【聖地巡礼】厚別川を挟んで見つめ合うおりひめ像とひこぼし像。雅楽戦隊ホワイトストーンズのロケ地を訪ねた。

たび旅

札幌市白石区を舞台にしたHTB制作の戦隊ドラマ「雅楽戦隊ホワイトストーンズ」は、今まで知らなかった札幌の歴史、特に白石区の歴史を伝えるものでもありました。そのひとつが、仙台藩の白石城主、片倉小十郎の家臣の人々が移住したことに白石区の始まりがあり、そして平成元年に厚別区ができ分区したこと。

白石区と厚別区は、厚別川を境界として2つに別れました。川を挟んで離ればなれになる・・・まるで織姫と彦星のように・・・ということが由来かわかりませんが、厚別川を挟んでおりひめ像とひこぼし像が向かい合って建てられています。

場所は、厚別通と厚別川の交わるあたりです。

これがおりひめ像。厚別川の東側、厚別区側の河川敷に建てられています。

雪原にぽつんと寂しそうですが・・・

視線の先、白石区側に立つ2本の木の間には・・・

ひこぼし像があります。

こちらもぽつんと建っていますが・・・

対岸にはおりひめ像が!

このあたりは泥炭地で、かつては水はけも悪く開拓者を寄せ付けない厳しい地域だったそうです。現在は静かな住宅地となっています。

白石城家臣団入植のくだりはドラマ本編第1話で、おりひめ像とひこぼし像のエピソードは、ドラマのエンディング曲でホワイトストーンズにより朗々と歌い上げられています。Amazonプライム会員は無料で見られますのでぜひどうぞ!若き日(でもないけど)の鈴井貴之、大泉洋ほかTEAM NACSメンバーにも会えますぞ!

さて次は・・・菊水円形歩道橋に行ってみようかな!(雪が解けたら)

つづく?

たび旅

Posted by Hermitcrab