PC, ガジェット, デジタル放送

Hisense 43E6800の録画用ハードディスクも購入しました。前回の記事のとおり、256GBのSSDをいったん取り付けておいたのですけど、やはり録画容量に不安が残ります。

HDD容量1TBHDD容量2TB
地上デジタル放送HDHD最大(17Mbps)だけを録画する場合: 約125時間HD最大(17Mbps)だけを録画する場合:約251時間
BS・110度CSデジタル放送HDHD最大(24Mbps)だけを録画する場合: 約88時間HD最大(24Mbps)だけを録画する場合: 約177時間
BS・110度CS4K放送番組4K最大(33Mbps)だけを録画する場合: 約64時間4K最大(33Mbps)だけを録画する場合: 約129時間

取説によると録画可能時間はハードディスク容量によってこのように違いがあります。1TBのハードディスクで地デジが125時間分録画できると書いてありますね。ということは、256GBのSSDだと、地デジの録画時間はその1/4ということで30時間くらいとなります。

BSは地デジの約1.4倍、4Kは約2倍のビットレートとのことですので、録画可能時間はそれに応じて少なくなります。ですので、256GBのSSDだと実質20時間以下と考えておいたほうが良いですね。

ちなみに上の表の表記ではHD最大(17Mbps)だけを録画する場合とあり、録画ビットレート(いわゆる録画品質、最高画質・標準・長時間、みたいな設定)を選択できるような表現ですよね。ですが実際は録画ビットレートの選択はできず、常に最大ビットレートでしか録画できません\(^o^)/

いつものAmazonで調べてみると、TV録画用ハードディスクの最近のトレンドは、SeeQVault無しの廉価版だと容量4TB、SeeQVault有りはちょっと割高、という感じ。

そうそう、SeeQVaultなんて規格もできたんですね(←遅い)。

通常、録画用ハードディスクはそのテレビでしか使えません。テレビが壊れたら接続していたハードディスクに録画したデータも見られなくなってしまい、新しいテレビ用にフォーマットし直す必要があります。

ですが、SeeQVaultであれば対応する機器間で取り替えて使えるとのこと。43E6800はSeeQVault対応テレビなので、SeeQVault対応ハードディスクを購入すればその恩恵にあずかれます。

SeeQVault(シーキューボルト) とは? | バッファロー

個人的な考えですが、テレビもハードディスクもデータも、壊れるときは壊れる、という考えのもと、録画したデータに執着せず、SeeQVaultハードディスク購入は見送ることにしました。

コンテンツの利用に係る諸外国の動向等(総務省)

↑2006年頃の資料だと思われ、総務省がまとめたものです。一言でいうと、(当時の)アメリカもフランスも私的複製を厳重に禁止していない!けしからん!日本はコピーも私的複製も禁止だー!コピーガードをもっと推進だーー!!という内容です。SeeQVaultでお茶を濁さず、コピーガードなどというものに依存しなくても収益を上げられるシステム作りを目指してほしいものです。

前置きがかなり長くなりました。録画用4TBハードディスクはBuffaloIOデータSeagateなど各社から1万円以下で販売されています。SeeQVault付きだとエレコムが比較的安価ですね。

各社とも独自性を出そうと安心機能だとかデータ消去ソフトなど付けてます(ハードディスクにデータが入っています)が、テレビに登録する時点でハードディスクをフォーマットされてしまうので意味がありません。ハードディスクとしての性能はたぶんどれも同じ(=壊れる確率は同じ)だと思いますので、値段やデザインで選んで良いと思います。

たまたま開封済み未使用品がAmazonで安く出品されていたという理由で、小生はBuffalo製を選びました。たぶん返品された商品の検品済みリセール品でしょう。そういう商品に抵抗のない方は、Amazonをこまめにチェックすることをおすすめします。少なくない確率で掘り出し物が見つかりますよ!

PC, ガジェット, デジタル放送

テレビを新調しました。もともと使っていたテレビはSONY BRAVIA KDL-32J1という32インチテレビです。映像に不満があったわけではないんですけど、12年前に購入したテレビなのでさすがに現在のニーズに合わなくなってきた感があります。

というのは、やっぱ自宅で過ごす時間が多くなったので、自然とテレビを活用する場面が増えてきたんですよね。具体的には、ノートパソコンとテレビをHDMIケーブルで繋いで外部大画面モニターとして使用するんですけど、KDL-32J1にはHDMI入力が2つしかありません。

うちの環境では、ブルーレイレコーダーとFire TV Stick 4KとでHDMI端子を2つすでに専有してしまっています。ノートパソコンをテレビに繋ぐたびにHDMIケーブルを差し替えていたんですけど、さすがにやってられなくなってきました。

HDMI入力を増やしたい・・・ついでに4K放送も見てみたい!ということで、テレビの購入に踏み切りました!

選んだのはこちら。ハイセンスというナイスなメーカーの43インチモデル、43E6800です。ハイセンスは中国の会社ですが、東芝レグザを吸収しそのノウハウを生かしているとのこと。

特大の荷物のためか、ヤマト便のドライバーさんが持ってきてくれました。

きまぐれ雑記

テレワークを始めた頃は、テイクアウト対応のお店を探し回ったものです。

その頃気になっていた吉野家メニューが、1,727kcalの超満足メニュー、スタミナ超特盛丼でした。

スタミナ超特盛丼

ですが当時、吉野家2軒をハシゴするも、いずれの店も売り切れの張り紙が・・・もしかしたら在宅勤務や外出自粛のピークだったためかもしれませんが、その日は諦め、そのまま吉野家から足が遠のいてしまっていました。

そして先日、ふとスタミナ超特盛丼のことを思い出し、吉野家のサイトをスマホでチェックしてみると・・・なんとサイトからテイクアウトの注文までできるじゃありませんか!

しかも会員登録も不要、必要な個人情報は携帯番号のみで、目的の店を選べば対応メニューが表示されるので、メニューから選んで来店時間を設定すれば注文OK!注文内容がSMSで届きます。なんと便利な!ひと月前の小生に教えてやりたいです!

料理

味の素のレシピサイトにハマっています。

やみつき!無限豆苗の人気レシピ・作り方・献立 | 【味の素パーク】の料理・レシピサイト‐レシピ大百科 : 豆苗やツナ油漬缶を使った料理

レシピサイトといえばcoocpadが定番でよく利用させていただいていますけど、やはりcookpadさんもビジネスとして成立させなければなりませんので、昔に比べ有料会員限定の機能が多くなってきたり、膨大な量のレシピが登録されているせいか検索性が落ちてきた感があります。

一方で味の素さんは、自社の調味料など製品の販促のためのレシピサイトですので、特に機能を絞る必要がないのでしょう。自社の広告費でレシピサイトを運営し自社製品を広報する、ユーザーはレシピを参考に調理し、レシピに載っている調味料を買い求める(つまり味の素に金を支払う)、という巧みなビジネスモデルになっていますね。

いちど刈り取った豆苗を10日ほど育てるとこれくらいになり、これを再度刈り取って作ったのが上の無限豆苗です。10日の栽培で十分な量を収穫することができました!さてもう一度収穫できるでしょうか?

豆苗を育ててます。豆苗料理はバリエーションがあって楽しい! | HERMITCRAB

ガジェット, 音楽

オーディオマニアが目指すひとつの到達地点、それがバランス接続です。一般的なオーディオ出力は左右の音が一部混じっているということになっているアンバランス接続(バランスが悪いということではなく、バランス接続ではないという意味ね)ですが、左右をきっちり分離してより高音質を目指そう、というのがバランス接続なのです。

ASCII.jp:別次元の高音質化 合計約4万円からのイヤフォンバランス接続入門 (1/4)

より高音質になると聞くと、やはり試してみなければなりません。バランス接続するためには通常の3.5mmステレオ出力ではなく、2.5mmまたは4.4mmバランス出力可能なデバイスと、それに対応したイヤホンケーブル(またはヘッドホン)が必要となります。小生はすでに2.5mmバランスのイヤホンケーブルを所有しています。

【Yinyoo YYX4849】シルバー&ブルーのケーブル。2.5mmバランス接続にも「期待」が高まります! | HERMITCRAB

あとは2.5mmバランス出力可能でShanling Q1にマッチする小型のUSB-DACを購入するだけ!と思いいろいろ調べてみると、小型のUSB-DACは3.5mm出力のものは玉石混交でたくさんあるんですけど、2.5mmバランス出力のものは2機種しかないようです。

これと、、、

これね。

評判はiBasso DC01のほうがよさそうです。というかBGVP T01はわずかしかレビュー記事がなくなんともいえません。結局どちらが良いかわからなかったので、両方買って比較することにしました。少し使ってどちらかお気に入りが見つかったら、もう一方はヤフオクに出せばいいや、と思っていたのです・・・

・・・と思っていたのですがそうは問屋がおろさず、1ヶ月くらいたっても未だにどちらも手放せずにいます。

PC

新調したwifiルーターは、設置スペースの都合で壁掛けにしてみました。

【TP-Link Archer A10】wifiルーターを買い換えた! | HERMITCRAB

PC

長く続きそうな在宅勤務や自粛生活を快適にするために、wifiルーターを新調しました。従来のwifiルーターはたぶん3年くらい前に購入した某メーカーの物なんですけど、アクセスが不安定になり、特にスマホとの接続に不満を感じるようになりました。wifiルーターを再起動しても1日くらい経つとまた同じ状態に。

wifiルーターの買い替え時って、調べれば調べるほどよく分かりません。故障したのならもちろん買い替えですけど、購入して数年経ったものは電波が弱くなってるとか、新しい電波の規格ができているとか、そういう理由で買い替えを促している情報ばかり。

でもそれって本当かな?

もちろんそういうこともあるのでしょうけど、実際のところ電波の規格が新しくなっても、端末が対応してないと意味ないですよね。経年劣化で電波が弱くなるって、本当かな?実際はわかんないことばかり。つまり、買い換えたくなったら買い換えればよいってことかな!

ぽち。

TP-LinkのArcher A10を選びました。

今wifiルーターは買い換え需要が高いようでで、到着まで少し待ちました。

料理

スーパーで売っている豆苗は、食べる部分を切り取ったあと数回収穫ができます。写真のような容器に残った根を移し、豆が隠れない程度に水を入れて明るいところに置いておきます。水は毎日取り替えましょう。

写真右は2日、左は1週間経ったもの。最初はなかなか新芽が伸びてこないのでなんとなく焦りますが、4,5日経つとグングン伸びてきて安心したものです。さて、次はいつ頃収穫しようかな~♪

豆苗の定番料理のひとつは鶏ガラベースの玉子スープですが・・・

豚バラ肉に巻いても美味しいです。スープに入れると柔らかくなりますし、焼くと意外にシャキシャキ感が残って楽しい食感になります。

きまぐれ雑記, たび旅

安田顕さんの活躍が近年目覚ましいですね。ドラマやバラエティのほか、テレビコマーシャルでも見ない日がないほどです(言い過ぎ?)。

そんな安田さんが若かりし頃(といっても20代後半ですが)に出演した雅楽戦隊ホワイトストーンズというテレビドラマがあります。札幌市白石区だけを守る正義のヒーロー、雅楽戦隊ホワイトストーンズのメンバーの一人が、安田さん扮する「本郷隆」です。

https://amzn.to/36azjR4 雅楽戦隊ホワイトストーンズ~白き伝説よ永遠に 第3話より

左から北郷誠(戸次重幸/旧芸名:佐藤重幸)、南郷進(鈴井貴之)、本郷隆(安田顕)。この3人が今まさにお芝居しているのが、白石区にある菊水歩道橋です。

ここはなんと六叉路の交差点!慣れてないドライバーにとってはもちろんのこと、歩行者にとってもなかなかの難所です。そう、この円形歩道橋がもしなければ。

この先に見えるのが菊水歩道橋です。看板を見て分かるとおり主要4道路と脇道が2つ、合計六差路となっています。

きまぐれ雑記

うちはコーヒーをで買って、都度挽いて淹れています。なんとなくいつも冷凍保存していたのですけど、コーヒーの美味しいお店や、上手に淹れてくれるお宅の豆って、別に冷凍庫から取り出すわけではないっぽい・・・しかも冷凍庫から出してすぐの豆は冷えているので、湯温が下がり美味しく淹れられないという話も・・・

より美味しいコーヒーを淹れるために何が正解なのか分からないのですが、新鮮な豆を買って空気も紫外線も遮断し常温保存、ということを試してみることにしました。そのためには保存用の容器が必要です。

いわゆるキャニスター、保存容器の類って、ほとんどが透明なガラス製なんですよね。いろいろな店を回っても、あるのはほぼ透明ガラス製ばかり。陶器製もあるにはあるのですが、フタが貧弱なものばかりで密閉保存には不安が残ります。仕方ないので、amazonさんにお願いすることにしました。

いいのを見つけました・・・!