サイトを移転した際は、トップページに「移転しました」的なメッセージと新URLを掲載するのが定番ですが、これだと訪問者はわざわざ新URLをクリックしないと新サイトに行けません。また、ブックマークや検索結果などからトップページではなく個別のページに飛んだ場合は、訪問者がサイト移転に気づかない場合もあります。そんなときに有効なのが、自動で新サイトに転送してしまう301リダイレクトというものです。

301リダイレクトとは?サイトリニューアル時に必ず設定したい.htaccessの記述方法 | デジ研

301リダイレクトを設置することで、訪問者のアクセシビリティを向上させると同時に、SEO対策にもなります。弱小サイトとはいえ旧サイトには日に数十~百ほどのアクセスがありました(ほとんど検索ロボットでしょうがね)。301リダイレクトを設置しておくことで、そのアクセスをすべて新サイトに引き継げるというわけです。

WordPressで301リダイレクトを.htaccessで行う方法とは | PHPラボ

301リダイレクトを設置する作業をしましょう。具体的には、301リダイレクト設定を記述した.htaccessファイルを旧サーバーの適切な位置にアップロードします。

小生の場合、旧サイトと新サイトはwordpressの構造は全く同じで、ドメインのみが異なります。ですので、旧サイトのwordpressルート、またそれより下層に来たアクセスをそのまま新サイトのwordpressルート、またそれより下層の対応するアドレスに飛ばせばよいわけです。というわけで、301リダイレクトの書き方は以下のようになります。

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On

# ドメインを変更
RewriteRule ^(.*)$ https://hermitcrab.mixh.jp/$1 [R=301,L]

</IfModule>

これを記述した.htaccessファイルを、旧サイトのwordpressルートフォルダにアップすればOK!設置したら動作確認しましょう。

余談ですが、旧サイトを運営していたサーバーrosx.netはデフォルトで.htaccessが使用できたのですが、サーバーによっては申請が必要だったり、そもそも使用が許可されない場合もあります。お使いのサーバーの仕様をよく確認しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)