きまぐれ雑記PILOT, カクノ, 万年筆

どうして急にこんな気持ちになったのか・・・きっかけはちょっと忘れてしまいましたけど、突然万年筆が欲しくなりました

万年筆は高価なイメージがありましたけど、調べてみるとさすがに有名各社、エントリー向けの廉価なモデルをリリースしているのですね。ジュニア向けの製品もあり、ジュニア世代から万年筆に親しんでもらいたいという戦略なのでしょう。

ジュニア世代と言うには歳を取りすぎた小生ですが、パイロット(PILOT)カクノというジュニア向け万年筆を購入してみました。定価はなんと万年筆としては破格の1,000円(税抜)!

あまり大きくない文房具屋さんには店頭在庫がないかもしれないので、Amazonで買うか、ヨドバシ.comなどの利用もおすすめです。

ヨドバシ.com – パイロット PILOT FKA-1SR-NCF [カクノ 透明軸 細字] 通販【全品無料配達】

繰り返しますが、万年筆は高価で扱いづらいイメージがあったので、こんなにポップなパッケージのカクノにびっくりしました。

PCDIY

デスクトップパソコンのキーボードとして便利に使っているThinkPadトラックポイント・キーボード。

【ThinkPadトラックポイント・キーボード】お気に入りのキーボードでゴキゲンなタイピング! | HERMITCRAB

Amazonなどのレビューによると、チルトスタンドのほかにmicroUSB端子も壊れやすいポイントなのだそうです。

チルトスタンドはともかく、microUSB端子は破損するとキーボードごと買い替えになってしまうので、日常的になるべく負担をかけない対策をDIYで行ってみました。

PC, きまぐれ雑記

日本人なら誰しも日本史の授業で習ったであろう、天正遣欧少年使節。伊東マンショ、原マルチノといった人物名に、得も言われぬ感情を持ったのは小生だけではないはず。

このように奇抜な名前だけが独り歩きして、肝心の内容が頭に入っていないのもまた小生だけではないことでしょう。Amazonプライムビデオ独占公開(たぶん)のドラマ「MAGI 天正遣欧少年使節」は、出自も考え方も異なる4人の少年が、各々の胸に苦悩を秘めてヨーロッパに旅立つ物語です。

航海の場面やヨーロッパの大地を旅する風景は高精細な4Kで作成され、息を呑む美しさ。全編見ると少し長いですが、歴史ドラマと美しい風景が好きな方はぜひチェックを!

ガジェット, 音楽KBEAR

中国のイヤホンセラーEasy earphones(@hulang9078)さんより、国内未発売のKBEAR KS1というイヤホンを頂いたので紹介したいと思います。

KBEAR KS1はダイナミックドライバを1発のみ搭載したシンプルな設計のイヤホンです。小生が保有しているイヤホンは最低でも1DD+1BAという構成なので、BAを搭載していないイヤホンにそこまで期待をしていなかったのですが、実際に使ってみると、BA無くてもいいんじゃね?と思わせるくらいの上質なサウンドを聴かせてくれました。

ただこのイヤホンのポテンシャルを引き出すにはデフォルト構成では力不足なので、そのあたりも含めて小生なりの感想を書いていきます。

Kbear KS1デュアルmagnecticクリップケースホルダー回路ダイナミック耳イヤホンdjモニター稼働スポーツヘッド型iem恒星|電話用イヤホン & ヘッドホン| – AliExpress

Aliexpressでの売価は、だいたい2,000円といったところです。小生の保有しているKZ ZSN ProTRN ST1と同価格帯ですね。

ガジェット, スマホ・AndroidShinjimoru

冬季間は特に地下鉄を多用します。地下鉄を常用するにはICカード乗車券が必須なのでパスケースに入れて持ち歩くのですが、ごちゃごちゃのかばんの奥深くに入り込んでしまって取り出しにくかったり、たまに自宅に忘れてしまうことがあります。そうでなくても、出かける前にパスケースを取り出しやすいところに入れておくなど、ワンアクションが必要でした。

一方で、スマホは常に持ち歩き、基本的に取り出しやすいポケットに入れています。取り落とさないようにスマホリングを取り付けているのですけど、これがまた、あまりクールではないんですよね。

なんかうまく行かないこの両者、結びつける何かがないものか・・・

見つけたのが、韓国のSinjimoruというメーカーが発売しているSinji Pouchという製品。スマホなどに貼り付けるカードホルダーを基本型として、カード脱落を防ぐフラップやグリップ機能などを付けたバリエーションモデルがあります。

小生はグリップとフラップの付いたSinji Pouch B-flapを購入しました。

カラバリもありますが、小生はブラックをチョイス。理由は、一番安かったからw

このようなパッケージで届きました。

写真・カメラ7Artisans

7Artisansのレンズには、やっぱり同メーカーのマウントアダプタだよねっ!

7Artisans製のヘリコイド付きマウントアダプタで、ライカMマウントレンズをSony Eマウントに変換し、α7IIIに取り付けることができます

【TECHART LM-EA7】ライカMマウントレンズがオートフォーカスする神アイテム!! | HERMITCRAB

Pixco製ライカMマウント→Sony Eマウント用のアダプター、ヘリコイド付きで安価、充分使えますが・・・ | HERMITCRAB

小生はすでにマウントアダプタを2つ運用しているのですけど、やはり使っているレンズと同じメーカーのマウントアダプタを使ってみたい!ということで、50mm F1.1と同じ7Artisansのマウントアダプタを購入した次第。

【7Artisans 50mm F1.1】異次元の明るさを誇る単焦点レンズを買ってみました。 | HERMITCRAB

7artisans LM E Close Up Focus Adapter Ring Second Generation for Leica M Mount Camera Lens to Sony E A7 A6 A7R A7II A7M Camera|Lens Adapter| – AliExpress

Amazonで流通していることもあるようですが、到着まで時間がかかるのと送料が高いので、いつものAliexpressで海外通販しました。

実際に使ってみると、以前所有していたものよりかっちりとしたフィーリングで気に入りました!

ガジェット, 音楽KBEAR, KZ, okcsc, TRN

昨年末から、TRN BT20S ProKZ S1KBEAR S1Sabbat X12 Ultraと、ワイヤレスイヤホンを買っては試すという楽しい時間を過ごしてきました。中華ガジェットを楽しむ秘訣は、安いんだから複数手に入れて自分で比較することでもあります。だって、他人のレビューは他人のレビューでしかありませんから。

どれも個性的で全く気に入らないものはないんですけど、そろそろ戦力外のものたちには第二の人生を歩んでもらおうと思い、リストラを前提に改めて比較してみることにしました

PC, ガジェットBaseus, x260

最近のThinkPadノートパソコンはUSB Type-C給電が標準になっているそうですが、小生が運用しているX260の電源コネクタは、ThinkPadでは昔からおなじみ、四角タイプのコネクタです。

左のコネクタがそうなんですけど、ThinkPadユーザー以外ではあまり見たことが無いのではないでしょうか。NECのノートパソコンにも採用されているそうですが。

見てのとおりガッシリとしており壊れにくそうで良いんですが、汎用コネクタではないため万が一のときの替えがありません。前述のとおり今どきはUSB Type-C給電がトレンドですので、X260への給電方法を冗長化するためにUSB Type-C給電ができるようにしてみました。

きまぐれ雑記

カーテンを買い替えました。流行り?の遮像レースカーテンです。

PCDavinci Resolve

DaVinci Resolveの最新版17はまだβテストの段階ですので、ひとまず安定版の16を使っています。

話は変わりますが、ビデオカメラはデフォルト設定がインターレース方式での撮影になっているものが結構あるんですよね。TV用素材を撮影するプロ機材ならともかく、民生用のビデオカメラもそう。インターレース映像は、プログレッシブ方式を採用しているパソコン用モニタでは走査線が目立ってしまうので、インターレース方式で撮影してしまった映像素材の処理に悩まされている今日この頃です。

インターレースの解除は、DaVinci Resolve 16までは有料のStudio版でなければできなかった(正確には、無料版でインターレース解除すると画面いっぱいにDaVinci Resolve Studioのウオーターマークが焼き込まれてしまう)のですが、最新の17からは無料版でもインターレース解除できるという非公式な情報を見つけたので、試しにインストールしてみました。