王子ペーパーライブラリー

仕事で紙を買ったんだけど、その時に貸してもらった紙の見本帳。いろんな紙がいろんな厚さで綴じてある・・・というか、そのものだから。普通商品を選ぶ時に見るカタログ、紙に製品の写真やら情報が印刷されているものなんだけど、紙の見本帳は商品そのものだから。

見本帳って、タダでもらえることってあるのかな~って考えて、いろいろ調べてみた。

王子製紙の紙たち – ■ Rel-ishスタッフブログ ■
製紙 | Cekilala セキララ | デザインやイラストレーションなどの制作

どうも、銀座にある王子製紙の本社ビルの1階にあるらしい。見本帳もいろいろもらえるらしい。中には厚さ2センチくらいの見本帳もあるとかで、これはぜひ手に入れねば。


見本1
で、さっそくもらってきた。いちばんおっきいのが書籍総合見本帳。右のがOPL Colorful シリーズ見本帳全7色。下がクラフト紙見本帳
見本2
全部で数Kgにもなり、旅の途中に立ち寄るにはちょっと荷物になります。一応、紙の袋も置いてあって、それに入れて持ち帰れるようになってます。ちなみに、「ご自由にお取りください」って感じで置いてある見本帳はクラフト紙見本帳だけで、その他は受付に行かないともらえない。書籍総合見本帳にいたっては展示スペース内に紹介もされていないので、あらかじめ調べていないと存在に気付かない。まぁ無料配布とはいっても、経費だってかかるだろうし王子さんの方から積極的に配るものでもないでしょうからねぇ。でも、こっちとしてはもらうものもらったかどうか不安になるので、あらためてもらえる見本帳についてチェックしてみよう。

王子ペーパーライブラリー ご利用ガイド|Designer’s Paper Forum

下の方にライブラリーで配布している見本帳についてという箇所があるので、ここをチェック。。。なんと!OKアドニスラフ・シリーズ見本帳というのをもらい損ねた!!いや~小生の頭の中には確かに一番おっきな見本帳しかなかったけど、でもこの見本帳については展示スペースにも一っ言も書かれてなかったもんなぁ。いや~しくった。また今度もらいに行こうっと。あ、引き出しにはいっている個別のサンプルは、収納するための箱も用意されてはいるがもらい始めると収拾が付かなくなるので今回は入手を見送りました。

えっ?お荷物になるほどそんなにもらって何に使うって?バカ言っちゃいけない。どんな物だって、創作活動のネタになるんですよ。紙からイマジネーションを膨らますこともあるんですよ。えっ、ブログのネタにしたかっただけだろって?バカ言っちゃいけない。紙にこだわると恐ろしいですよ。水曜どうでしょう写真集2は紙にまでこだわって作られましたよ

やっぱりね、本とかね、目だけじゃなく、手触りなんかでも楽しめるわけ。めくる時の音だって楽しめるわけ。そういうのって、電子書籍じゃ味わえないんだよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)