きまぐれ雑記

「理由と膏薬はどこにでも付く」と言ったのは確か宮崎駿氏だったか。ずいぶん前に「もののけ姫」製作に密着したドキュメンタリー番組で、御大が言っていた。ふと検索してみると、ことわざはちょっと違ってた。

ことわざ・理屈と膏薬はどこへでも付く

「理由」ではなく「理屈」が正しいようだ。小生が「理由」と聞き間違えたのか、それとも御大が何らかの含みを持たせた上でわざと「理由」と言ったのか、それは定かではない、というか映像が残っていないため検証のしようがない。ただ確かなことは、小生は「理由」と覚えていたということだ。

ことわざとしては、「結果に対するでっちあげ」みたいなニュアンスがあって悪いイメージだけど、御大は、自分がしたいこと、例えば演出イメージなどを通すためにとにかく説得しまくる、みたいな感じだったと思う。

ともかく、なにかちょっと無理なことをやりたいとき、とにかく理由を付けて納得させる。これビジネスの一手法だと思うのだけど、それって自分の中でもたぶんよくやってることだと思う。例えば、この服買いたいなー、でも高いなー、なんて時、「いや!これは一生ものだから」とか、「これでライバルに差をつけるんダ!」とか、自分を納得させる理由を付ける。往々にして屁理屈でもあるんだけど、でも普通の人間は、つじつまが合わないことをすることができないようにできているから、屁理屈をつける行動というのはある意味とても人間らしい行動と言えると思う。中学生くらいの時に習う保健体育で、適応について習ったことがある。

防衛機制 – wikipedia

前置きが大変長くなったけど、最近小生が付けた理由。Androidスマホを持っていて、それでネットも見られるし、多少音楽も聴ける。もちろんyoutubeはいつでも見られる。google playでアプリも充実している。

でも・・・ッ

ざわ・・・ざわ・・・

小生はiOS端末は未経験。Macどころか、iPhoneの操作方法もわからない。これではいかん。折りしもiPod touchの新製品が発売された時期だ。よし、ちょうど音楽プレーヤーが欲しいと思っていた時期だし、買って小生のスキルアップに役立ってもらうぞ!そして、Androidには無いラップムシ漫画カメラを使うぞ!OS6で新搭載されたマップアプリで、3Dで表示されたニューヨークを見たり、パチンコガンダム駅も探すぞ!

きまぐれ雑記料理

それは1年ほど前、2011年8月のこと。所用で1週間ほど広島に滞在していた小生は、そこで広島風つけ麺を知った。広島の夏は暑い。広島風つけ麺は、麺をラー油や唐辛子がたっぷり入った辛いつけだれでいただく。麺の上には茹でたキャベツがこれでもかというほど乗っている。カウンターにはゴマすり器?が置いてあり、ゴマを好きなだけすってたれに入れる。すると、ゴマのよい香りがするのと同時に、ゴマにつけだれの辛味が移ってさらに辛くなる。麺もたれも冷たいのだが、口の中は爆発しそうに暑い。

しかしこれが、暑い季節にはたまらなく気持ちいい。どんどん出てくる汗が、体から熱を奪っていく。インドで熱々のチャイを飲むようなもので、自然と体が冷えていく。この快感を覚えた小生は、滞在中に数回通い、あまつさえ広島空港でも空港内にあった辛部というつけ麺店に入る始末。なんだか、味覚まで変わった気がして、それまであまり辛くして食べなかった札幌のスープカレーも、辛味を増やして食べるようになった。

ただ・・・札幌では食べられないんですよ。札幌のつけ麺は味噌や魚介ベースのたればかりで、広島風のはどこにもない。

なつかしい・・・あの味を・・・もう一度・・・

こうなったら、家で作るしかない!!!

きまぐれ雑記料理

ヴィシソワーズ – Wikipedia

どこかのレストランで出てきた冷たいジャガイモのスープ。見た目はなんとなくおろした長いもにも見えたが、食べてみるとジャガイモの良い香りが。そしてそこはかとなく鼻腔をくすぐるたまねぎの香り。舌の上をスッと滑っていくのは生クリームのなめらかさか。そしてコンソメ風の香りが食欲をそそる。

だいたい、レストランのスープって平たいお皿にわずかに乗っているだけか、小さなマグカップに注がれているだけで食べた気がしない。まあスープってのはその後どんどん食事を取るための箸休めみたいなものだからそれでいいんだけど、でも、おいしいスープだったら、チコの実を初めて食べたアスベルよろしく「長靴いっぱい食べたいよ!」って思うこともあるわけ。

でもレストランじゃ、普通は長靴いっぱい食べさせてくれない。

したら自分で作るか!

レシピを調べようにも、まず料理の名前が分からないので「冷たいジャガイモのスープ」でgoogle検索。ふむふむ、ビシソワーズというハイカラな名前の料理らしい。そしてレシピ検索はいつもお世話になっているcookpadで。

きまぐれ雑記

歯をいためる原因。それは、虫歯と歯周病。虫歯は痛みを感じるからすぐに歯医者に行く気になるけど、歯周病は痛みを伴わないというか、痛み出したらもうやばいって話。

うちの近くに歯科クリニックがあり、そこでは予防歯科なるものをやっているのです。小生的にはなんとなく、虫歯を未然に防ぐ目的で1年半くらい前に行き、そして先日久しぶりに行ってみた。すると・・・

虫歯は無かったのだけど、歯と歯ぐきの隙間が前回より開いている部分がかなりあり、そこに歯石が結構着いてたらしい。

まず、歯と歯ぐきの隙間を調べるには、針のようなものを歯と歯ぐきの間に逐一突っ込んでいくのです。で、その針には目盛りが付いていて、針がどこまで入ったか分かるようになっているらしいです。で、針を突っ込まれたときに痛みを伴う場合とそれほど痛くない場合もあり、痛いということは何らかの炎症の兆候だそうで、これらのことは小生の処置を担当してくれた歯科衛生士さんが処置しながらしゃべってくれましたのですけれど、小生は針を歯ぐきに突っ込まれてるので痛いやら気持ち悪いやらでそれどころじゃありません。
そして、歯ぐきの隙間を計ったあとは、いよいよ歯石取り。歯石ってのは歯磨きしにくい前歯の裏や奥歯に着いてる。しかも、歯ぐきから露出しているいわゆる「歯」の部分だけじゃなく、歯ぐきに覆われている部分にもついているのね。普通は歯に歯ぐきが密着していて歯石の着く隙間は無いんだけど、歯石が着いて歯ぐきの隙間が開くのか、何らかの原因で歯ぐきの隙間が開いて歯石が着くのか、まるで鶏と卵の話でよく分からないのだけど、つまるところ、歯ぐきの中に歯石も着いてくるわけ。で、歯石取りなんですが、なんとなくルーターのようなもので削り取るのかと思ったら、歯科衛生士さんが専門の工具!?で力ずくで取ってくれます。もうゴリゴリとネ!痛いわ、苦しいわで、半分気を失いそうになりながら治療を受けた小生でした。1年半前に、歯はある程度きれいになってたはずなのにというか、その時もこんなに歯石取りに苦労しなかった気がするので、つまりその後の生活環境の変化などで歯石がいっぱい着いてしまったということなのか・・・などと、朦朧とする意識の中で考えつつ、ちょっと一段落し、ようやく口をすすいで良いという許可が出たので起き上がって口をゆすごうとし、何となく作業台というか歯科医さんが冶具なんかを置く台を見てみると・・・そこには血にまみれた、黒っぽい砂のようなものが・・・?
「それは今取った歯石です」

!!!

どこかで見たのだけど、歯の表面というか歯ぐきに覆われていない部分に着いてる歯石は色が白っぽく、歯ぐきの中の歯石は赤黒いとのこと。

ちょっと恐ろしかった。

痛みと疲労と恐怖体験で朦朧とした意識のなかで、病院を後にした。

というわけで、皆さんもたまには歯石取りに行ってはいかがでしょうかというか、最初にも書いたけど歯周病は自覚症状が無いのでほんとに要注意です。痛みがなくても歯医者に行った方がいいですよ!

PC

小生のPCモニタは10年選手。ちょうど10年前に購入した22インチのフラット画面のCRTモニタで、重さは約30kg、消費電力は130Wの大物で、当時10万円で購入した。PCでの作業はもちろんのこと、当時小さなテレビしか持っていなかった小生は、PS2をつないでFFXIもこれでやっていた。やわな机ではたわんでしまうし、地震とかあって転げ落ちたら大惨事になる。現在の家にも自家用車で運び、腰を痛めながら設置したり。
画質はすばらしいが・・・最近は液晶モニタの性能もすばらしいので、引き取り手がいるうちに処分しようと思いたったのが今年の年明けごろ。

きまぐれ雑記

およそ4年前、私には夢があるという記事を書きました。4年も経てば、年も取るし(当たり前ですね)考え方も変わるものです。そして、夢ってのは畢竟欲望と同義なのかなと考えたりもするようになりました。否、「欲望」を美しく換言すれば「夢」になるのかな、と。
欲望・・・それもいいじゃないですか。どっちにしても、輝いて生きるために大事なことだし、人間だもの。

というわけで、G-SHOCKを使い始めた頃からなんとなく気になっていて、でもなかなか手が出せず、でも長年の夢(笑)であったPROTREKを買っちゃいましたー!!むー!すごいぞー!!というくらい興奮しました!

きまぐれ雑記料理

今さらですがテレビでやっていて面白そうだったので、スーパーで米こうじを買ってきて、うちで塩こうじを作ってみました。作り方はこんな感じでとても簡単。

できた塩こうじを使ってみたのですが・・・漬物がおいしくできたのはもちろん、魚の切り身につけて焼くと・・・それだけで味噌焼き?のような香り高い焼き魚に!豚肉につけて野菜と一緒に蒸し煮にすると・・・それだけでふんわりとし、横浜名物「トン漬け」のような仕上がりに!

塩こうじは調味料の代わりというか、それこそ塩として使えるのでとっても手軽。ちょっといろいろ研究してみたいと思いいます。

きまぐれ雑記料理

やっぱカレーは好きだなあ。小学生の頃は、部活の合宿とかでカレー、町内の小学生が交流するときはみんなでカレー作り、お袋が何日かいないときはカレーを作り置きしておいてくれた。一人暮らしでもカレー。手羽元を入れたり、大根を入れたり、きのこを大量に入れたり、いろいろな味を楽しんでうん十年。

つい先日、カレーを作ろうとしたら、ルーが少ししか残ってなかった。そこでルーをスパイスから作ったりはしませんよ。これまた半分くらい残っていたハヤシライスのルーを入れてみた。ブレンド比は、カレールーとハヤシルーは1:1くらい。

これがまた、うまかったの!

大変味にコクのあるカレーといってもよいし、スパイシーなハヤシライスといってもよい感じ。

これ、お勧めします!

きまぐれ雑記料理

たこ焼き。なんか小さい頃から、たこ焼きには憧れがあったような気がする。それがどういったものなのか、どうしても思い出せないんだけど・・・なぜか、たこ焼きというとそういったことを思い出すのです。なんだったんだろう・・・好きなアニメキャラがたこ焼きをよく食べていたのか、はたまたテレビで何らかの特集を見たのか・・・あ、もしかしたら、近所のスーパーで時々出るたこ焼きの屋台のおじさんの、慣れた手つきでたこ焼きをひっくり返すさまを見ていたのかもしれない。あ、なんか書いているうちに思い出してきた。その屋台ではお約束ではあるけれどもたい焼きも焼いてた。たい焼きの型に生地とあんこを入れ、型を合わせてたい焼きを焼く、そんなしぐさをなんか延々と見てた気がする。でも、買ってもらった記憶はあんまりないというか・・・

でも、大人になって、たこ焼きの大人買いもできるのだけど、でも、死ぬほど食べたい!だったら作る!

きまぐれ雑記

この日を4月くらいから待ってた。チケットもすぐに取った。席はたぶん基本的に選べないんだけど、当たった席は、前から5列目くらいの、結構球場に近い席。少し下にライトを守る選手がいる感じ。いいところが当たった!