スマホ・Android

小生のスマホ、Zenfone2ですが、このたびアップデートに失敗してブートループに陥ってしまい、操作不能となってしまいました。いろいろと調べまくって結果的になんとか復旧させましたので、その方法を備忘録的に書いてみたいと思います。

きまぐれ雑記, スマホ・Android, 音楽

空から日本を見てみようという番組が好きです。日本各地の都市や山間部を空撮で紹介し、ユニークな施設を見つけては内部を紹介するという番組なのですが、爽快な映像に加えて魅力的なのがクールなBGMです。どのような曲なのか気になっていたのですが、それを知るためにSoundHoundというアプリを入れてみました。Android版、iOS版とも基本的に無料で使えます。

Screenshot_2015-12-13-12-15-18

検索ボタンを押してテレビのスピーカーにスマホのマイクを近づけると検索を開始し、こんな感じで表示されます。楽曲にナレーションなどが被っていても問題ありません。

もちろんクラシック曲を聴かせても曲名が表示されます。管弦楽曲だけでなくピアノ独奏曲でも表示されるのには驚きました。クラシック曲って演奏者によってテンポやダイナミクスなどの表情が異なりますよね。それでもその曲と同定されるとは、なんと凄い技術なのでしょう。

スマホ・Android

小生がブログ記事を書くときは、本文をまず書き始め、それに合わせたタイトルを途中で考えます。本文を書く前に、当然ながらまず何を書きたいのかを考えるのですけど、ある程度ネットで参考記事を探しだしてから書き始めます。それは、小生の書きたいことがどの程度一般的な意見なのか、それとも少数派の意見なのか、やはり気になりますものね。少数派の意見だった場合は、小心者の小生ですから当り障りのないよう表現に気を遣ったりしますけど、全くのユニークな記事になりそうな場合は、先駆者として慎重かつ大胆に書き進めることも。

閑話休題。今回書きたかったことについても事前にネットで情報収集したのですが、あまりにもドンピシャな記事を見つけてしまったので、執筆者さんに感謝しつつリンクを貼らせていただきます。こんなこともあるものですね。

電波の弱いオープンWi-Fiスポットに勝手に接続するのがウザい場合は接続履歴を削除しよう | あんどろいどスマート

スマホ・AndroidZenfone2, ストラップ, 充電

7月1日からZenfone2のBIC SIM運用をはじめ、今日で1ヶ月たったので感想など書いてみたいと思います。

スマホ・Android

前日のうちに、auに電話しNMP予約番号を取得しておきました。電話をする前に、あらかじめこちらのサイトで予習をしておきます。

簡単にMNP予約番号を取得する方法を解説!au,docomo,ソフトバンク

電話対応してくれるオペレーターも仕事なので、いろいろな話術でひきとめにかかってきます。ここで情に流されたり気持ちがぶれたりすると話が長引くだけなので、自分なりの断り文句を考えておきます。小生の場合、新しい端末をすでに購入していることを武器に、ひきとめをかわそうと心に決めて電話をかけました。

結果的に、NMP予約番号をもらえるまで約10分で済みました。予約番号は口頭で教えてもらえたほか、電話終了後すぐにSMSでも届きました。またいわゆるひきとめポイントとして15,000auポイント提供のオファーがありました。

そして本日は7月1日。7月は契約更新月ですので、7月中に解約すれば違約金はかかりません。しかも1日に諸々解約すると、今月分のパケット定額料なども請求されないのです。

スマホ・Android

どうしてSIMフリースマホを買うのか・・・本音を言ってしまえば、好奇心!新しいものを使いたい!新しいサービスを使いたい!ってことなのですけど、それだけでは冷静な自分を説得できないので、まともな理由を書いてみます。

大きな理由として、3大キャリアの料金が高いこと。何もかも高い!現行端末の料金はどれも9万位するし、型落ちなんて基本的に通販や中古でしか売ってない・・・月々料金も7,000円とかするし、毎月割りを受けるには2年間の契約が絶対条件。音声通話定額が必須の契約しかないとか、誰をターゲットのしてるの?って感じ。月数千円の毎月割りを2年間受けた場合の「実質価格」なんて一見お得に見えるけど、「9万円もする端末が実質6万で買えますよ!」と言ってみたり、「月7,000円の料金が実質5,000円ですよ!」と言ってみたり、ダブルでお得な錯覚に陥るけど実際は片方だけだから。そもそも、高い月額料金を2年間払い続ける時点で、冷静に考えればお得感はないよね。

料金だけ考えれば、MVNOに移行するのが安く済む。Zenfone2は最高スペック機でも約55,000円。回線はMVNOを契約すれば月額2,000円以下。iPhone6plusみたく13万円もするSIMフリー機もあるけどね。各社が群雄割拠するMVNO業界では、各社が特色を出したプランで顧客を掴もうとするので、右にならえで同じプランを出してくる3台キャリアより活気がある。キャリアメールが使えなくなることが不安といえば不安だけど、でも、そのうちキャリアメールを捨てるのなら、いつ捨てるの?今でしょ!って思うのです。

もちろん、3大キャリアの料金は、いろいろな安心料、サービス料を含んでいるという面もあります。例えば、スマホが壊れた場合、ショップに持って行けば代替機を貸してくれたりしますしね。MVNOに移行した暁には、今回購入したZenfone2のほかに、予備の端末のことを考慮しておかないといけないでしょうね。修理に出したりしたらスマホが数週間手もとにない、なんてことも考えられますしね。安心料というか、掛け捨ての保険料を払っていると言えなくもないのかもしれません。つまり、危機管理のひとつというか。

んじゃ、なぜSIMフリースマホ&MVNOにするのかといえば、第一はやっぱり好奇心からなのかな。結果的にスマホに払うお金を節約できたとしてもね。

ところで、3大キャリアは今後販売するスマホは有料でSIMロック解除を受け入れるそうですが、購入後180日経たないと解除に応じないとのことです。

SIMロック解除でユーザーにメリットは? 何が変わる? | マイナビニュース

スマホ・Android

先日買ったASUS Zenfone2ですが、現在のところ挿すSIMカードが無いため、単体でデータ通信ができません。ですがSIMフリー機ですので、現在契約しているauのSIMカードを挿して適切な設定をすれば当然データ通信できるはず・・・ということで、やってみました。

スマホ・Android

6月13日(土)に発売になったので、当日に買っちゃった!ASUS Zenfone2はいわゆるSIMフリーのスマートフォンで、docomoやau、softbankなどのように回線契約と端末がセットになっていなくてもいろんな回線業者のSIMが使用できます。長年auユーザーの小生ですが、このたび晴れてauから離れられるというわけです。

ガジェット, スマホ・Android

先日導入したモバイルブースター、Anker Astro M3。モバイルブースターとしては大変役立っているのですが、使いにくい点があるためちょっと加工してみました。

ガジェット, スマホ・Android

モバイルブースター、要するに携帯バッテリーです。小生くらいモバイル機器を駆使するIT戦士だと常に気になるのがスマホなどモバイル機器のバッテリー切れ。バッテリー切れでスマホが使えなくなるのは致命的だが、かといってバッテリーを節約するあまりスマホの使用を控えるようだと本末転倒。すなわち、充分にスマホを使いつつ電池の心配がない、そんな環境がIT戦士たる小生には必要なわけです。

というわけでむしろ遅すぎた感のあるモバイルブースター(以下モバブー)の導入、小生はついに果たしたので、以下でいつもの開封の儀をしてみたいと、こう思うわけであります。

購入したのは、ANKER Astro M3電源アダプタ付属。電池容量は13,000mA。Amazon限定パッケージで2,980円でした。