きまぐれ雑記, 音楽

ようこそバイオリニスト川畠なりみちの世界へ

先日、というか3月14日、川畠成道のヴァイオリンリサイタルに行ってきました。場所は北広島市芸術文化ホール、通称花ホール。以前仕事で行ったことはあったものの、客として来るのは初めて。川畠成道氏に会うのも初めて。
1曲目はクライスラーの『前奏曲とアレグロ』。音が出た瞬間、脳内でつぶやいた言葉、「このお人は一体!?」。薬害により視力をなくした後にヴァイオリンを始めたそうだが、その苦労は私には理解しようもない。そして、楽譜を見ることができないというハンデを抱えた彼という視点で彼を見ている自分に気づく。思うことは一つ、目が見えないのにここまでやるなんて、なんて素晴らしいお方なんだろう!!
なーんて、こんなことを考えつつ彼の評価をしようなんておこがましいったらありゃしない。別に努力をしたつもりはないんだけど、途中からはひとりのヴァイオリニストとして彼を見ていた。そうしながら感じたことは、彼は誰にも似ていないってこと。もちろん、彼にも師はいるし、師から基礎的なことを学んだであろうし、師の音楽性も吸収したであろう。でも、なんというか、天真爛漫というか、やりたい放題というか、独自の音楽性を感じた。それはもしかしたら、黙示録のごとく演奏家に迫ってくる楽譜というものを見られないことで、かえって自分なりの解釈や奏法を見つける努力をしてきた結果なのかもしれない。そのことが、彼の特異性をさらに際立たせているのだろう。もちろん、いい意味で。
前半は比較的重厚な曲を2曲、後半は小品を中心に5曲、そして、小気味のよいトークを交えながらのアンコールをなんと5曲、終演後にサイン会と、サービス満点の2時間だったのでした。

昨日は確定申告の最終受付日。今年はオンラインで申告書を作成し、プリンタで出力したものを税務署へ提出しました。予想通り税務署駐車場は大混雑、駐車場に入る車の列がずらり。そうなってることは予想してたし、天気がよかったということもあり、半分雪に埋まってた自転車を発掘し、数ヶ月ぶりに自転車に乗って税務署へ。ものの数分で提出完了。係りの人に助言をもらいながら何十分もかかって申告書を作成した去年とは大違いでした。以上、まじめな日記終わり。

きまぐれ雑記

最近携帯関係のエントリーが増えてる・・・かもしれませんが、興味があることについて書いた結果こうなっているだけですのでご理解願います。
さて、2004年3月に行われた「携帯電話の番号ポータビリティの在り方に関する研究会」にて、2006年第2四半期の導入を目標とされた番号ポータビリティですが、どうやら開始は2006年11月1日でほぼ確定しているようですね。様々なメリットが強調される一方、番号ポータビリティの落とし穴なんて記事も。この記事で気になったのが次のくだり。

MNPは通話(ボイス)のポータビリティを保証するものだ。しかし現在の事業者の収益構造を見ると、落ち込む音声通話収入をデータ通信の伸びで支えている。すでに事業者間の競争によって料金が下がっているのが一因だが、通話自体がEメールなどに置き換わっている点も見逃せない。こういった状況下で通話だけにポータビリティ制度を導入しても、どれほどの価格競争が起きるかは疑問だろう。

 研究会ではEメールのポータビリティについても議論があったようだ。しかしドメイン名の問題や、ニーズが薄いといった理由で見送られている。

なるほど、そういうわけで定額サービスはパケット定額が主流なんだなぁ。てことは、通話料定額に乗り出すキャリアは今後もなかなかいないってことか。う~む、だがしかし、駄菓子菓子、IP電話みたくパケット通信で通話(日本語的におかしいけど意味は通じるよね)も可能になると?これもまた、実質的には定額通話に繋がるな。うーむ。

番号ポータビリティ対策
「携帯電話の番号ポータビリティの導入に関するガイドライン」の公表
米国で携帯電話の番号ポータビリティ始まる

きまぐれ雑記

ここ数日、携帯電話各社の料金プランや割引サービスなんかをいろいろチェックしていたのです。本日のエントリーはそれらの自分的メモ。

とりあえず、各キャリアのサイトへのリンク。

au
vodafone
DoCoMo

いつから始まるのかよく分からないナンバーポータビリティですが、各社とも新規ユーザーの獲得、既存ユーザーの離脱防止にやっきになってますね。いずれのキャリアも提供しているのが家族割や指定割。auではひとりでも「家族割」といううれしくないキャッチコピーとともに導入されたMY割(割引率が家族割と同じというだけで、「家族」という単語をつける意味なし)など、各種割引サービスは今後も増えていくでしょう。
割引と似て非なるものが定額サービス。パケット定額系は少し前から出てきていますが、通常通話の通話料定額サービスってvodafoneのLOVE定額・家族通話定額とDoCoMoのカケ・ホーダイだけかしら?とはいえカケ・ホーダイは通話というよりはチャットやメールに近いものみたいだけど。
これらのサービスって、基本的に自社携帯間通話にのみ適応されるんですよね。それはユーザー獲得の基本戦略なんでしょうけど、ほんのちょっとだけ疑問が残ってて、ここから十八番の机上の空論コーナー!
各キャリアがまったく同じ割引サービスを提供している限り、ユーザーの分布も平衡状態が続くだろう。ユーザーは、できるなら既存の電話番号は維持したいと考えるから、番号変更のデメリットを凌駕するほどのメリットがない限り、キャリア移動は起こらないはず。
さて、各社がユーザーの離脱防止を図るため、自社限定のサービスを始めたとする。すると、使い慣れた番号を捨ててでも、キャリア移動する人は出てくるだろう。ただし、各社のサービス内容が同じである限り、例えばau→vodafoneの人もいれば逆もいるわけで、ユーザー分布は大きく変化しないだろう。
ナンバーポータビリティが開始されると、キャリア移動の大きな障害だった番号変更の必要がなくなる。もちろん、原理としてはキャリア間で番号を移動させるわけで、これには少なくない金額がかかると思われる。ともあれ、キャリア移動は以前よりスムーズになるわけで、ユーザーのニーズにあったサービスを提供するキャリアにユーザーは集中していくだろう。ニーズとは、割引サービスだけではない。端末のデザインや機能、なにより圏外の少なさなども。
この状態で、vodafoneのLOVE定額・家族通話定額はかなりの猛威を振るうと思われるがいかがだろうか?少なくとも、他社は同等の、あるいはそれ以上のサービスを打ち出さなければならなくなるだろう。それは、もしかしたらナンバーポータビリティの開始直後になるかもしれない。既存の番号縛りがあるから現在大胆なサービスを提供する必要はないと考えているのか、あるいは、LOVE定額の成果を参考にするつもりでいるのか。ともあれ、今後は定額サービスが主流になっていく?とすると、年割などの継続使用割引は廃れていくのか、あるいは定額料金に乗じるという形で残るのか。
そして、自社限定サービスばかりの現状はどうなっていくのだろうか?全てのキャリアが自社限定サービスに同等に力を入れている限り、ユーザー離れを食い止めることもできる一方で、他キャリアから自キャリアへのユーザーの流れもおきにくいだろう。ここで例えば、自社限定サービスほどの割引率は打ち出せないにしても、他キャリア向けのサービスを打ち出したらどうなるだろうか?例えば、自社携帯番号1件指定通話料50%off、加えて他社1件は30%offのLOVE&PEACE割とか出てきたらすごいことになりそうだよね。このサービスがあれば、少なくとも既存のユーザーは離れないでしょう。でも
1社だけがこういうサービスを始めると、他社ユーザーの存在を許容することにも繋がり、他社ユーザーの囲い込みは難しくなるのかな。それとも、この魅力的なサービスに他社ユーザーも思わずキャリア移動しちゃうのかな?つまり、LOVE定額っぽいことが他社相手にもできるということなので、事情によりLOVE定額に出来ない人(つまり、相互とも非vodafoneな人や、一方が非vodafoneでかつキャリア移動が困難な人)も、少なくとも一方にはLOVE&PEACE割は多大なメリットがありますね。そもそも、各事業者の至上目的は何なんでしょう?この産業を牛耳ることなのか、それとも、多少の規模の大小はあっても、そこそこ利益が上がってればそれでいいのか。それによっても、打ち出す戦略は変わってくるはず。
こういうことを考えていると、携帯各キャリアの利益ってどこから出てきているんだろう、との疑問がわいてくる。いくらなんでも、赤字になるまでサービスを向上させることはできないよね。まず考えられるのは、基本使用料。端末の売り上げはどうなんだろう。端末が新規契約で無料!だったりすることを考えると、そもそも端末で利益を得ることは考えてないのか、それとも機種変更のユーザーから過剰に回収しているのか。あとは、通話料やパケット通信料の何割かが利益になっているのかな?料金プランによって通話料が変化することを鑑みると、そうかもしれない。とすると、定額サービスというのは利益に直接結びつかないのか?それとも、ユーザー獲得のための手段であり、ユーザーさえ獲得できれば金の卵を産む鶏を得たも同然なのか、確かにLOVE定額などは一つの番号に限定していて、それ以外の番号については通常のサービスと変わらないしね。てことは、LOVE定額のみのためにvodafoneの契約をしてしまうユーザーがいたら、vodafoneにとっては目の上のたんこぶなんでしょうなあ。いずれにしても、定額が主流になる頃は、いろいろな定額サービスが出てきていると予想。料金も、指定先のキャリアや数も。すなわち、契約する定額プランのの料金の合計が、現在でいう基本使用料になる。様々な定額プランから、ユーザーは必要なものをチョイス。な~んて時代が来るかも。
※文中では「携帯電話会社」と「キャリア」とを混同して使ってますが、面倒だから使い分けていないだけで。キャリアとは電気通信事業者のことです、念のため。ただ、auだのDoCoMoだのという名称に対しては、「キャリア」よりも「ブランド」と呼びたい気がするなぁ。

きまぐれ雑記

日本はメダル1個ですか。現実問題として、費やした資金や労力に見合わない結果だったのか、遅塚団長が、選手団のスリム化にも手をつけなければならないなんて言ってますね。日本中の多くの人が感動し、感動と寝不足で腫れあがった目をこすりながらがんばって暮らしてきたこの17日間のうちにも、いろいろと世知辛いことがあるんだなぁ。

きまぐれ雑記

ガスより灯油の方が安いとはいいますが、いったいどのくらい安いの?
別に検証するつもりはなかったのですが、当方宅は諸事情により、今年1月より暖房を天然ガスファンヒーターから灯油ファンヒーターへと替えました。諸事情といってもなんてことはない、知人が手放したそれをただで引き取っただけのことでありますが、論旨がずれそうなので閑話休題。
つい先日、ガス使用量のお知らせが北海道ガスさんよりきました。それによりますと・・・当月のガス使用量は、前年度の同月より18㎥、先月より25㎥も少なかったのです!ガス1㎥あたりの単価は約190円ですから、ガス代が4000円程度減ったわけです。逆に、当月の灯油使用量はだいたい30ℓ、1ℓあたり80円弱で購入していますから当月の灯油代は2400円程度。結論は・・・ご覧のとおり。
見てのとおり、計算はかなり大雑把です。機器運用の電気代、灯油購入の労力、暖房効率なんかはもちろん考慮に入れてません。仕事が忙しいため家にいる時間は前年の今頃よりはるかに少ないですが、もちろんそれも考慮に入れてません。一酸化炭素中毒や乾燥による健康障害のリスクももちろん考慮(以下略)。大体の感じがつかめればそれでいいのです。
なんとなく其乃壱と書いたけども、シリーズ化するのかね?

きまぐれ雑記

多少自分が不利益をこうむっても、こん人に尽くしてあげたい、そう思う瞬間はある。そんなに大袈裟な話じゃないし、そこまで不退転の決意を持っているわけでもない。単純に、人の不幸を喜ぶ習慣を持ち合わせていないだけで。
棲み分け?平たくいえばそうかもしれない。自分が(専門的に)できること、相手が専門にしていること。それは、ときには分担作業とも呼ばれ、大局的にみれば、時代という巨大な地球儀を回転させるための、ひとつひとつの小さな、そして、哀しいことに自由意志を持った歯車となる。ちょっとした疑念が大勢を狂わせ、そして、ちょっとした心の通いあいが巨大な原動機となる。
男として、男に惚れる瞬間、これもおつなものだ。いわゆる801(死語か)とか、そんなレベルの話じゃない。こん人に一生付いて行こう、そこまで己をドライヴする漢に出会った瞬間の衝撃というものはまさに筆舌に尽くしがたいわけで。でも、全ての人間に対してそう思うことはないわけで。人を区別し、選定している時点で己の矮小さを身にしみて感じたり。とりあえず、青二才の筆者が最近惚れた漢、それは、小林旭。インタビュー4は必見。というか時間と帯域を無駄に余らせている御仁は必ず見ろ。熱き心に・・・

PC

OpenOffice.org2.0.1日本語版 正式リリース
Microsoft Officeとの互換性の向上など。

バグフィックス中心の「Firefox 1.5.0.1」公開
脆弱性が修正されている。バグフィックスを中心としたマイナーバージョンアップで、新機能の追加などはないとのこと。

きまぐれ雑記

有効求人倍率が1倍を回復したからといって、雇用のミスマッチとかもあって全ての求職者が職にありつけるわけではない。まあでも、ごく普通の人は就職する=サラリーマンとなるということなので、いい使用者・企業に恵まれる人は幸せだなと。
とはいえ、ビジネスチャンス、それは結構いろんなところに転がっているな~ということをよく考える。もちろん、それを実行し起業家となることは並大抵の人間にできることではない。もちろん私にはその度胸も資質もない。それをふまえた上で、机上の空論を膨らませてみるのもまた楽しいものだ。

一言でいうと、疲れた現代人の心のスキマ・・・じゃなかった、疲れた現代人に癒しをもたらすことや、夢や希望を与えるような仕事が面白いのかも。癒し系なんて言葉もあるけど、例えばリラクゼーション施設とか。以前ニュースで、お寺が人々の駆け込み寺・・・というと大げさだけど、ちょっとしたリラクゼーションスペースとして使うという特集を見た。お寺が喫茶店に、住職さんが悩み事相談相手に、境内でちょっとした運動をみんなでやったりとか、いわゆるコミュニケーションの場として使っていた。ビジネスとは直接結びつかない事例かもしれないが、現代人が無意識に、あるいは意識的に求めているものを提供できれば、自然と人は集まってくるのかもしれない。また、子供の頃遊んだ玩具を大人になって再び買い求める、なんてこともある。大人の科学シリーズ、電子ブロック、ラジコン(面倒なのでアンカー省略)・・・あるいは、癒し系グッズなど、この分野って非常に面白い。玩具メーカーのサイトなんかも見てて飽きない。
夢と希望という美辞麗句で飾るには不謹慎かもしれないが、うまくやれば、あるいは運がよければお金が儲かるというものである。パチンコ、競馬、宝くじなんか。まぁ・・・自分でもやってるから分かるけど、こういうのって必死になってやったら疲れるし、負ければいっそうストレスがたまる。パチプロなんてとんでもない、私にはなれない(笑)。閑話休題。ともかく、パチンコ屋は日々大盛況ですよ。まさに老弱男女がお金を落としていきますよ。爺さん婆さんが年金?をはたいて大海をやっていますよ。ときどき隣のおばちゃんが「コレってどういうシステム?」と尋ねてきたり、隣のおじさんと激熱リーチに一喜一憂したり、疲れた顔したサラリーマンが、ようやく大当たりを引きちょっとだけニコッとしたり・・・そういった些細なコミュニケーションがすごく嬉しかったりすることもある。昔の銭湯を彷彿とさせるような、そんな心の揺らめきが、大音響と紫煙で飽和しているホールの片隅に生まれたりすることもあるのだ。

というわけで、技術の進歩、文明の進化とは逆行するような分野が、庶民的には意外とホットなのかもしれない。いちおう私も、人々に夢を与える仕事をしているとの誇りを持っている。儲からないけどね。

上ではわざと言い直したけど、究極的にいえば、心のスキマ、お埋めしますってことなのかねぇ。

きまぐれ雑記

NIKKEI NET:景気ウオッチ
昨年12月の有効求人倍率は1.00倍だったとか。なんかもうピンとこないが、1倍台を回復したのは1992年9月以来、13年3カ月ぶりとのこと。
ただし、リストラ、採用見送りの波は人事院にまで波及してるし、とってもじゃないが景気が上向いているとは思えない。IT関連w製品、電気製品を中心に価格の下落は続いている(安かろう悪かろうの傾向もあり)し、株式市場の脆弱性や株取引に関するトラブルの多発は、一歩間違えば在りし日のバブル崩壊の危険さえ孕んでいるように思えてならない。
余談だが、私はあまり堀江氏を非難する気にはなれない。確かに彼は法律を犯し、刑事告発を受けるに十分な罪を犯した。ただ、彼の行ってきたビジネス戦略には学ぶべきものが多いというか、他の企業もぜひやるべきだと思える行動が多かったとおもう。例えば衆議院選挙への出馬。彼なんかが民意を反映してくれるはずはない!という良識を持った人が広島6区には多かったのか、彼は無事に落選した。これとて、単なる売名行為である。名を売ること、これはビジネスの基本である。
そして株式分割。これは商法によって認められた正当な行為である。詳細説明はリンク先に任せるとして、堀江氏はいわば法的に生温く保護された錬金術ともいうべきもので株価を上げ、自社の価値を上げ、ネームバリューも手に入れた。ビジネスマンのお手本ではないか?
株式市場の崩壊による第二バブル崩壊ともいうべきものが起こるとして、1990年代のバブル崩壊と異なるのは、最近ねずみ算式に?増えている個人投資家と呼ばれる人たちが直接被害を被ることだ。ところで・・・ここで最初の話に戻るのだが、株式売買で生計を立てている人って、公式な文書を書く場合、職業は何と書くのだろうね。就職している人にカウントされるのかね?

www

雪がどうとか、銀玉占いがどうとか、サルみたく泣き言ばかり言ってんじゃあねえよ。
ということで、表題の件。
最近というかこの数ヶ月、うちに届くスパムメールの種類が変わってきてます。以前は春香メールや出会い系やらが多かったのですが、このところ多いのが、いわゆるw@rezを勧める英文メール。開封せずに破棄しているので内容は分かりませんが、タイトルにofficeだのXPだのの文字がちらほらと。当方フリーメールのアカウントを三つ持っており、一つは普通に使う用、もうひとつは売買契約締結等の重要事項に使う用、最後のひとつはいわゆる捨て垢なのですが、ヤフオクamazonなどネット売買にのみ使っている重要事項用アカウントにはまったくといっていいほどスパムは来ません。捨て垢はHPスペースレンタルなどの申請に使っていますが、こちらにはすごくたくさん来ます(笑)。以前お試しで申請した関係からもいまだに来ますし、心当たりのないところからも来ます。
当方にとって気がかりなのは、普通に使う用。普通に使う用ですから普通に使っているわけですが、内輪のメーリングリストの登録なんかにも使っているんです。Yahoo!のメーリングリストに登録したことでYahoo!関係の広告メールが来るのはまあ仕方ないというか、当然といえば当然のことなんですが、それ以外のスパムメールは・・・数社のメーリングリストに登録しているこのアカウントなのですが、なんかこのメーリングリスト関係からアドレスが漏れているような気がしてなりませんのですよ。例えば、管理者でないにもかかわらず、メーリングリストの発信者のアドレスをまめにチェックしてご自分が使っているメーラーのアドレス帳に登録なさっている奇特な方がいらっしゃるとして、そいつのPCがウィルスに感染してアドレス帳の中身が流出したりだとか、プライバシーポリシーのかけらもないメーリングリストを利用したせいで登録アドレスが全部業者に売り払われてたり・・・疑えばきりはないのですが、中にはあやしいMLもありますからねぇ・・・
ちなみに、携帯には迷惑メールがまったく来ません。迷惑メール対策の進んでいる(らしい)auを利用していることもあるからかもしれませんが、そもそも携帯アドレスでwww上のサービス登録なんてしませんから。

携帯といえば、ちょい前のニュースで携帯に埋め込んだICチップで大学の授業の出席を取る、というユニークな試みをやってましたね。授業の最初と最後に専用端末に携帯を乗せるだけで出席がとられるとのこと。確かに、携帯は他の人への貸し借りなんかは絶対にしないし、ほとんどの人が持っているしで、アイデア次第ではほかにも面白いことができそうですよね。

ニュースといえば、ちょい前のニュース特集でニッポンフィールに続くオサレな韓国人の代名詞みたいな造語が出てました。残念なことに失念してしまったのですが、「最先端の」とか「流行を先取りした」みたいな英単語を組み合わせた造語だったと思います。当方はあちらさんに対して先天的な恨みを持つ人間ではありません。でもね・・・もうちょっと普通にお話しましょうよ。自分たちは偉い、自分たちが一番、そんな考えを持つ人とは楽しい対話なんてできないって。