家と同様に使えるのか?信頼度は!? – HERMITCRAB

アンカーリンクスは良い製品なんだけどちょっと高価なんですよね。。ということで、激安な類似品を試してみたこともありました。結果は、アンカー(紐)部分は使えないけど、ハウジング部分は注意して使えば使えなくもないかも、という感想でした。

では類似品ハウジングと純正アンカーを使って、G16のハンドストラップを取り外し式にしよう、というのが、今日のレシピです。

きまぐれ雑記

しょっぱなから脱線しますが、記念切手というと、実家にあったたぶん親の記念切手コレクションを勝手に懸賞の応募なんかに使っていた、ほろ苦い思い出があります。まあ持ち出して換金したりしなかっただけまだマシでしょうか。

というわけで、遅ればせながらこちらを購入したので記録のために写真を残しておきます。

羽生結弦プレミアムセット~One and Only~|郵便局のネットショップ

切手セットというには豪華な装丁!2018~2019シーズンを振り返る写真集とSEIMEI衣装を模したチャームがセットになっています。

きまぐれ雑記

プライムビデオやyoutubeなどをテレビで再生するためのミニ端末です。テレビにはHDMIで接続し、wifi経由で端末がネットからデータを取ってきてくれます。

内容物はこんな感じ。Fire TV Stickは無印と4Kがあり、小生が選んだのは4Kバージョンです。4Kの方が値段が高く、しかも小生のテレビは4Kはおろかフルハイビジョンにも対応していない10年くらい前のハイビジョン(1366×768)液晶テレビ(笑)

それでも4Kバージョンを選んだのは、4Kバージョンは無印よりも、CPUスペックが高いからです。CPUスペックが高いということは操作レスポンスも速いでしょうし、起動時間も4Kの方が速いらしいので、将来的に4Kシステムに入れ替えることも考え長く使うなら4Kのほうかな、と。

たび旅

「ふるさと発見!信州あるある」に、こんな記述があります。

長野駅の駅そばですら東京のそば店の味をしのいでいる。

加藤清志編著 しなのき書房刊「ふるさと発見!信州あるある」 P164

長野市内や戸隠などで美味しい蕎麦をいただき、その味や香り、そしてぼっち盛りやわさびを自分ですりおろすスタイルなどに日々舌鼓を打っている小生。そばの基本レベルが高いからこそ冒頭のような事も言われるわけで、駅そばもチェックしなければとずっと思っていました。

今回の旅で、ようやくその機会が訪れました・・・!立ち食いそば屋さんの周りはそばつゆのいい香りが漂います。

たび旅

長野市の長田神社に参拝してきた。羽生結弦選手も参拝されたとのことです。 – HERMITCRAB

長野市内の台風19号被災地を訪ねたのち、ふたたび長田神社に参拝してきました。

前回の参拝は5月上旬でしたが、今回訪れたのはお正月。雪が少ないとはいえ冷え込む午前の長野です。

木々の葉は落ちているものの、風格のある鳥居です。

写真・カメラ

レンズを購入するのはほぼ1年半ぶりです。しかもズームレンズを買うのは2年ぶり。選んだのは、SIGMA Artシリーズの標準ズームレンズ、24-105mm F4 DG OS HSMです。

鏡胴にさりげなく、しかし力強く輝くArtレンズの証、「A」のマーク!

このレンズはSony Eマウント(α7IIIなど最近のSonyフルサイズのマウント)用が販売されていないので、キヤノンEFマウント用を購入しました。ヤフオクに出品されていた状態の良いものを約55,000円で落札しましたが、ヤフオクに抵抗がある人はAmazonにも中古が出品されていますので、そちらを狙ってみるのも良いかも。

たび旅

長野市内から千曲川を渡って小布施町へ行きました。

千曲川にかかる全長1kmに及ぶ小布施橋。正確には、小布施橋の手前あたりから小布施町です。

小布施橋を抜けると小布施町の山王島地区になります。名前から、昔は千曲川の流れによって分断されていた文字通り「島」だったと思われますね。千曲川の東岸の堤防は決壊していませんのでニュースにはほとんど取り上げられませんでしたが、このあたりも越水による被害が出ていたそうです。

たび旅, 鉄道

10月13日朝のNHKニュースはNHKアプリでもライブ配信されていました。北陸新幹線の車両が水没した長野新幹線車両センターです。新幹線が水に浸かってしまう・・・この有り様を想像したことがある人はいるのでしょうか??

長野新幹線車両センター – Wikipedia

現在の様子を見に行ってきました。

たび旅

被災地に残る水害水位標を訪ねました。

水害水位標とは、その名のとおり大規模な水害が起こった時の水位を記録したものです。

まず訪れたのは、長野市長沼支所。建物の奥にはボランティアセンター「津野サテライト」が設置されています。

これが水位標。