自転車のチェーンはどれくらい伸びている?チェーンチェッカーでチェックしてみたよ!

自転車工具

プレスポ"若草号"の走行距離が8,000kmを超えました。

CATEYE CC-MC200W 外装はボロボロですが元気に動いています

速度や積算距離を計測しているサイクルコンピューターは、いろいろ浮気しつつ、最終的には最初に買ったキャットアイCC-MC200Wに落ち着いています。

8,000kmって・・・札幌から下関まで陸路で行くと約2,000kmですから、ざっくりいうと札幌ー下関を2往復する距離ですね。

これだけ走っていると、回転系の摩耗が気になります。

ホイールは手組に交換しハブを定期的にクリーニングしてます。

BB(ボトムブラケット)、チェーンリング、リヤスプロケは交換済みなのでとりあえずOK。

気になるところは・・・フロントフォークの分解掃除を行ったのは2017年のこと。リヤのプーリーは購入時のまま・・・

そしてチェーンは、2015年に交換したまま。当時の記録によると、この時点での走行距離は2,000kmくらいだったようなので、新しいチェーンで6,000kmくらい走ったことになります。

チェーンは、走行距離が延びるにつれて各部が摩耗し、伸びてきます。伸びてくると、変速性能が下がってくるほか、チェーンリングやスプロケなど各部の過剰な摩耗に繋がります。チェーンの交換時期は5,000kmくらいが目安だそうですが、本当に伸びているかどうかを計測する工具がありますので、買ってみました。

小生が購入したのはこういう見た目のもの。

SIMANO純正の工具が普通に流通しています。

こんなものも販売されています。BIKE HANDは安価な自転車工具で有名で、小生もスプロケ外しを所有しています。

小生が購入したのは、TOOPREという中華メーカーのもの。Aliexpressで数百円で購入したのですけど、送料込で支払った総額と届くまでの日数を考えると、上のBIKE HANDのものを買えばよかったw

このようなパッケージに入っています。

工具の使い方は本体に刻印されています。手順は簡単で、工具の右下のフック状の部分をチェーンの隙間に固定して、左下の爪をチェーンに差し込み、差し込み可能な量で計測します。

先端部分が少ししか入らければ0.5%以内の伸びなのでまだまだ使用OK、爪の中ほどまで入るようなら0.75%ほど伸びているのでそろそろ交換を考えましょう。爪がすべて入ってしまうようなら1%伸びているのですぐに交換、という判定ができます。

チェーンチェッカーはその名のとおり計測具なので、廉価品とはいえある程度の精度が必要です。この製品はおそらく2mm厚のステンレス板を型で打ち抜いただけの製法だと思いますが・・・

板自体が平面ではなく、少し反っていました。これでは計測値に誤差が出てしまいかねません。

2mm厚のステンレスってとっても硬いんですけど、力ずくで曲げて、これくらいまで平面に戻しました。これ以上の修正には、万力などの大型工具が必要です・・・

若草号のチェーンを計測してみると・・・!!

やはりというか、チェッカーの爪はチェーンの隙間にすっぽりと収まってしまいました。チェーンは1%以上の伸びがあり、交換時期に来ていることが分かりました。

前述のとおり、若草号のチェーンを交換したのは2015年で、今から6年も前のこと。チェーンはKMCのシルバータイプを取り付けました。コネクトピン周辺を少し錆びさせてしまいましたが、サビが出たのはたしか交換した直後で、まだ自転車整備をうまくできていなかった頃だと思います。それ以降、掃除と注油を丁寧に繰り返したことで、屋外保管にもかかわらずこの程度のサビで6年間運用できました。

ところでひとつ気になるのが、この工具の精度。小生は当たり前のようにこの工具の精度を信じて、若草号のチェーンは交換時期であるという判断をしましたが、この工具がきちんとした精度で作られているかどうかは、精度の出ている他の製品と比較しないと厳密には分かりません。

ただこの工具の精度をチェックするために他のチェッカーを購入するなら、最初からそのチェッカーを使えばよいわけでw

正確性には多少難ありですが、小生がとった次点の方法は、そんなに距離を走っておらず伸びていないと思われるチェーンを、このチェッカーで測定してみること。交換時期ではないと判断されれば、このチェッカーは伸びたチェーンとそうではないチェーンをそれなりに見分けられることになります。

というわけで、ロードバイクのメック(MEKK)"ピネロロ"のチェーンにチェッカーを当ててみたのがこちらの写真。ピネロロは10速チェーンなので、若草号のような8速チェーンより各部パーツが薄く、より短い4,000kmくらいが交換時期と言われます。ただピネロロの走行距離はおそらく1,000km程度だと思うので、交換時期には程遠いはず。

測定結果は見てのとおり。チェッカーの爪は先端が僅かに当たる程度なので、交換時期ではないと判定できました。

ママチャリ"青号"のチェック結果はこちら。

青号のチェーンも表面にサビが浮いてしまっていますが、チェーンの伸びはほとんどありませんでした。青号も毎日のように稼働しているものの走行距離はわずかですので、この程度の伸びで済んだようです。まあサビがプレート内部まで浸透してしまったら、伸び量に関わらず交換しなければなりませんが。

今更ながらチェーンチェッカーの仕組みを説明すると、チェーンは運用を続けるにつれて各部が摩耗し、特に回転部分の軸が細くなったり受けの穴が太くなったりすることで伸びていきます。上の写真をみてみると、右端のチェッカーがあたっている部分を基点に、左方向に伸びていく、ともいえます。青号の場合は、左側の爪がそのすぐ左側のローラー部分につっかえてそれ以上深く刺さらないですけど、チェーンが左側に伸びていくとローラーが現状より左に行ってしまうので、つっかえがなくなり爪が深く刺さってしまう、ということになります。これが若草号のチェーンの状態です。

ですので、チェーンがもっと伸びていくと右側のローラーに当たって爪が刺さらなくなる、ということも考えられますが、流石にそこまで延びるとスプロケの歯に収まらなくりそうですし、そうなると自転車として運用することはできなくなっていることでしょう。

ちなみにチェッカーの上にクワガタムシのように突き出している部分は、チェーンを切ったり繋いだりする際にチェーンに引っ掛けて保持するために使います。

この工具の信頼性を確かめたところで、若草号のチェーンを6年ぶりに交換することにします。

安価な工具なので、みなさんもこの工具で愛車のチェーンをチェックしてみてはいかがでしょうか。

関連記事:

自転車工具

Posted by Hermitcrab