きまぐれ雑記

総務省が「1円携帯」を規制、格安端末は市場から姿を消すことに? – GIGAZINE

新規1円の恩恵を受けるのは文字通り新規契約者だけなんだけど、ごく一般的なパンピー(二重形容、ではなくて、リダンダントというらしい。面倒だから、「牛の牛肉」でいっか)が新規1円目当てで頻繁に契約し直すというのはあまり考えられないような・・・それとも、MNP開始に伴いそういう人が増えてるのかしら?携帯電話を悪用した犯罪防止という側面もあったりして?ともかく、原価数万円する携帯端末を契約時点では値下げしておき、通信料などで回収するというのが現在の日本の携帯電話市場の主流なのです。鶏が先か卵が先か・・・ってな話になっちゃうんだけど、新規にしろ機種変更にしろ原価以下で端末が買える代償に高額な通信料を支払わなければいけないというべきか、通信料が高いおかげで端末を安く買えるというべきか。

PCからのインターネット接続はつなぎ放題が当たり前になった現在も、いまだにパケット従量制を採用し続ける携帯電話業界。加えて、情報料、月額使用料など、大手サイトだけでなく個人サイトまでそのような手法で利益をあげようとしている感が強い。でもこれは、いつまでも当たり前のビジネスモデルではないと思うな。PC新製品は季節ごとに登場し、下は10万円以下、上は30万以上というPC業界。でもそれぞれ売れてる。携帯もそうなれば、小売店はキャリアの縛りというかインセンティヴをあてにしない商売ができるし、キャリアもユーザーから通信料をむしりとる必要もなくなる。端末メーカーも、多彩なニーズにこたえた製品を幅広く開発する理由が生まれてくる。

ただ・・・PCと携帯と決定的に違うところ。それは、携帯はモバイル(また牛肉、というかおんなじこと言ってるな)だから、水没や落下や盗難や置忘れや、おしりのポッケに入れててそのまま椅子に座ってしまいスリムケータイ一瞬で昇天とか、胸ポッケに入れてた端末が盾となり、銃弾から兵士を救ったとか、その他もろもろの危険に常にさらされているということ。小生は物持ちはいいほうだと自負しているが、それでも2年を超えると端末の「へたり」に辟易してくる。そして、必要に迫られて機種変更せざるを得なくなるのだ。だから、過剰に高価な端末ばかりでは局所的な市場にしか応えてないことになるんだよね。素人のたわごとだが、、端末メーカーの努力はもっと必要だな。端末が定価近くで販売されることが当たり前になったら、今以上に売価を見据えた開発が必要になるだろうから。

さて、前置きはこのくらいにして、小生、携帯を機種変更しましたよ。A1402SⅡからW52Hオレンヂへ。端末はでかく重くなり、ジーンズのポッケからはみ出しそうです。端末の値段は、送料込みで約5000円!通販ですが、破格の値段です。ポイント3000使って実質2000円。別途購入した2GBのmicroSDの方が高くついた(2980円)!ちなみに、充電器は過去のau端末に付属していたものがちょっとした改造のみで流用できるので購入せず。この端末、新発売にもかかわらずかなりの値下げを断行されていますが、価格.comにもこの値段はありません。DoCoMoとau端末を取り扱っている店で購入したので、興味がある方は探してみてはいかが。

W52H関連リンクなど。
KDDI au: 製品ラインアップ > W52H
HITACHI : 携帯電話 : 商品情報 : W52H
W52H まとめサイト@wiki

しかし・・・端末って単語、使うととたんに玄人っぽくなるから好き☆

きまぐれ雑記

ソウルフード – Wikipedia

小生がソウルフードという語に出会ったのは美味しんぼの第3巻。来日したギリシャ人オペラ歌手が日本の食事が口に合わないため調子が悪く帰国騒ぎになっていたところ、タコと魚?にオリーブオイルをたっぷりかけたギリシャ料理を食べ調子を取り戻すというお話。彼女にとって、オリーブオイルとタコと魚は彼女にとってのソウルフードだったというわけ。

小生にソウルフードってあるのかな。小生は漁業と農業の町に生まれた。なので、魚も野菜も大好き。とくに魚を食べて育ったという気はするが、でも今魚を満足に食べられなくてもどうってことはないな・・・翻って、以前仕事で韓国に行ったときに、おいしい焼肉や参鶏湯、そしてキムチなんかもいいけど、やはり日本食、それもなんてことはない味噌汁とご飯を食べたいって思ったな。小生も日本人なんだな。

さて、そんな風にして、普段はなかなか気付かない自分のソウルフードであるが、なんと内地の人はやきそば弁当が道産子のソウルフードだと思っているらしい。なんということだ!たしかにやきそば弁当はうまい。さらに、大盛りとなると麺が通常の2倍入っていて、完食するにはかなり丈夫な胃腸とやきそば弁当への熱き心を必要とする、まさにソウルフルな食品です。そんでもって、あのスープがなんともいえないおいしさなんだよな。麺をもどすために入れたお湯は普通は捨てるのですが、それをスープに使ってしまおうというアイデアもすごいです。スープにただのお湯を入れるより、麺やかやくから滲みだしたエキスを含んで独特な香りのするもどし湯を使った方がうまくなるのはある意味当たり前なんですよね。だって、だしが効いてるから。そんでもって、そのもどしを使う利点はまだまだあるのです。普通盛りのやきそば弁当には、「150mlのもどし湯をスープに使う」と書いてあるのですが、湯切り口から出るもどし湯を150mlきっちり計るのは人によっては難しいかもしれません。が、心配はまったく無用!湯切り口から出るもどし湯を全部スープに使えば、それでokなのです!それで、スープはちょうどいい味になるのです!これはつまり、いったん容器にお湯を入れてしまえば、もどし湯を捨てるために台所なり給湯室に戻る必要がないというわけですよ。これって地味に便利。だって、容器にお湯を入れてしまえば、それを持って仕事机についてしまえるからです。忙しいサラリーマンの見方ですよ!うーむ、明日の昼はやきそば弁当にしようかな!

おまけ。全巻・全話が検索できる! – 美味しんぼ塾ストーリーブログ

きまぐれ雑記

万歩計って、昔はアナログだったよね。振ると、カチカチ鳴って、針がちょこっとづつ進んでいくの。身に着けて歩いた記憶はあまりないというか、昔は登下校で普通に数kmは歩いてたしね。

んで今。職場には地下鉄またはクルマ通勤だし、あんまり歩いてないのかな~という漠然とした不安はあった。例えばメタボ?そういう流行の最先端には常に遅れをとる小生ではあるが、運動不足は心配ではある。というわけで、最近の万歩計が欲しかったのですよ!

きまぐれ雑記

札幌市の活性化に向けIT人材育成を支援するマイクロソフト – ZDNet Japan

MSとタイアップして大丈夫かな。この会社、ソフトウェアの開発環境はMicrosoft Visual Studioしか認めん!なんて言いそうで心配。この会社、とにかく自社製品の売り上げを第1に考えるような会社ですから。いや、企業の第一目標としてはそれは別にかまわないんだけど、わが札幌市を商売相手としか見ない気がして。というか、どうしてMSなんでしょ。金が有り余ってるのかしら?上田さんも、マイクロソフトと札幌市は、Win-Winになれる関係とか、この件に関しては言ってることがいまいち意味不明。MSはWindowsのWinで、札幌市は勝利のWinってこと?・・・それでも意味分からんが。イケてる標語のようなものをつくりたかったのかしら。ともかく、今後に注目です。

クルマ, たび旅

初日330km
次の日130km
3日目80km
最終日550km

おっと間違えた、1100kmだった

3日目から最終日にかけての486km、信号のあまりない田舎道を、だいたい70~80km/hのエコ速度で走った後、セルフで満タン給油した。入ったあぶらは、たった20.2ℓ。精密に計算しなくても分かる。満タン法ではあるが、リッターあたり20km以上走ってる!街乗りではせいぜい13kmいけばいいほうなのに、うちの旧型マーチもたいしたもんだ!その前の500km近くをセンプレ80km、高速道路ではもちろん110kmくらいですっ飛ばしてたから、駆動系がいい感じになったのだろうか?そーゆーもんなのだろうか?おっと、センプレというのは音楽用語で『常に』という意味で、sempre ffとか書いてあると、常にフォルティッシモで、という意味になります。転じてその手の業界では上のように使います。

閑話休題。「激安ガソリンは水や灯油を混ぜて原価を下げたもの」と主張する知人がいます。小生は殆んどいつも地域最安値のセルフ店(いちおう出光の看板がかかってるけど)でガソリンを入れてるのですが、それだと16km/ℓぐらいが限界だと思います。んで、最高燃費を記録したときは、農協系のガソリンスタンドで入れたんですよね。レギュラー141円。高いけどまともなガソリンだったということなのか・・・?価格競争なんて札幌と比べれば無いに等しいような地方だったし・・・どうなんでしょ。農協系GS店員さんがしっかり入れてくれていて、走ったあと小生がセルフで入れたときはあんまり入れてなかった?せいで燃費計算が狂った可能性もあるが、燃料計の減り方が尋常じゃなかったのも事実。100kmくらい走った段階では燃料計の針はほとんど動いてなかったし、486km走り終わったときも針は半分くらいを指してた。仮に25ℓ入ってれば、燃費は19.44km/ℓになる。これでも十分すごいよ♪

激安ガソリン 理由でググってみるといろいろ出てくるけど・・・エンジンに訊いてみようかしら、というか、走りやエンジン音なんかで分かるはずなんですけどね。

きまぐれ雑記

小生がネット上に駄文とは名ばかりの鬱屈した吐瀉物を溜め込み始めてからたぶん5年くらい経ってると思います。その間、小生の身分も変わったし社会情勢も変わったし、もちろんネット情勢も。当ブログの記事も殆んどが適当に書きなぐった日記っぽいものばかりですが、いくばくかの情報発信もたまにはしたりしてほんのわずかでも愛すべきネット社会に貢献してるような気もするのです。まあ大手ポータルサイトと比較はできないというか、気持ちの問題ですからその貢献度というのはお金に換算できるものではないのかもしれません。でも、Googleとかで小生のブログの記事がヒットしたりするともうね、一人で有頂天なわけで。この喜びというものはなかなか説明しづらいけど、あえていうならば、どこかの誰かが小生の記事を検索の末に見つけて、どれだけ役にたつか分からないけども参照してくれるということで。大手ポータルサイトやどこかの企業からリンクされているわけでもないどこの馬の骨とも分からないような当ブログでも、ネット上のつまらない役立たずデータではないんだ、そう思える瞬間っていうの?これはさー、チョーヤバイって感じ?

さて、当ブログの価値は金銭では図れないと書いた舌の根の乾かぬうちに当ブログの価値を金銭で測ってみましょう。以下のサイトでそれを測ることができます。仕組みはよくわかりませんが。

How Much is Your Blog Worth | Dane Carlson’s Business Opportunities Weblog

さて、気になるお値段の方は!?

きまぐれ雑記

ドラゴンクエストIII そして伝説へ… – Wikipedia

消防小学生のころをふと思い出す。近所の同級生のうち、5人くらいはドラクエ3とファミコンを持っていた。当方宅にはどちらもなかった。なので、ゲーム画面を見せてもらいに、そして単なるレベル上げでもいいからやらせてもらえればと彼らのうちに足しげく通った。たぶん、スーファミが発売されたあとだろう、スーファミのせいでお蔵入りになりがちになってたファミコンをカセットと一緒に両親に内緒でこっそり借りいれ、離れに隠居していた祖母のテレビに接続して遊んだこともあったかな?3のワールドマップは世界地図と酷似していたため、世界地図と3の世界、地名と見比べたりしたものだ。

そのうちドラクエ4の発売があり、うちからは歩いて15分くらいはかかってたところに住んでる建設会社の息子のところにこれまた足しげく通ったものだった。4では戦闘シーンでちょっとしたアニメーションが入ったり、章立てで進むストーリーや馬車システム、そしてAI戦闘といった画期的なシステムが目白押しだったため、最初から最後まで飽きることなく見ていた。ドラクエ3までをモチーフにしたアニメも放映され、んでもってそれが途中で打ち切られてやきもきしたり、続編が突然再開してびっくりしたりしたものだ。

ファミコンをはじめテレビゲームの類いのなかった我が家だが、何故かMSXがあって、かつMSX版ドラクエ2があった。たしか厨房中学生くらいのときだろう、MSXをそこそこ自由に使えるようになった小生は、これまたなぜか10冊くらいあったMSX雑誌に掲載されていた読者投稿プログラムコーナーなんかを読んで、掲載されているBASICプログラムを分からないなりに打ち込んで簡単なゲームを楽しみつつBASICに親しんだりもしたが、ゲイツになるには遅かったというわけ。んでもって、ドラクエ2も遊んだ。復活の呪文を何度間違ったことだろう。そして、結局クリアできなかった。ラストダンジョン付近ではモンスターとのエンカウント=全滅の危機だったから、エンカウントし戦闘画面に切り替わる直前に起こる画面フラッシュのことをどんなに恨めしく思ったことだろう。

懐かしさもあり、最近、といっても数年前だが、3や4や5をプレイした。やはり、当時と同じくらい楽しめたし、やはり、懐かしかった。スーファミ版はいわゆるリメイク版というもので、復活の呪文を廃止するなど利便性を図ったり、新たなやり込み要素が追加されたりしている。2はまだやってなかったかな。ともあれ、勉強や野球以外にこれだけ熱中してたものがあったのだな、と、今さらながらに感慨深いものがある。現在、ネット上では欲しい情報はいくらでも手に入る、が、実際に深くのめり込めるものってなかなか見つけられない。○○入門なんて情報もいくらでも手に入るが、簡単に情報を得られるせいか、さあやろう!となかなか踏み出せないんだよね。昔のことだけ輝いてる~なんて歌ってた人がいるけど、昔もそれなりに良かったのだな。戻りたくないけどね。

クルマ, たび旅

いろいろな道を調べながら、見つけたサイトなんかを紹介してみましょう。

ルート検索-生活地図サイト MapFan Web カーナビのように道順・距離を検索!
地図検索 | NAVITIME
交通機関の乗り継ぎ案内や時刻表などは多くのサイトで扱っているけど、目的地までの自動車の経路をブラウザ上でナビみたく案内してくれるサイトはこの2つくらいだろうか。地下鉄の広告などでもおなじみのNAVITIMEは、経路一覧に道路名や区間距離、高速道路料金なども表示してくれる大変強力なサイト。見た目もいい。だが、cookieの設定のせいか登録地点によってはうまく検索できない場合があり、ちょっと使いにくいことも。携帯アプリ版もあるが、使ったことがない。MapFanは、見た目もNAVITIMEより貧相だし、経路一覧で道路名を表示してくれないので、やや不親切か。だが、ラリーマップという機能があり、その機能を使うと、曲がり角毎の詳細地図を1ページで一度に見ることができ、なおかつその曲がり角からゴール地点までの距離も表示される。プリントアウトして携帯すれば大変便利そうな機能である。両サイトとも高速道路優先か一般道優先かの指定はでき、経由地の設定などもできる。使用は無料である。

追記:NAVITIMEでも、経路を検索し印刷ボタンをクリックするとMapFanでいうところのラリーマップが生成されます。しかもMapFanよりも見やすい!しかもしかも、知人宅でNAVITIMEを使ってみると問題なく経路検索できる。小生宅で起こる不具合はなんなんだろう・・・

日本の一般国道一覧 – Wikipedia
国道の番号、完ぺきな連番になってるわけじゃないのね・・・わずかだが欠番があるぞ。

きまぐれ雑記

自信がなくなったよ~

とぼやく友人Aを救うヒーローB、いつも自信に満ち溢れた彼にも実は弱点が・・・

って、いきなり何をとち狂ったことを書いておるのだろう。

シャンプーもリンスも洗剤も、本当は必要ない。みたいだ。

最近、こんな記事を読んだ。著者は、へたれ温泉アニメで一世を風靡したNieA_7のキャラデザイナーで、漫画版の作画としても活躍した阿部吉俊氏です。まあ記事とそのリンク先もちょいと読んでみてください。

小生宅では、デイリーポータルの記事を読んでから洗剤を1/3くらいに減らすことにしました。1/3にするようにしたというか、今までは軽量カップみたいなものでいちいち分量を計っていたのですが、目分量でちょっとだけ入れるということにしたわけです。んで、汚れが落ちなくなったとかいったことは感じません。そして、つい先日、シャンプーは要らないという記事を見つけたわけです。

まず一つ言えることは、リンク先の記事は啓蒙色が強くて、ぶっちゃけちょっと気持ち悪い。ひねくれものの小生にとってそれは盲目的な宗教家や病的な自然愛護家を連想させるので、言ってることは正しいんだけれどもなんか踏み切れないというか。そこで阿部氏の記事の登場ですよ。阿部氏も根っからのMac使いでペットにヘビを飼っているというかなりの変人っぽいですが、彼の絵は好きなのでそれはそれでいいのです。で、彼の記事はそれこそ体験談なので、ちょっとやってみようかなという気になってしまうわけで。んでもって髪を湯のみで洗ってみることに。うーむ、これでいいのかな?って感じでした。まあ健康にはいいのだろうし、続けることが肝心なのですな。

んで、やっと本題というか小生が思ったこと。シャンプーやリンスで髪を洗うことが身だしなみだと言う広告戦略云々ということは、まあもっともだな。それよりも、それに踊らされてる我々の感覚ってどうなってるんだろう。例えば、いい匂いのシャンプーや香水を付けている人に魅力を感じるとか、女性はお化粧をしないといけないとか、流行のファッションがかっこいいとか。まあ香りについては、たくさんの生物が匂いで異性をひきつけたりといったことはするし、派手な色でアピールしたりもする。ただね、人間の持つ「かっこいい」「ステキ」といった感覚って、今さらいうことでもないんだけどすごく社会的だし、他人指向的だし、局所的なんだよな。最近よく例に挙げているけど、クルマのヘッドライトが四角より三角の方がかっこいいと思うのはなぜか。純正のオレンジっぽい色より高効率タイプの青白いヘッドライトの方がかっこいいと思うのはなぜか。インチアップしたクルマをかっこいいと思うのはなぜか。『紅の豚』に出てくる豚野郎をかっこいいと思うのはなぜか。ラオウやサウザーをかっこいいと思うのはなぜか。その質は同じものだろうか?

@nifty:デイリーポータルZ:「カッコイイ」って何だろう会議

かっこいいって、実にくだらない感性からきているのかな。あ、くだらないというのは、普遍的、言葉を換えれば人間という種族が持つ共通の感覚とかそういうのではなくて、非常に個人的な嗜好(あるいは性癖)がそれをドライヴしているということ。それだったら、もっと自分が思うようなかっこよさを演じられたらいいのにと思う。仕事のときはこれを着なきゃダメとか、流行がこうだからこれはもう流行遅れとか、それもいいけど、小生はちょっとめんどくさくなったりとかしちゃうのね。それに、リンク先には「化粧をする人は別」と書いてあるけど、これが気になったんだよな。要するに、化粧を落とさなきゃならないから洗顔には洗剤が必要ってことなんだけど、結局はこういうこと。化粧をしなきゃならない人ってとりあえず日本の人口の4割はいるでしょ。化粧が必要なのも「成人女性は化粧をしなきゃいけない」ってことでしょ。いや、化粧が好きな人はいいけど、好き嫌い以前に求められちゃかなわんわな。そういう社会的必要性に縛られて、リンク先のような健康な生活はしにくいんだよ。まあそんな中でも、自分勝手にならない程度に自分らしさが欲しいもんだわさ。

全然関係ないけど、「人間、墓場まで持っていくものが一つや二つあるでしょう」という恐ろしい言葉をテレビで聞いた。つまるところ、誰にも言えない、そんでもって解決し得ない問題を一人で抱えたまま、死ぬまで生き続ける、それもまた真実、ということ。うーむ。でも、叩いてほこりの出ない人なんていないよな。そういうくだらないものを抱え込んで、生きてゆくのだな。ひらきなおりは大事。

きまぐれ雑記

弾圧って書くのはちょっと大げさかな。でも、やっぱり弾圧だなぁ・・・

事の顛末。職場の先輩が、個人ブログを持っている。そのブログは、会社の公式ウェブサイトから間接的にリンクされているので、その人は我が社の何某かということは、訪れた人には明らかというわけ。んでもって、そこそこ人気があるというか、我が社の関係者以外にも外部の人がけっこう見てるそうな。

で、その人が先日社内で起こったちょっとした揉め事について記事を書いたの。そうしたら、外部の人からクレームが入ったらしい。そのクレームを重く見た上層部は、その人に当該記事を削除するよう迫ったという。その人はそれを呑み、当該記事を削除した上で簡単な弁明を書くということと相成った。

上層部の命令は妥当だ、と考える同僚(というか先輩たちなのだが)が多いのだが、小生はちょっとそうは思えない。その人は一般にはあまり知られていない仕事をしているので、それ関係のネタはその人のブログの目玉商品というべきものであるという。んでもって、それ関係のネタを少しでも世間に知れることは、会社にとってもプラスであると小生は考える。件の揉め事も、人間関係のトラブルだとか致命的なミスとか、そういったものではないほんの些細な出来事だし、ネタ的にはむしろ面白いと思うし。その人の仕事を興味を持って見ている人にとっては非常に興味深く読めるネタだと思う。その人の書き方が誤解を招くようなものだったのかもしれないが、一方的に削除を求めるのは問題だと思うのだが。問題というか、その人のブログは我が社の知名度というか社会的認知の向上に貢献していると思うのだが、そのことを分かっているのだろうか。

とはいえ、上にたてつくような勇気は小生は持ち合わせていないんですけどね。せいぜい、当ブログでは余計な固有名詞なんかを自主規制するくらいしか・・・