北海道に212市町村あるということを知ったのは、水曜どうでしょうの企画「北海道212市町村カントリーサインの旅」を見てからのこと。

その企画が行われたのが、1997年。平成でいうと、平成9年。

確かにその当時は、北海道には212市町村あった。

平成の大合併を経た今はどうか、というと、北海道のサイトを見れば分かるとおり、180市町村。ずいぶんと減りましたね~よくよく見ると、伊達市や釧路市、日高町は飛び地が出来てますし、八雲町(渡島)と熊石町(檜山)が合併して八雲町(渡島)となり、檜山支庁は二つに分断されたり。道のサイトにはPDFのイメージもあるので、ぜひお手元に一つプリントアウトしたものを持ち歩いてはいかがでしょう。小生もそうします。

参考:支庁再編・市町村合併 | 北海道雑学百科ぷっちがいど
参考:北海道の旅 カントリーサイン 市町村合併とカントリーサインの変更

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)