きまぐれ雑記, きまぐれ雑記 > 嗜書

今年の年始から断捨離に目覚め、いろいろなものを処分しております。

でも、本だけはなかなか手放せない・・・!

懐かしい本たち・・・手にとると、これを手に入れたときのことが脳裏によみがえります。

お金がなかった頃、毎日のように数軒の古本屋をハシゴして100円の文庫本を買い漁っていたこと。

映画に感動し、原作を探してこれまた古本屋めぐりをしたこと。

受験のとき、今まで見たこともないような大都会に一人で初めて訪れ、タウンページを片手に古本屋めぐりしたこと。

・・・なーんて、出てくるのは古本屋の話ばかりですね。感傷に浸るのはもうやめます。増え続ける本は生活の場所を奪っていきます。セピア色の思い出より今の生活のほうが大事、ということで、どうしても手放せない本は電子書籍化してしまいましょう!

電子書籍化に必要な作業は、大きく分けて裁断スキャニングです。裁断用の大型カッターとスキャナーを買って自ら電子書籍化することを自炊といい、自炊を指南するブログサイトもたくさんあります。・・・が、電子書籍化はプロにお任せすることにしました。昔の人は良いことを言ったものです。そう、餅は餅屋です。

きまぐれ雑記, 料理

餃子が好きです。手作りすることもありますが、冷凍餃子もよく利用しています。

冷凍餃子の進化はすごいですね。なんたって、焼くときに水も油も要らないんですもの。しかもこの商品、小生がとりわけ好きな生姜入り餃子でにんにく不使用。そのうえ出来上がりは羽根付き餃子になって、かつ羽生結弦選手におすすめされたんじゃあ、買わないわけにはいかないでしょう!

しょうがギョーザ | 商品情報 | 味の素冷凍食品

羽生結弦選手おススメ! にんにく不使用「しょうがギョーザ」の限定パッケージ 4月上旬から | FrozenFoodPress

羽生選手が微笑む限定パッケージの流通は、4月上旬から約1ヶ月半とのこと。

さっそく調理してみました。

きまぐれ雑記DIY, 万年筆

まあインクが増えるのは良いのですけど、つけペンでもない限りインクは万年筆に充填しないと使えません。

でも万年筆の本数は限られていますよね。使いたいインクの数だけ万年筆を揃えることも諸般の事情から難しいわけで。

ということは、いろいろなインクを楽しむためには、すでにインクの入った万年筆を洗浄し、別のインクを入れるという作業が必要になります。まだインクが入っていれば、むざむざと捨てるのも気が引けます。できれば使いかけのインクは、別の万年筆で再利用したいところ。

そこで役に立つのが、インクの吸い出しや充填に使えるスポイトです。

一見すると注射器のようですが、シリンジ先端に付いているのは針ではなくステンレス製の細いストローです。これで、万年筆の中に残っているインクを吸い出し、別の万年筆に入れてやろう、という魂胆です。

100円ショップの化粧品売り場にも売っています。小生はダイソーで購入しました。胴軸に直接インクを入れるアイドロッパーでもない限り、内容量は1ml強あれば充分。なにせカートリッジにせよコンバーターにせよ、入れられるインクの量は多くても1ml程度ですから☆彡

実際にインクの移植作業をやってみました。異常なほど簡単で、コンバーターでインクを吸い上げるのすら面倒に思えたくらいです(笑)

きまぐれ雑記LAMY, Pelikan, 万年筆

LAMYサファリは、スチームパンク感あふれるスケルトンモデルがやっぱり好き!

ということで、すでに所有していたFニブに加え、EF(Extra Fine=極細)ニブモデルも購入しました。

コンバーターはおとなしく赤(LZ28)を装着。

で、インクですが、各社がこぞって販売しインク沼の名を欲しいままにしているバリエーション豊富なカラーインクは手を出すときりがないので、各社のスタンダードラインのインクから、特にコスパの良さそうなものをチョイスしています。今回サファリにあわせて購入したのは、ドイツの老舗万年筆メーカーPelikan(ペリカン)が販売しているボトルインクです。

舶来物のインクにもかかわらず、この4001シリーズのボトルインクは62.5mlで国内の定価は税込1,100円です。70mlで定価税込1,100円、史上最強のコスパで知られるパイロットインキに迫る価格ですし、渋い青みが気に入り、キャップレスデシモに入れて運用しているセーラーのブルーブラックボトルインク50mlで定価税込1,100円より単価としては安いです。

つまり、安かろう良かろうが大好きな小生が、パイロット、セーラーのそれらに続き、手を出すべくして手に入れたインクなのです!

きまぐれ雑記LAMY, PILOT, 万年筆

LAMY(ラミー)サファリスケルトン(本名:ビスタ)のカッコよさに撃ち抜かれてしまい、程度の良い中古品があれば欲しいな、と思って物色していたところ、ブルーの2本セットを見つけたので、考えるまもなくポチりました

届いたものを見ると・・・ブルーの2本は質感が異なっていました。キャップ・ペン軸・胴軸が全てプラスチックなものと、キャップと胴軸が軽量な金属製で、ペン軸がブラックスケルトンなもの。

プラボディの方はサファリ(safari)のブルー、ペン先F、金属ボディの方はアルスター(AL-star)のオーシャンブルー、ペン先Fでした。図らずも、サファリの上位モデル、アルスターを手に入れました!

サファリとアルスター、見た目はほとんど変わらないけど、比較しないとわからない違いが細部にありました。

きまぐれ雑記LAMY, PILOT, 万年筆

パイロットやプラチナの万年筆を体験した小生、次に手を出すのは・・・そう!舶来物!

ドイツ・ハイデルベルクに生産拠点を置くLAMY(ラミー)の普及価格帯万年筆、サファリです。かっちりとしたデザイン、様々なカラーバリエーション、そして独特な形状のペンクリップを持ち、日本での価格は税込4,400円と比較的リーズナブル。実用品でありながら毎年限定カラーモデルがリリースされることもあり、コレクターも多いそうです。

スケルトン好きの小生が購入したのはもちろんスケルトン!一緒に、純正コンバーターを2種購入しました。

特徴的なデザインに惹かれて購入しましたけど、日常使いにも便利な万年筆だということが分かりました。

きまぐれ雑記防災

今年の大型連休も自粛ムードですね。暇を持て余している方が多いとききますが、この機会に自宅避難訓練はいかがでしょう。

あの日を忘れないために!自宅避難訓練を行ってみた。やってみて改めて分かったことは・・・その1【当日の様子編】 | HERMITCRAB

あの日を忘れないために!自宅避難訓練を行ってみた。やってみて改めて分かったことは・・・その2【検証編】 | HERMITCRAB

前回は2021年3月20日に行った自宅避難訓練ですが、今回は5月1日に行いました。GWの真っ只中の土曜に、自宅に引きこもっていたのですw

きまぐれ雑記PILOT, セーラー, 万年筆

デスクにゆったりと座り、武士が鯉口を切るがごとくゆっくりとキャップを外し、深く息を吐きながらそっとペン先を紙に下ろす・・・そんな優雅な風景が似合う、それが万年筆。

しかしながら、万年筆デビューしたばかりの小生には残念ながら時間も余裕もなく、万年筆のキャップを外すことさえもどかしいときには、思わず使い慣れたノック式のボールペンを手に取る始末。もっと万年筆を使っていきたいと思い、パイロット万年筆のノック式万年筆、キャップレスデシモを購入しました。

購入して3週間ほど使っていますが、かなり使える万年筆です!

きまぐれ雑記PILOT, プラチナ, 万年筆

パイロット カクノで万年筆デビューした小生。買い足すものも、自然とパイロット製品の万年筆やインクになっています。見事にパイロット万年筆社のマーケティング戦略の虜になっている小生です。

で、パイロット製品ばかり買って使っていると、他社製品の事が気になってくる・・・

カクノ本体も中に入れているコンバーターCON-40も大変リーズナブルなんですけど、他社にはさらにリーズナブルなエントリーセットがあります。

それが、プラチナ万年筆のプレピーとコンバーターだッ!

買ったのはこちら。プラチナ万年筆のプレピークリスタル(440円)純正コンバーター500(550円)。万年筆とコンバーター合わせて990円という、カクノ&コンバーターCON-40の組み合わせよりかなりリーズナブル。

きまぐれ雑記

コロナ禍における外出自粛、テレワーク、運動不足、そしてなんともいえない自粛ムード・活動停滞により、体重が増加してしまいました。きちんと記録を付けているわけではないですが、ベストな頃と比べると最大5kgくらい超過しました。

この程度体重が増えたところで、現状になにか問題があるわけではありません。ただ、今のままの生活だと、これからどんどん体重が増えていきそうですし、それによって将来的に健康を害することがあるかもしれません。そう考え、ダイエットに取り組んでいました。

小生なりに掲げたモットーはただひとつ。それは・・・

とにかく、無理はしない!!

ダイエットをして理想の体重を手に入れることは結構なことですけど、そのために心身を病んでは意味がありません。ですので、目標体重は決めますけど、特に期限は定めず、いろいろなことをある程度の期間試して、小生にあった方法を模索することにしました。

結果として、小生にマッチしそうな方法を見つけました。それは・・・食事に対する意識改革でした(笑)