7artisans LM-Eマウントアダプタを試してみた。他社製品との比較も。

写真・カメラ7Artisans

7Artisansのレンズには、やっぱり同メーカーのマウントアダプタだよねっ!

7Artisans製のヘリコイド付きマウントアダプタで、ライカMマウントレンズをSony Eマウントに変換し、α7IIIに取り付けることができます

小生はすでにマウントアダプタを2つ運用しているのですけど、やはり使っているレンズと同じメーカーのマウントアダプタを使ってみたい!ということで、50mm F1.1と同じ7Artisansのマウントアダプタを購入した次第。

7artisans LM E Close Up Focus Adapter Ring Second Generation for Leica M Mount Camera Lens to Sony E A7 A6 A7R A7II A7M Camera|Lens Adapter| – AliExpress

Amazonで流通していることもあるようですが、到着まで時間がかかるのと送料が高いので、いつものAliexpressで海外通販しました。

実際に使ってみると、以前所有していたものよりかっちりとしたフィーリングで気に入りました!

化粧箱には均摄环と書いてありますね。英訳するとClose-up Ringとなり、要するにヘリコイド付きマウントアダプタです。

型抜きされたスポンジに包まれていました。

商品名が刻印されている側面。

前後のキャップが付属します。

ライカMマウント部はこんな感じ。$60程度とは思えない、すばらしく精度の高い造形です。

シリアル番号も刻印されていました。

普通の状態だとこの程度の厚みですけど・・・

ヘリコイドを繰り出すと5mmほど厚みが出て、より近くにピントを合わせることができるようになります。

ヘリコイド(螺旋ねじ)の工作精度も高い!

α7IIIに取り付けてみました。以前購入したPixcoのものより小ぶりでシンプルです。

7Artisans 50mm F1.1を取り付け。アダプタとレンズは同じメーカーのためおさまりも良いです。

分かりづらいかもですが、ヘリコイドを繰り出すと下の写真のようになります。検証はしていませんが、公式サイトによるとこのレンズで35cmくらいまで寄れるようになるとのこと。

レンズとアダプタだけだとこんな感じになります。

アダプタ単体の重量は実測87gでした。

右のPixco(パシュポ)と左の7Artisansとの、同じ役割のマウントアダプタ比較。

7Artisansの方がリング部分が小ぶりで、ライカMマウント部分の造形もしっかりしています。

繰り出し量はわずかですがPixcoの方が多いかもしれません。

肝心の使用感について、Pixcoの方はヘリコイドを繰り出したときのガタツキが気になっていたんですけど、7Artisansの方もちょっとガタつきますがPixcoほどではないですね。全体的にシンプルな見た目ですので、これからライカM→Sony Eマウントアダプタを購入する方は、7Artisansの方を購入することをおすすめします。

もちろん、オートフォーカスが必要ならTECHART LM-EA7一択ですが。

以前、マウントアダプタの輸入代理店である焦点工房さんから、このヘリコイド付きマウントアダプタとそっくりなアダプタが販売されていたのですが、現在はヘリコイド無しのみになっているようです。Amazonのレビューはヘリコイド付きと無しとが混在していて間違えて買ってしまう人がいるなど若干のカオス状態。ヘリコイド付きを再販してもらえると良いですね。

関連記事: