写真・カメラ7Artisans

7Artisansのレンズには、やっぱり同メーカーのマウントアダプタだよねっ!

7Artisans製のヘリコイド付きマウントアダプタで、ライカMマウントレンズをSony Eマウントに変換し、α7IIIに取り付けることができます

【TECHART LM-EA7】ライカMマウントレンズがオートフォーカスする神アイテム!! | HERMITCRAB

Pixco製ライカMマウント→Sony Eマウント用のアダプター、ヘリコイド付きで安価、充分使えますが・・・ | HERMITCRAB

小生はすでにマウントアダプタを2つ運用しているのですけど、やはり使っているレンズと同じメーカーのマウントアダプタを使ってみたい!ということで、50mm F1.1と同じ7Artisansのマウントアダプタを購入した次第。

【7Artisans 50mm F1.1】異次元の明るさを誇る単焦点レンズを買ってみました。 | HERMITCRAB

7artisans LM E Close Up Focus Adapter Ring Second Generation for Leica M Mount Camera Lens to Sony E A7 A6 A7R A7II A7M Camera|Lens Adapter| – AliExpress

Amazonで流通していることもあるようですが、到着まで時間がかかるのと送料が高いので、いつものAliexpressで海外通販しました。

実際に使ってみると、以前所有していたものよりかっちりとしたフィーリングで気に入りました!

ガジェット, 写真・カメラ7Artisans

最近おむかえした7Artisans 50mm F1.1は、ピントも絞りもマニュアルです。

マニュアルフォーカスは慣れないととっさの操作が難しいのと、急いでピントをあわせたい時にはやはり慌てますね。オートフォーカス機構は基本的にレンズに内蔵されているものなので、マニュアルフォーカスのレンズはどこまでいってもマニュアルフォーカスレンズなのですけど・・・

なんとこの世には、オートフォーカス機構を内蔵したレンズマウントアダプターがあるのです!

それが、TECHART(テックアート) LM-EA7だッ!!

マウントアダプターとしては高価なアイテムですけど、7Artisans 50mm F1.1に限らずあらゆるライカMマウントレンズにオートフォーカス機構をアドオンできることと考えると、実質タダといえるでしょう!

マウントアダプター内のヘリコイドを内蔵モーターで動かすことでオートフォーカスを実現しています。

Pixco製ライカMマウント→Sony Eマウント用のアダプター、ヘリコイド付きで安価、充分使えますが・・・ | HERMITCRAB

小生はAliexpressで購入しましたので、到着まで少し待ちました。

TECHART LM EA7 AF V6.0 Adapter Lens Adapter Auto Focus Adapter for Leica M Camera Lens to Sony NEX A7RII A6300 A9 A7SII Camera|Lens Adapter| – AliExpress

中華通販は外箱がボコボコになって届くこともありますが、今回はきれいな状態で届きました。

写真・カメラ7Artisans

以前の記事のとおり7Artisans 50mm F1.1を買ったんですけど、、、

【7Artisans 50mm F1.1】異次元の明るさを誇る単焦点レンズを買ってみました。 | HERMITCRAB

このレンズはライカMマウントなので、Sony Eマウントなα7IIIには取り付けできません。そこで登場するのがマウントアダプターという神パーツです。

SONY α7IIIを使い始めた! | HERMITCRAB

α7IIIと同時に購入したMC-11(CANON EFマウント→Sony Eマウント)もマウントアダプターです。

で、ライカMマウント用には、Pixco製のヘリコイド付きマウントアダプターを購入しました。

どうしてこれを選んだかというと、ヘリコイド付きでは最も安価だったからლ(´ڡ`ლ)

早速開封していきます。ちなみにPixcoはなんとなくピクスコと読んでいましたが、正解はバシュポだそうです。これは中華メーカーなのですけど、何語読みなんでしょう。

写真・カメラ7Artisans

Sony α7IIIの運用可能性の一つに、マウントアダプタを介して他社レンズやオールドレンズを装着できることがあります。まさにSIGMA MC-11を介してCANON EFマウントのレンズを運用している小生ですけど、ついに手を出してしまいました。ライカMマウントレンズに・・・!

F1.1という明るさのレンズは初体験で、絞り開放だとISO感度をどんなに下げてもシャッター速度を1/4,000くらいにしないと明るすぎて撮影できない(笑)しかも開放ではピント面がにじみピントを合わせづらいというじゃじゃ馬っぷり(笑)デジカメの性能が飛躍的に良くなり、ガチピン・高精細な写真を求めるのが常識とも言える時代に、痛烈なフックを入れてくるレンズです。記録写真ではなく作品を作るためのレンズとも言えるかも。

写真・カメラSigma

ちょっと何を言っているのかわからないかもしれませんが、下の画像をご覧ください。

左は12/23に撮影した月齢8.4のもの。右は12/28に撮影した月齢13.4のもの。

1/800s, f/8, ISO 800 Focal: 600mm ILCE-7M3, 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary 015

大きくしてみるとわかるとおり、夜の部分に近ければ近いほど太陽光が斜めから当たるようになりますので、クレーター側面の陰影が深くなります。クレーターは月面全面に分布しているはずですけど、太陽光が正面から当たると影も飛んで月面の凹凸がよくわからなくなってしまいます。斜めから光が当たる部分だからこそ、クレーターの凹凸が観測できるというわけですね。

陰影が深くコントラストが強いとピントも合わせやすく、実はこの画像、α7III+MC11+SIGMA 150-600mmの組み合わせを手持ちし、オートフォーカスで撮影しているのです!オートフォーカスで月面にピントが合うって、すごい!!

1/800s, f/8, ISO 400 Focal: 600mm ILCE-7M3, 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary 015

同じカメラ・レンズで撮影したこちらはどうでしょうか。上の月より明るいのでISOを1段下げ、ホワイトバランスをちょっといじって寒色系にしてみました。

美しい満月に近くなってきましたが、コントラスト的には上の月より小さく、全体がのっぺりに近くなっていることがわかるでしょうか。右下の僅かに夜部分が見えているところにクレーターの陰影がみえるくらいで、細かな凹凸の観測は難しいです。

この月にはオートフォーカスしませんでしたので、手持ちだったんですけどなんとかマニュアルフォーカスでピントを合わせました。普通は三脚を使うべきシチュエーションだったと反省。

「影」を「撮」ることが撮影だと誰かが言っていました。奥が深い・・・

写真・カメラ7Artisans

カメラは持ち出してなんぼですよね~!

日常的に持ち歩くセットはできるだけコンパクトにしたいもので、普段はα7IIIにSIGMA MC11マウントコンバーターを介し、Canon 40mmf2.8パンケーキレンズを取り付けています。

これでも充分コンパクトで、40mmという広くもなく狭くもなくという画角の単焦点レンズですから、まずまずの撮影ができます。

ところが先週のブラックフライデーセールで、パンケーキレンズより更に薄いレンズを見つけ、購入してしまいました。それが7Artisans(七工匠)18mm F6.3 UFO lensです。

18mm F6.3 – 7Artisans

公式の価格は69$。まだ国内流通していないようなので、購入はAliexpressのお好きなセラーからどうぞ。

7 artisans 18mm F6.3 Human lens for Sony E/Canon eos m/Fuji/M4/3 mount Free Shipping|Camera Lens| – AliExpress

日本語情報は現状ではこちらのサイト内のもののみと思われます。

七工匠「7Artisans 18mm F6.3 UFO Lens」交換レンズデータベース | とるなら~写真道楽道中記~

【2020.2.6追記】焦点工房さんで取り扱いが始まりました!国内流通品を購入できるのはありがたいですね!!

小生のもとにも届きましたので開封し、α7IIIに取り付けて出かけてみました。APS-C用レンズなので、フルサイズ撮影ではケラれます。それも含めて紹介しますので、続きは以下からどうぞ。

ガジェット, 写真・カメラカメラバッグ, モンベル, ワークマン

モンベルの防水クッションバッグ、プロテクションアクアペルの3リットルタイプを買い増ししました。

カメラバッグの最適解のひとつかも?モンベル・プロテクション アクアペルを試した! | HERMITCRAB

以前購入したのは2リットルタイプ。SONY α7III+SIGMA 24-105mm/F4の組み合わせは2リットルタイプに入れるので、3リットルタイプはSIGMA 70-200mm/F2.8用に使うという魂胆です。

そしてこれらがクッション素材の袋に入っているおかげで、これらを収納するバッグは別にカメラ用でなくても良い、ということになりますでしょ。じゃあ、ということで、自分の中で格がグングン上がっているワークマンの防水リュックをチョイスしました。

PC, 写真・カメラ, 音楽Capture One, Davinci Resolve, x260

ThinkPad X260の初期化でいろいろとバックアップしそこねたのですけど、せっかくセットアップしたCapture One用のコントローラーX-Touch miniのデータも見事にロストしてしまいました。

【behringer X-Touch mini & Bome MIDI Translator Classic】Capture Oneをmidiコントローラーでグリグリ操作したい!導入を目指し試行錯誤してみた。 | HERMITCRAB

ですので、自分の記事をみながらセットアップしましたw

写真・カメラSigma

アウトドア用品メーカーのモンベルが販売している、プロテクション アクアペルを購入してみました。クッション入りの防水バッグで、急な天気の変化からカメラなど電子機器を守るステキな袋です。モンベルですからコンセプトは当然アウトドア用途でしょうけど、インナーバッグとして日常使いに活用できそうです。

カメラバッグはマンフロットのウニカ・メッセンジャーバッグエレコムの“GRAPH GEAR NEO”プロカメラバックパックを所有し運用しています。機材をがっつり持っていくときはエレコム一択ですが、このバッグは大きく重すぎるので日常使いはできません。一方、マンフロットはカメラやレンズ以外のものはほとんど持ち歩けません。結局、普段はα7IIIを通勤用のバックパックにそのまま放り込んだりしています。

カメラバッグにこれひとつでOKというものはなく、状況に合わせた最適解があるのみ・・・その最適解のひとつが、プロテクションアクアペルなのかもしれません。程々のクッション性を持った袋にカメラを入れ、普段使っているバッグにインナーバッグ的に入れて使えますから。

PC, 写真・カメラ, 音楽Capture One, Davinci Resolve

デジカメで撮影したデータをただの写真から作品へと変化させる、現像という作業。現像ソフトはとっても有用なのですが、小さなアイコンやスライダーをマウスでちまちま操作するのはなかなか大変で、ずくなしの小生は本当に現像したい写真データ以外は現像を省いてしまいます。なんとかしたいなと思いずっと検討していたのが、物理コントローラの導入です。

こちら現在進行中の写真ですが、behringer(ベリンガー)社のX-Touch miniというmidiコントローラーを導入しました。

見てのとおり、コントローラーにはツマミやボタンがたくさん付いています。それぞれに現像ソフトのパラメーター、例えば色温度や露光補正などを割り当て、ツマミをグリグリ回してそれらを調整できれば、マウスでチマチマ操作したり数字で直接入力するより直感的な操作ができるはず!という、夢のようなデバイスなのです。

X-Touch miniの現像ソフトへの導入事例は検索すれば山ほどヒットしますが、海外サイトも含めほぼ全てがAdobe Lightroomでの事例です。小生のメイン現像ソフトはCapture Oneなんですけど、Capture Oneへの導入事例は日本語サイトでは皆無で、海外でも数件ヒットするのみ。英語サイトを参考に導入を進めてみました