ケーブル沼にはまって買い集めたカラフルなケーブルが、羽生結弦選手の衣装に見えてきた。

ガジェット, きまぐれ雑記, 音楽

なにを言っているかわからないと思いますが、こちらの写真をご覧ください。

Shanling Q1(深緑色)+シルバー&ブルー&グレーのケーブル+CCA C12(ゴールドカラー)の組み合わせ。2014-15シーズンNHK杯の羽生結弦選手のフリープログラム「オペラ座の怪人」の衣装に近いものを感じます。

イヤホンにデフォルトで付属しているケーブルは、音質的にも色合い的にも今ひとつなことから始まった小生のリケーブル探し。これまでいくつか書いてきたとおり、探せば星の数ほどのイヤホンケーブルが流通しているのですが、小生の目にとまるのは華やかな色のケーブルばかり。音の変化以上に見た目で楽しむのが小生のリケーブルライフとなっています。

見た目でも楽しむといえば、フィギュアスケート選手の衣装ですよね。ちょうど録画してあったNHK杯の羽生結弦選手特集をテレビで再生しながら、一緒にイヤホンの写真を撮ってみました。

ゴールドパーツがアクセントになった衣装は、CCA C12に通じるものがあります。

Shanling Q1+シルバー&ブルーのケーブル&KB AS06の組み合わせ。AS06はシルバー&ブラックカラーですので、この組み合わせは2019-20シーズンNHK杯のショートプログラム「秋によせて」の上下衣装に近いと思うのですがどうでしょうか?

優しさと情熱を静かに燃え上がらせるような、神秘的なエネルギーを感じます。

Shanling Q1+シルバー&レッドのケーブル&KZ AS06の組み合わせ。2010-11シーズンのNHK杯のフリープログラム「ツィゴイネルワイゼン」の衣装に合わせてみました。このケーブルは銀メッキ線と純銅線のミックスで、全音域において突き抜けるようなパワーと解像感が特徴。シニアデビュー戦を必死に戦っている若雉子の力強い羽ばたきを思わせます。

ケーブル沼の住人には、自らケーブルを編むという猛者もいるそうです。今シーズンのOrigin衣装柄のケーブルとか欲しいんですけど無いんですよね。ラメ入りブラック、ゴールド、シルバー、ディープパープルなどの線材があれば作れるのでしょうか・・・?あるいは、ブラック、パープルなどはイヤホンに、ゴールド、シルバーをケーブルに振り分けるとか??うーむ、イヤホンも含めまだまだ研究不足でした。。。羽生選手はカスタムIEMもたくさん持っているほどイヤホンなどにこだわりを持っているそうで、ぜひケーブルのプロデュースもお願いしますm(_ _)m

関連記事: