【TECHART LM-EA7】ライカMマウントレンズがオートフォーカスする神アイテム!!

ガジェット, 写真・カメラ7Artisans

最近おむかえした7Artisans 50mm F1.1は、ピントも絞りもマニュアルです。

マニュアルフォーカスは慣れないととっさの操作が難しいのと、急いでピントをあわせたい時にはやはり慌てますね。オートフォーカス機構は基本的にレンズに内蔵されているものなので、マニュアルフォーカスのレンズはどこまでいってもマニュアルフォーカスレンズなのですけど・・・

なんとこの世には、オートフォーカス機構を内蔵したレンズマウントアダプターがあるのです!

それが、TECHART(テックアート) LM-EA7だッ!!

マウントアダプターとしては高価なアイテムですけど、7Artisans 50mm F1.1に限らずあらゆるライカMマウントレンズにオートフォーカス機構をアドオンできることと考えると、実質タダといえるでしょう!

マウントアダプター内のヘリコイドを内蔵モーターで動かすことでオートフォーカスを実現しています。

小生はAliexpressで購入しましたので、到着まで少し待ちました。

TECHART LM EA7 AF V6.0 Adapter Lens Adapter Auto Focus Adapter for Leica M Camera Lens to Sony NEX A7RII A6300 A9 A7SII Camera|Lens Adapter| – AliExpress

中華通販は外箱がボコボコになって届くこともありますが、今回はきれいな状態で届きました。

ボール紙でできたしっかりとした箱に収まっていました。

フロントキャップ側。

リアキャップ側。Eマウントと刻印されています。

底面にはL.J.Pのロゴが。日本国内で流通している焦点工房取り扱い分には、S.T.K.Bというロゴが入っているそうです。ShoTenKoBoですね。

オートフォーカス機構が、下の四角い部分に入っています。

前後キャップを取り外してみました。カメラボディ側に電子接点が付いています。

本体は総金属で剛性感があります。

α7IIIに取り付けました。

マウント面はピッタリとフィットしています。

マウント下部のAFギミックはα7IIIより出っ張っています。

工作精度は非常に高く、リリースボタンの出来もとても良いと思います!

正面から見たらこんな感じ。マウント下部が地面と擦れそうなので、パーマセルテープで養生してみました。

何かと使えるテープです。量が多いので価格も少し高いと思われるかもしれませんが、メートル単価で考えると決して高価ではありません。一つ持っていると重宝しますよ。

比較記事も書いていますのでよろしければ↑

デザイン的に違和感はありません。

AFを動かすと、これくらいまでマウント面が前面に繰り出します。

繰り出し量は実測で約4mmでした(公式なスペックでは4.5mmとのこと)。Pixcoのヘリコイドつきアダプタは6mmほどの繰り出し量がありますので、それよりは寄れない、ということが予想できますね。

見えづらいですが、マウント下部のこの部分が稼働し、マウント面が前後に移動します。

7Artisans 50mm F1.1に取り付けるとこんな感じ。レンズ側もピッタリと嵌まります。

レンズとマウントアダプタは、セットで持ち歩くことになりますね。

LM-EA7にはシリアルナンバーが付いています。

7Artisans 50mm F1.1LM-EA7とをα7IIIに取り付けました。剛性感バッチリで、ガッチリと取り付けられます。

オールドレンズではありませんが充分にクラシックな見た目の7Artisans 50mm F1.1ですけど、α7IIILM-EA7の組み合わせで快適なレンズに!

デフォルトではこの状態ですが、

AFを操作しマウント面が最大まで繰り出されるとこんな見た目に。この状態でも、マウントのグラつきもほとんどなく、安心感があります。

マウント面をモーターで前後させるため、副次的な効果として、ヘリコイドつきマウントアダプタと同じく最短撮影距離を短くすることができます。検証の結果、最短撮影距離は約46cmとなりました

LM-EA7は約4mmの繰り出しで、Pixcoの約6mmより繰り出し量が小さいため、Pixcoほどは最短撮影距離が縮められない、ということも分かりました。まあレンズ単体の最短撮影距離は約76cmですから、充分縮められていますけどね。

撮影画像はこんな感じ。補正レンズなどは入っていないため、レンズの性能をそのまま記録することができます。

というわけで、マニュアルフォーカスレンズは手動でピント合わせをしないといかん!という方以外のすべての方に、LM-EA7はおすすめしたいです。ライカMマウント→Sony EマウントのAFモジュールは、世界中でもこの製品だけのようですので、気になっている方はディスコンにならないうちに手に入れましょう!

ちなみにLM-EA7には便利な設定や運用にあたって知っておいたほうが良いことがあります。付属の取説に書いてあるのでしょうけど英語ですし、こちらのサイトに詳しく書いてあるのでありがたく参考にさせていただきます。

関連記事: