きまぐれ雑記, 写真・カメラ

ああ、GPS情報。デジカメで撮影した写真にGPS情報、すなわちどこで撮影した写真かという情報が付いていれば、あとで見直した時に撮影場所を正確に思い出せるし、誰かに写真をあげるときもとても役に立つ。もちろん、わりと重要な個人情報なのでアリバイがばれたりと危険と隣りあわせなのだけど。でも、GPS情報を付加するかどうかは任意で設定できるのだから、不要な時以外はGPS情報は付けておこうと思う小生でございます。

たいていのスマホにはGPSが付いているので、スマホで写真を撮るときにGPS情報を付けるかどうか設定した上で写真を撮れば、写真に自動でGPS情報(メーカーによって「ジオタグ」と呼んだりしますが同じでしょう)を付けてくれる。GPSの付いていない小生のiPod Touch 5Gは、wifiネットワークからある程度現在地を特定して、その情報を付けてくれる。ちなみにiPod Touch 5Gには、写真を撮影地ごとに分類して表示する機能が標準で付いているのでかなり楽しいです。地図上に撮影地がピンで表示されるので視覚的にも分かりやすいですが自宅で撮った写真はもちろん自宅にピンが表示されるので、外部に公開する時は要注意です。

デジカメには、GPSが付いていたり付いていなかったりしますね。例えば、canonのPowershot S120(Sシリーズの最新機種です)NikonのP340(Pシリーズの最新機種です)にはGPSが付いていないのですが、旧機種のS110P330には付いていました。つまり、最新機種ではGPSが省かれてしまったのです。GPSをオンにし続けていると電池の持ちが悪くなるとか、以下に記す方法でGPS情報を付加できるとか、理由あってのGPS省略だと思うのですけど。そういえば、数年前に知り合いがLeicaのコンパクトデジカメを持っていて、GPSが付いてるんですなどと自慢されうらやましく思ったことを思い出しました。

さて、Powershot G16を購入したことで、「スマホと連携してGPS情報付きの写真が撮れる!」と小躍りした小生ですが、実はGPS情報付きの写真が撮れるようになったのは、購入してから1ヶ月も経ったあとでした。それまでは、どういう風にすればそれが可能になるのか、分からなかったのです。

マニュアルをきちんと読まない小生がまず考えたのは、スマホなどGPS付きのガジェットでGPS情報付きの写真を撮る手順でした。スマホでGPS情報付きの写真を撮るときは、XPERIA ULの場合まずカメラを起動→設定→ジオタグ→ON/OFF切り替え という手順で、ジオタグをONにした状態で写真を撮ればOKなのです。つまり、GPS情報を取得できる状態にしてから写真を撮るということ。

G16にはGPS機能がありませんが、wifi機能があり、スマホと連携してGPS情報を取得できるとのこと。スマホで撮影する手順を援用すれば、G16とスマホを接続→スマホにインストールしている専用アプリ(Canon CameraWindow)を起動→「位置情報ログの記録」という機能があるので記録開始→G16で撮影開始 という手順になりますよね。これでいいと思いますよね!?

実はここではまってしまいました。G16のwifi機能は「撮影モード」ではなく「閲覧モード」から起動できるのですが、撮影するには当然ながら撮影モードにしなければなりません。でも撮影モードにすると、wifi機能が終了してしまうので、スマホとの連携が切れてしまいます。これではGPS情報をカメラに送ることができません。

G16のマニュアルには、「カメラ内の画像にGPS情報を記録する」という項目に以下の記述があります。

スマートフォンの専用アプリケーション「CameraWindow」で記録しておいたGPS情報(緯度、経度、標高など)を、カメラ内の画像に記録することができます。

基本的にこれだけ。小生が陥っているトラブルへの回答はまったくありません。ネットで検索してみても小生と似たトラブルに困っている人の情報はありません。マニュアルにも手順が書いてないし、ネットにも情報が載ってないし、どういうこと!?てな感じで1ヶ月くらい無駄な試行錯誤を繰り返していました。

ブレイクスルーがいつどこにあったのか分かりませんが、そのうちに以下の手順でGPS情報を写真に「付加」できることが判明。そうです。スマホのようにGPSを受信しながら「撮影」するのではなく、スマホで位置情報のログを取りながらG16で撮影し、あとでスマホとG16をwifi接続してGPS情報を「付加」するのです。なーんだ。

G16でGPS情報を写真に付加する手順は以下のとおり。

きまぐれ雑記, 写真・カメラ

近所の桜もようやくぼつぼつ咲き始めたので、canon powershot G16で撮ってきました。
ここは小生がサイクリングやジョギングでしょっちゅう通行する白石サイクリングロード。サイクリングロードの両脇にはところどころ桜が植えられているのですけど、なぜかこのあたり(米里行啓通との交点付近)の桜は他よりかなり早く開花してる。そばに某パチンコ屋があるので、まさかそこから熱気が漏れている所為ではあるまいが、建物のそばなので照り返しが強いとか、なんか理由があるのでしょう。

sakura2014_1

sakura2014_3

sakura2014_4

sakura2014_5

sakura2014_7

ソメイヨシノと、もう一種類は何でしょうか。蝦夷地だけにエゾヤマザクラかなとも思いますが、googleで画像検索してもちょっと違う・・・葉っぱもしっかり見えてるので山桜だと思うのですが、花びらがなんか細長いんですよね。

それにしてもG16はよく撮れます。ピント合わせも早いし、ヒストグラムを常時表示させておけば露出補正にも大いに役立つし。スマホと連携して位置情報も取れるし。

あ、写真に位置情報を記録出来るようになるまで小生は少々てこずったので、顛末をそのうち記事にしたいと思います。

きまぐれ雑記, 写真・カメラ

ミニ三脚を買ったので、やっぱり開封の儀をしてみます。

きまぐれ雑記, 写真・カメラ

使わなくなったショルダーストラップを加工してハンドストラップを作ってみました。

きまぐれ雑記, 写真・カメラ

実は、少し前から調子が悪かったのです、小生のcanon G11。写真を撮っていると、突然白っぽい写真しか撮れなくなったり。あれ、おかしいな、と思ったら、次の写真はうまく撮れたりして、いまいち再現性がない。被写体の何かが作用して、シャッタースピードが異常に遅くなった?それとも、露出が異常に高くなったりとか?原因はよく分からないのだけど、そういう写真が撮れてしまう。でも、すぐに元に戻る。だから、故障とは思わなかったのです。

そして先日、30分くらい電源を入れっぱなしで、ちょっとまじめな写真を撮っていたのです。すると、例の現象が。何をどう操作しても、設定をいじったりしても、例の全体に白飛びしたような写真しか撮れなくなったのです。でもいつものように元に戻らない。そしてそのうち、デジカメの画面(液晶モニタ)が真っ黒になり、何も映らなくなった。シャッターボタンを半押ししても、デジカメは被写体を認識できず、オートではピントもシャッタースピードも決定できない状態。そのままシャッターボタンを押してももちろん真っ黒な写真にしかならない。

どうしてだろう・・・

そのうち、白っぽい写真しか取れないときは、シャッターが開閉するときの「カチッ」というメカ音がしないことに気づいた。もしかして、シャッターが開きっぱなしになっているために露出オーバーで白くなっている?確かに、レンズを除きながらシャッターボタンを押しても、シャッターが開いたままになっている。逆に、画面が真っ黒なときは、シャッターが閉じたままで何をやっても開かない。つまり、シャッターがおかしくなってしまっているっぽいです。

シャッター以外の部分はおかしくないということを検証するために、シャッターが閉じず露出オーバーの写真ばかり取れてしまう状態のときに「動画」を撮影してみました。動画のときは常にシャッターが開いているので、シャッターが閉じてくれない症状のときでも一応撮影できるはず・・・南無三!そのとおりで、動画は普通に撮れました。つまり、シャッター以外の部分、特にセンサーなどは一応正常と思われます。

そうこうしているうちに、撮影状態にしても画面が常に真っ黒になってしまいました。レンズの奥を覗いてみると・・・南無三!やはり、シャッターが閉じっぱなしになっています。

さて、小生にはデジカメが必要なので、修理に出すか、買い換えるかして、正常に動作するデジカメを得る必要があります。キヤノンのこのクラスのデジカメは、修理に出すと一律1万円くらい取られます。でまあ、G11よりあらゆる点で進化している、現行機種のG16を買ってしまおう、と、思った次第でございます。

きまぐれ雑記, 写真・カメラ

小生がコンパクトデジカメCanon G11を買ったのはもう4年くらい前・・・それまでは写真に対して大した関心を払わなかった小生が、Canon G11を、たぶん「たまたま」買ったお陰で、そしてそれを使いこなそうと努力したお陰で、カメラマンとしてごく一部で熱狂的な支持を集める今の小生があるものと確信する。

そんなこんなでここ数年間小生と苦楽を共にしてきたCanon G11が、最近調子が悪い。

実は小生のCanon G11、プライベートではもちろん、小生の所属する企業体でも時々使うのだ。もちろん、企業体は企業体で「それなり」のデジカメは所有している。そしてそのデジカメは、その企業体のニーズに合致している。すなわち、記録用途としては申し分ない。

だがしかし、小生と、その企業体の先輩で小学生の頃から一眼レフを使用していたというNには、とてもじゃないが満足はできない。理屈じゃない、どういう用途であれ、もっとまともな写真を取りたい!Nは、その頭文字のとおりニコン派で、幼少のみぎりから一眼レフを使いこなし、最近ではS330を2台所有し、最近D5200を購入したというこだわり派だ。では小生は?やっぱ、canon派だ。

で、G16を買った。東京は新橋のヤマダ電機で。

で、電化製品を買ったら?やっぱ開封の儀をしなければなるまい。札幌から遠く離れた浜松町の地であっても!

きまぐれ雑記, 写真・カメラ

ちょっと前に、JR札幌駅コンコースで行われていたイベントに立ち会っていたら、カメラマンが一脚の先にカメラを取り付けて、その状態で上に持ち上げて上空からセルフタイマーで撮る、なんて離れ業をやっていました。人ごみを避けて出演者の写真が撮れる、という寸法です。

かっこいー!

というわけで、一脚を買いました。ベルボンのULTRA STICK M43。ほぼ同じ値段でよりコンパクトなのにより長く伸びるULTRA STICK L50とかなり迷って小一時間ヨドバシカメラをうろつきましたが、自由雲台付きであることがやはり重要と考え前者にしました。まあ追銭して自由雲台を買えばいい話なのですが・・・

その一脚はウルトラロックといってレバー式でなくねじで長さを調整するタイプで、しかも脚自体をねじる方式なので、力の加減にもよりますが1回のねじりが全ての脚に連動してロック・開放ができ、セットおよび収納がとても簡単です。言葉では説明しづらいのでよろしければ体験してみてください。レバー式の方がワンタッチで締め付けができるので確実性はありますけれど。

というわけで、その日の夜に開催されたちょっとした宴会でメンバーにお披露目し、さっそく上空からの写真を撮ってみました。小生のデジカメはバリアングルモニタ付きなので自分撮りでも画の確認が容易にできます。何度か失敗したものの最後には納得のいく画が撮れてみんな大満足。一日で元を取った気分です。そもそもよく考えると、自由雲台がないとこういう撮影はできないわけで・・・

他にも薄暗い中でフラッシュ無し撮影にも威力を発揮してくれそう。いい買い物をしました。

「雲台」つい先日まで「くもだい」と読んでいましたが正しくは「うんだい」です。お店で通ぶって「このくもだいが・・・」などと言わないようにしましょうね。

いい写真伝導師の三脚ワンポイントアドバイス