写真・カメラ

α7IIIの大きな魅力のひとつがそのコンパクトなボディですが、最大の欠点のひとつが、ボディの小ささからくると思われる「ホールドしにくさ」です。CANONやNIKONのフルサイズ一眼レフの大きさには意味があり、それは「ホールドのしやすさ」なのです。重量級のレンズを付けているときはもちろんのこと、軽量レンズを付けたちょいとお出かけスタイルでも、ボディにそれなりの大きさと重さがあるため、レンズとボディのバランスが良くホールドしやすく、結果的に手ブレなども防ぐことができ安定した写真撮影ができるというわけです。

一方で、α7IIIはボディが電池込みで約650g、マウントコンバーターMC-11込のCANONズームレンズは1kg近くの重量になりますから、どうしてもボディよりレンズ側に重心が偏ってしまいホールドしにくくなります。
そしてホールドしにくさの最大ポイントとも言えるのが「ボディの小ささ」です。カメラは基本的に右手で保持して左手を添えて構えるのですが、右手の小指が余ってしまうのですよね。

小生の手はそんなに大きくはないはずですが、こんな感じで小指がボディの下に来てしまいます。今付けているCANONの40mmF2.8や、キヤノンの撒き餌レンズとして知られる50mmF1.8などの軽量コンパクトな単焦点レンズでスナップする程度なら、ホールド感の無さはそんなに問題ないのですが(もちろん、お手軽なスナップでも素晴らしい画を吐き出してくれる優秀なカメラです)、重量級のレンズを付けたり、軽量レンズでも露出設定をいろいろと忙しく変えたいときなどは、途端にホールド感の無さが露呈します。

例えば、前後ダイヤルをすぐ回せるように親指と人差し指を各ダイヤルに沿わせると、このようにまるでカメラを"つまむ"ような、危なっかしい持ち方になってしまいます。もちろん左手をしっかりと添えていればカメラを落とすようなことはないのですが、右手だけでもっと安全に保持したいものです。

そこで、このようなL型クイックリリースプレートを購入しました。

6Dや5D3用にも所有しているクイックリリースプレートですが、底面が約2cmもの厚さがあります。

写真・カメラ

SONYのフルサイズミラーレス一眼カメラ、α7IIIを購入し、GWに行ってきた旅に持っていきました。
すでにフルサイズ一眼レフを運用していた小生ですが、どうしてまたフルサイズを買ったかというと・・・つまり、小生が所有しているEOS 5D3や6Dよりα7IIIの何が優れているかというと・・・小型コンパクトであること、無音撮影できること、そしてSONYの独壇場でCANON、NIKONがまだまだ後塵を拝している超強力な瞳AFを搭載していること。それに加え、高速な位相差AFでピントがバッチリ合うこと。マウントアダプタを介してCANONのレンズがほぼ問題なく使えること。
総合的にみて、写真撮影の効率が上がりそう・・・ということで、忙しい旅にはもってこいかなと思い購入に踏み切りました。このカメラは発売から約1年経っていますが、中古品の流通価格が新品定価から大きく下がっておらず安定して高値を維持しているで、気に入らなければすぐに売ればいいですしね。少々の勉強代で、評判の高いこのカメラを使えるなら良いでしょう。

α7IIIの開封記事はネットに山ほどあるので、小生はそれを飛ばしていきなり本体とご対面。というか小生も中古で買いましたからね!

背面モニタは若干可動します。ファインダーとモニタには同じ像が写ります。

純正の安価なズームレンズ付きの中古を買ったのですが、そのレンズは使う予定はないのであっという間に売却してしまいました。そのかわりに使うのが、CANONのレンズを使うためのマウントアダプタ、SIGMAのMC-11です。

はじめてのSIGMA製品です・・!SIGMAのレンズは非常に評判がいいですね。そのうち使ってみたいです。

マウントアダプタはマウント径の変換と電子接点の仲介、フランジバックの調整を担っています。レンズやガラスなどは挟んでいないので画質の劣化はないはず。

MC-11をα7IIIに取り付けました。

CANONの撒き餌レンズ、EF50mmF1.8を取り付けました。見た目も悪くないですよね。EXIFに露出情報はしっかりと記録されます。

CANONの小三元標準ズーム、EF24-105mmF4Lを取り付けるとこんな感じ。GWの旅はほぼこの組み合わせで撮影しました。

α7IIIを購入して3週間くらい経ち、いろいろなところに持っていきましたが、便利さを感じると同時に不満も出てきます。まあ大抵の不満は事前にネットで調べてあったのですが、実際に自分の手にとって体験してみると実感するものですね。その不満をおぎなって余りある便利さ、歩留まりの良さ、ピントの正確さを享受できています。繰り返しますが、ここ何日か続けて書いてきたGWの旅記事は、すべてα7IIIにCANONのレンズで撮影しました。

α7IIIの不満な点は、オプション的なものを導入することで回避できる点もあります。次回記事ではそれら便利なオプションを紹介したいと思います。

ガジェット, 写真・カメラ

先日まで旅の記事をいろいろとアップしていましたが、今年のGWには新しく買ったミニ三脚を持っていきました。このミニ三脚は、夜景の写真や集合写真などで非常に重宝しましたし、また剛性感もあってハードに使っても壊れず、小生の旅を支えてくれました。良い商品なのでディスコンにならないように、皆さんに紹介したいと思います(笑)

これ!小生が購入時の価格は3,099円でした。

これくらいの箱に入っています。

本体のほか、ベルトが3本付属していました。このベルトは足場の悪いところに置くときに三脚の足に巻きつけて安定させるためのものらしいです。多分使用しません。

足を開いてみました。アルミパーツはかなりがっしりとして剛性感があります。耐荷重は驚きの80kg!

たび旅, 写真・カメラ

一連の旅の最中に立ち寄った神戸港で夜景を撮影しました。夜は光が足りないので、カメラ任せで撮影するとシャッタースピードが超遅くて手ブレしたり、シャッタースピードを上げるとISO感度がめっちゃ上がってノイジーな写真になったりと、なかなか思うように撮影できないものです。
ISO感度は上げたくない、場合によっては絞って撮影したい、でも光量が欲しいのでシャッタースピードは遅くしたい・・・これらを可能にする機材は・・・

そう!三脚!

でも旅に三脚って持って行きにくいですよね。しかもフルサイズ一眼レフに重量級レンズを付けますので、小型軽量なポケッタブル三脚はやわすぎて使えません。旅に持っていけるサイズで重量級の機材を保持できる三脚!ということで、こんな三脚を買ってみました。

レビューはおいおい行いますが、たいへん使える三脚で、こんな写真を撮影することができました。

DSC02610
F5.6 SS0.3 ISO800

クリックで拡大します。露出設定も併記してみました。Fは絞り、SSはシャッタースピード(単位:秒)、ISOはISO感度です。レンズはCANONのEF24-105F4Lです。
ほかにもflickrにいろいろ上げてみました。以下どうぞ。

たび旅, 写真・カメラ

お台場にはもともとRX-78(初代ガンダム)が屹立していたのですが、残念ながら実際に見る機会がないままに一昨年解体されてしまいました。そして今はユニコーンガンダムが大地に立っているそうです。

お台場にガンダムが帰ってきた!変身して光を放つ実物大ユニコーンガンダムが超かっこいい – LIVE JAPAN (日本の旅行・観光・体験ガイド)

ユニコーンガンダム – Wikipedia

RX-78でないので残念ではありますが、ユニコーンガンダムは正式名称を「RX-0ユニコーン」というのだそうで、宇宙世紀シリーズですのでRX-78の流れをくんでいるはず・・・と思い行ってきました。

たび旅, 写真・カメラ

お台場 マダム・タッソー東京

お台場にあるマダム・タッソー東京に行ってきました。蝋人形彫刻家マダム・タッソーが創立した蝋人形館の分館で、著名人の蝋人形が展示してあります。蝋人形の精度の高さはもちろんのこと、蝋人形を立たせるためのセットも凝っていて、また一緒に写真を撮影するための小道具なども充実していて、非常に楽しめる展示になっています。

入り口の壇蜜にまずは度肝を抜かれます。等身大です。

写真・カメラ

DSC01393

ここ数日寒い日が続いていますが、先週の陽気に誘われてか、チラホラと咲き始めています。

α7III+MC-11+EF50mmf1.8で撮影しました。

写真・カメラ

更新がとどこおりご心配?をお掛けしています。近所で遭遇したリスの写真を貼ってお茶を濁すことにしますm(__)m

EOS6Dに撒き餌EF50mmf1.8という軽量コンビで撮影しました。

写真・カメラ

TAMRONの大三元レンズ、24-70f2.8G2のピント調整をしてみました。【Tap-in Console】 – HERMITCRAB

ピントチェックチャートとTap-in Consoleを使いピント調整をしたTAMRON 24-70f2.8G2。明るさの充分ではない室内でのピントチェックはいわば研究室内での実験のようなものなので、実験の結果を実地で確かめるべく屋外に持ち出してみました。

行く先は電波塔の立ち並ぶ手稲山。テレビっ子札幌市民の命綱といえる場所です。

テイネオリンピアのあたりから手稲山の電波塔を狙います。

2枚の写真を見比べてみてください。このサイズだとほぼ同じに見えますが・・・

電波塔の部分を等倍で見てみます。上はぼやけていますが、下は少しくっきりと、鉄骨のラインまで見えますね。上はファインダーのAF、下はライブビューのAFでピントを合わせました。3kmくらい遠方にある鉄塔でピントをチェックするという意地悪なテストですが、でもレンズの性能として下の画像は得られるわけで、だとしたらそれを求めたいじゃないですか!!
何度か撮影して試してみたところ、5D3のAFマイクロアジャストメントでテレ端をマイナス1(つまり手前側)にすると、焦点距離70mmでピントがそれなりに合うようになりました。室内で調整した際はTap-in Consoleの調整幅いっぱいのプラス20にしてもピントが合わないほど前ピンだったのですが、+18くらいにするともしかしたら良いかもしれません。
というわけで、光が充分な屋外で再度ピント調整をしようと思いました。

せっかく手稲まで来たので、そぞろ歩いて写真を撮ってみました。

写真・カメラTamron

TAMRONの新型大三元レンズを運用してます – HERMITCRAB

1年半ほど前から運用しているタムロンのSP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2、f2.8通しで標準ズーム域をカバーする、いわゆる大三元レンズの一翼を担うレンズです。

実は購入当初からオートフォーカスのわずかなズレを感じていました。ファインダーで撮影した際に、わずかにピントが合っていないのです。レンズの性能の限界かと思いきやさにあらず、マニュアルフォーカスだとバッチリピントが合わせられます。ですから、シビアなピント調整が求められる状況では、ライブビュー画面でマニュアルフォーカスで運用する場面も多々ありました。6Dや5D3にはAFマイクロアジャストメントという設定があって、ピントのずれたレンズのAFをざっくりと調整(オフセット)する機能がありますが、これをいじってもピントが合ったり合わなかったりで、ズームレンズのピント調整の難しさを感じ、結局はマニュアルフォーカスの方が確実、という運用になっていました。

タムロンからはTap-in Consoleという製品が出ています。これはレンズのAFや手ぶれ補正の効き具合などを調整するもので、レンズとパソコンとを接続し専用ソフトを使うことでこれらの調整ができるようになります。

これも1年以上前に購入しており、しっかり使ってからレビューしようと思っていたのですが・・・ピント調整には時間がかかりじっくり腰をすえて作業しなければならず、恥ずかしながらなんとなく面倒くさくて放置してしまっていました。

今回、ようやくピント調整をしましたので、小生の手順を紹介します。