きまぐれ雑記

すごくご無沙汰でしたが、2週間ほど長期出張に出たり、仕事しまくったりしてました。

そうそう、出張先のホテルにパソコンの電源コードを忘れちゃったんですよね。んで、着払いで送ってくれと電話を入れたんですね。そしたら、電話した翌々日の午前に届いたわけですね。たまたま日曜で久々の休日だったわけで、受け取ることができたんですね。そしたら、なんと送料が1160円。結構高いですね。こわいですね~おそろしいですね~というわけで、1160円払ってでも取り戻したいものでなければ、そのまま知らんぷりがいいですね。

そのほか、クルマのヘッドライトが球切れしたと思って新しいバルブを買ってきていざ取り付けようとしたらただの接触不良だったとか、出張のお土産がまだ部屋にたんまり残ってるとか、とほほですね。

とほほさんといえば、こちらのサイト。

とほほのWWW入門

ヘンなハンドルネームの人っているものですね。「ひいい」って人もいますよ。

ひいいの麻雀研究

きまぐれ雑記

教えて!goo 【ソフトバンク】誰かに勝手にローンで機種変更されました!

ソフトバンクは書面での請求書を発行してくれないというか、請求書をもらうのに金がかかる(携帯でネットに繋げないプランの契約者は請求書の発行は無料)という面白い会社なので、ソフトバンクをお使いの方は料金引き落とし口座の通帳やwebで請求額の確認を。というか、普通請求書は紙面だろ。紙資源の節約や経費削減といった観点から請求書をオンライン化してる会社は他にもある(小生が知ってる限りではカード会社など)けど、オンライン化特典としてポイントを多くもらえるとかいった特典が付くだけで、紙面での請求書発行に料金を取るわけではなし。

安かろう悪かろうを地でいくつもりか、ソフトバンクよ。ひろげよう、「ホワイトプランのワ」とかいってユーザーに金をばらまいて勧誘させるといったきもい事業拡大戦略なんてしなくていいから、質を上げてくれよ。ホワイトプランとか、他社に十分対抗できるいいサービスもあるんだから。

でも、小生のまわりにユーザーが多いんだよなぁ。

というか、質を上げればユーザーは自然と増えてくるのに、それが待てないということか?ということは、契約者を何でもいいからとにかく一気に増やし、ピークに達した時点で携帯事業をどっかに売却するという計画が水面下で進んでたりして。

きまぐれ雑記

死亡フラグとは – はてなダイアリー

ネタはあがってるんですよ!ただ、書く気力がないというか、写真をアップするのがめんどくさい・・・

そして、いま話題のこちら。
YouTube – 初音ミクたちに六甲おろしを歌っていただきました

きまぐれ雑記

ようやく、落ち着いてなんか書こうって気分になって、パソコンに向かったのに、今日のその時は、なぜか、サーバに繋がらなくって、結局断念した。ぎゃぼー。

ぎゃぼーといえば、のだめ。流行遅れを地で行く小生、知人より借用したのだめカンタービレを今さらのように読み始めました。ブラームスの交響曲第1番になぜか第3フルート、第3オーボエがいるとかそういう細かい突っ込みはともかく、なかなか面白いですわ。千秋が粗大ゴミに出したのだめのコタツを、のだめが拾って持って帰ってきたシーンでは、小生、一人で大爆笑。

話は変わるが、久々に尾崎を全曲聞いた。彼の曲はすべて彼の作詞作曲なのだが、編曲は彼ではない。んで、歌謡曲チックな編曲も結構あるんだな。混声合唱!みたいなコーラスが入ってたりとか。ファンキーな女性コーラス!とか、結構かっこいいのもあるんだけどな。それはともかく、彼はいったい何を表現したかったのだろう。確かに、「自由」だの「生きざま」だの、そんなフレーズは数知れず出てくる。晩年(といっても享年26だが)の曲にも。でも、彼も歌ってるが自由っていったいなんだ?反発する自由か?なんでも思い通りになるという自由か?

この道を行けばどうなるものか。危ぶむなかれ。危ぶむことを知らないというのは一種の才能だよな。そりゃ努力はするよ。でも、いろんなモノを捨てて得られる何か、その何かって、その人だけの価値なんだよな。

小松左京の文庫本を30冊くらい買った。全部古本で、100円。小松左京の本は、これで50冊くらいになったのか?小生の部屋中にうずたかく積まれつつある本とCD。なかなか壮観だ。平面には物が積み重ねられる、というのはマーフィーの法則だったろうか。

最近欲しいもの。これこれ

クルマ

カー用品って微妙というか、眉唾なものが多いです。安物買いの銭失いを地で行く小生だから微妙なクオリティのものばかりに出会ってるのかもしれませんがね。小生がマイカーを手に入れてからこの2年、いろんなカー用品を買ったり知人から譲ってもらったりして使いましたが、微妙な性能のもののなんと多かったことか。今日はそんな微妙すぎる物たちを紹介しちゃいます☆ので、購入なさるときは自己責任で。

まずは、100均の窓拭きシート。100均ってカー用品でも案外使えるものがあって、例えば滑り止めシートとか、ドリンクホルダーとか。小生100均LOVEっす。しかるに件の窓拭きシート。今現物が手元にないので詳細は省きますが、ウエットティッシュというか、お絞りというか、要するにあらかじめアルコールなどの薬品に浸してあるティッシュみたいなものです。これがぜんぜん使えません。どのように使えないかというと、窓を拭いたあと窓に白い膜のようなものがつきます!しかも油膜のようにかなりぎらつきます!!視界は最悪、落とそうと思ってもティッシュや乾いたタオルなんかじゃ落ちず、結局は濡れ雑巾でごしごしと落としました。雑巾を用意する手間を省くための窓拭きシートなのに、これでは本末転倒です。件の窓拭きシート、車から降ろしてお部屋の掃除用に使おうと思います。まぁ100均LOVEといっても、使えないものも多いですけどね・・・

続いては、メーカーは失念しましたがサイドミラーの撥水コーティング剤。これは知人に借りて数度使用しただけですが、これまた微妙・・・いや、実際効果はあるんですよ。本当に水滴がつかなくなるし。でもね、ミラーを見るためにはどうしても窓の水滴が邪魔になるわけで・・・それよりも!そのコーティング剤を使うとミラーがうっすらと曇った状態になった!言葉を変えると、ミラーってのは文字通り鏡面なんだけど、それがマットになったって感じ。しかも、そのコーティングは定着力が弱めなのか、ミラーを触ったりタオルで拭いたりするとコーティングがはがれるのね。はがれたところはもちろん水滴がつくし、冬なら当然雪がつき、凍りつく。それを取ろうとすればコーティングはおじゃんですよ。かといって放置すればミラーは汚れるものだし、雪は広がっていく。きー。

小生のクルマ、ドアバイザーがついてません。あ、ドアバイザーってのは開閉する窓の上についてるひさしのようなもので、風雨の室内への浸入を防いでくれるもの。なぜないのかというと、前オーナーが付けなかったから。あればとっても便利なのでヤフオクなどを物色中。ただね、クルマのデザインって星の数ほどもあるのに、どうしてドアバイザーの形ってほとんど同じなんだろう。色も茶色というか、紫というか、イケてない色ばかりだし、いかにも後付しましたって感じの取り付け方ばかり。なんか、もっとボディと一体化したようなイカしたドアバイザーってないものかしら。まあそういうレベルのモノになれば、バイザーはオプション品ではなく当然標準装備のものになるでしょうね。というか標準装備にして、ドアと一体感のあるデザインというか成型のバイザーを作ってくれよ!頼むよ!!

そして、昨日の大雨の折に購入した撥水コーティング剤。その名もアメットビー(スプレータイプ)。近所の某カー洋品店でディスカウントしてたので買ってみた。スプレータイプのいいところは、とにかく手軽なこと。塗りこみ式は窓をきれいに洗い完全に乾かすなど手順が要るが、スプレー式は雨の日に窓に向かってスプレーするだけ。そもそも撥水性能が必要なのって雨の日だもんね。ウォッシャー液を撥水効果のあるものに変えるという方法もあるが、それだと何か不都合が出たときのフォローが非常に煩雑なので小生的には×。んでもって、スプレーの効果は絶大であった。ただね・・・撥水コートってのも一種の油膜なので、何もつけない時よりは視界に影響するんだよね。例えば、ワイパーを動作させたときに一時的に白い跡ができたりとか、ワイパーがビビりやすくなったりとか。なんか、カーケア用品って完全に満足できたためしがないんだよなぁ。というか、時には「こんな未完製品でだますような商売をするな!!」と思ってしまうことも。はぁ。

きまぐれ雑記

休日の過ごし方ってときどき悩みます。待ち望んだ休日なのに、ただうちでゴロゴロするだけの日。疲れてるから?まあそうかもしれないけど、それが小生の待ち望んだ、休日なのかと思うとちと切ない。とはいえ、身体も気も重くて外出する気になれない時もある。そんな日、無為に過ごしてしまった日の夕方、太陽と共に暮れゆく一日を思うと、時々だけどね、なんかいや~な気分になることとかあって、そんな気持ちを明日の仕事に持ち越していくのかって思ってしまったり。

まあ小生これでも四半世紀以上は生きてきたので、この重たい気持ちを少しでも軽くする方法も少しは知ってるというか経験的に知ってる。何でもいいから、身体を動かして何かすること。でもこれが難しいんだな。

かもめ食堂 – Wikipedia

本日はひょんなことからこんな映画を見た。映画というかDVDだけどね。内容の説明は面倒というか時間がないから省略。映画を見るのも憂鬱にはけっこう効く。なんでかな・・・どんな些細なテーマの映画だって、その主人公みたいな生活はできない、それは分かってる。いわんや、SFやサスペンスやクラシック映画の主人公をや。でも、小生やっぱ気分屋なんだな。映画を見て、登場人物の生き様を見て、そんな風になりたいと思ったり、でもなれるわけはないと諦観したり、テンションは常にハイとローの間を彷徨う。でも、なんか、ちょっとしたことなんだけど、暗いモヤモヤしたものが少しだけ晴れたりなんかする。中原中也の『曇天』という詩に出てくる、空にはためく黒い旗。それが、その存在を、ちょっとだけ忘れられる、ってことなのかしら。なんか大槻ケンヂみたいな文章になってきたけど、現実逃避っぽいけど、それもいいじゃない。くっだらねぇ悩みを、ちょっとだけ忘れられる。忘れられるというか、その悩みを、くだらない悩みだと思えるようになるってことなのかな。う~む。

きまぐれ雑記

というか、小生は何を期待して行ったのだろう。いやむしろ、それでもガイナックスなら、ガイナックスなら何とかしてくれる!って感じで、虚心だったような。そういうわけで、ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序を見に行きましたのでございます。

・・・いちおうネタバレなので、続きは下のリンクから。

きまぐれ雑記

小生の携帯はauのW52Hですが、各キャリアのおサイフケータイっていろんな名前があって何がなんだかさっぱり。とりあえず小生が調べた範囲で用語なんかを列挙してみます。

  • おサイフケータイ – FeliCaチップを内蔵した携帯電話のこと、またそのサービス。システムの開発を行ったNTTドコモの登録商標。
  • FeliCa – 要するにおサイフケータイの機能を担っているICチップのこと。

  • Edy – プリペイド型電子マネー。1回のチャージは25000円まで。1つのEdyカードやおサイフケータイにストックできるのは50000円までだが、一度の決済でおサイフケータイおよびEdyカードを合わせて5枚まで使用できるので、最大25万円までEdy決済が可能となる。決済時の音は、公式には「シャリ~ン♪」だが、小生には「しゃら~ん」と聞こえた。参考:コトノハ – Edy利用時の音は「シャリ~ン♪」ではないと思う
  • QUICpay – リンク式ポストペイ方式を採用し、決済金額は関連付けたクレジットカードから引き落とされる。1回の買い物の上限額は20000円。サインレス。
  • iD – ドコモのみ。リンク式ポストペイ方式。10000円以下はサインレス。10000円以上は暗証番号入力。利用限度額はカードと共通。
  • eLIO – eLIO加盟店、とどのつまりeLIOの使えるサイトで使える。ネットショッピングにおいてクレジット決済が簡単にできるが、PCにFeliCaポートかパソリが必要。カード番号を入力しないためセキュリティが高いとのこと。
  • PaSoRi(パソリ) – ソニーが製造・販売しているパソコン用FeliCaリーダ・ライタの商品名である。本機器を用いると、パソコン上にて FeliCa 内蔵カードやおサイフケータイのデータを読み出したり、書き込むことができる。パソコンにはUSB で接続する。ソニー製のパソコンにはFeliCaリーダ・ライタを内蔵したものが多いが、それを外出しにした機器といえる。(Wikipediaより抜粋というかそのままコピーペーストしました)

小生の携帯にはedyとQUICpayとnanacoを入れて使ってます。あ、nanacoの決済時の音は公式には「ピュリーン」だし小生も以前そう書いたが、最近はどうも「ぴょよよ~ん」と聞こえる。ともかく、サンクス、ファミマはEdy対応、ローソン、セイコーマートはQUICpay対応、もちろんEdyもQUICpayも他の膨大な量の加盟店で使える。iDはファミマ、ローソンで使えるし、もちろん大手の家電量販店なんかでも。また今年8月23日よりローソンではEdyが全国で順次対応になるとのこと。しかるにnanacoは?セブンイレブンでしか使えないし、チャージもレジのみで専用端末などはまだ導入されていない。つまり、nanacoでキャッシュレス決済するためにレジに並んで現金を取り出しチャージしてもらわなければならないということ。今年10月1日からは全国のセブン銀行新型ATMにおいて、nanacoカードならびにnanacoモバイルの現金チャージと残高確認サービスを開始する予定らしいが。もちろん、特定商品をnanacoで決済するとボーナスポイントがもらえるといったキャンペーンもあるが、勝ち残っていけるか!?キリンのナナコよ!!

現金でチャージってのは、財布からお金を取り出さないといけないから結局面倒なんだよね。パソリも持ってないし。しかるに小生、Edyはクレカから携帯へチャージしてるから、チャージでクレカのポイントゲット、並びにEdy決済でマイルゲットしてる。これは現金のみで支払うよりお得だし、キャッシュレスって感じがするね。でもでも、レシートをしまうときは財布にしまうことが多いから、結局財布をポッケから取り出してるんだよね。クレカ使うときなんかもね。うーん、なんかスマートじゃないな・・・

リンク式ポストペイ方式の限度額は、リンクさせたカードと共通なのでご注意をば。例えばカードの利用限度額が30万円だった場合、カードで25万、iDで10万という使い方はできませぬ。これはEdyチャージをクレカから行った場合も同じ。クレカからのEdyチャージはもちろんクレカ使用と同様の締め日や引き落とし日となるので、計画的なご利用を。

お手軽さとセキュリティって当然だけど相反するんですよね。小額決済ならサインレスとかね、そういうこと。小額のラインをどこに設定するかといったさじ加減は難しいですな。サインや暗証番号ではなく、生体認証といった堅牢な認証システムがもっと普及すれば、お手軽さはもっと増していくんだろうなあ。

きまぐれ雑記

遠い昔、甲子園の土は黄砂と鳥取砂丘の砂をブレンドしたものだと聞いたことがあったような。当時は調べるすべもなかったものだが、現在は違う!教えて!ウィキペディア!

阪神甲子園球場 – Wikipedia

内野グラウンドは独特の黒土である。鹿児島、鳥取、大分など日本国内の黒土と中国福建省の白砂をブレンドしている。季節の雨量や太陽光量などを考慮し、春は白砂を多く(黒土5.5:白砂4.5)、夏は黒土を多く入れる(黒土6:白砂4)などしてブレンド具合を変えている。内野で激しい動きを見せるボールの行方を、球場観戦者にも見えやすくするための配慮である。

なるほど、あながち間違ってなかったというわけですね。って、鳥取と中国というキーワードしかあってないじゃんね。高校球児たちによって大量に持ち去られる甲子園の土ですが、毎年どれくらい補充されるものなんでしょうか。そういえば、小生の実兄が甲子園に出場したので、小生の実家の実兄の部屋にはナイロン袋に入れられた甲子園の土っぽいものがあったと記憶してます。その正体について実兄に尋ねたことはいまだにありませんが。そういえば、小学校の頃、道徳の教科書に甲子園の土をめぐるお話があったと記憶してます。親父が小ビンに入れて大事にしていた甲子園の土を故意に捨ててしまうというお話。切ないですね。まだ覚えてます。

高校野球-問題点 – Wikipedia

さて、元高校野球関係者の小生にとってはなんともフォローしがたい事実なんかが書かれていますので興味のある方は読んでみてください。昨日の記事には悩んだ末書きませんでしたが、そこにいるのは過剰な精神論で突き進む美しくも愚かな高校球児たちです。それを取り巻く大人の利害関係です。とりあえず、打者走者の一塁へのヘッドスライディングは百害あって一利ぐらいしかないので止めた方がいいというか、普通に駆け抜けた方が絶対に早いと思います。ヘッドスライディングはタッチプレーになったときに効果があるかないかくらい、あとは一塁手が捕球時にベースから足が離れる可能性が増えますがそんなことを狙うのは邪道じゃのう。なお、これは元高校野球関係者だった頃から持っていた考えです。あと、真新しいグラブで守備をするのは自殺行為だから止めた方がいいというか、おまえら、使い慣れたグラブで出場しなさい。