写真・カメラ

アウトドア用品メーカーのモンベルが販売している、プロテクション アクアペルを購入してみました。クッション入りの防水バッグで、急な天気の変化からカメラなど電子機器を守るステキな袋です。モンベルですからコンセプトは当然アウトドア用途でしょうけど、インナーバッグとして日常使いに活用できそうです。

カメラバッグはマンフロットのウニカ・メッセンジャーバッグエレコムの“GRAPH GEAR NEO”プロカメラバックパックを所有し運用しています。機材をがっつり持っていくときはエレコム一択ですが、このバッグは大きく重すぎるので日常使いはできません。一方、マンフロットはカメラやレンズ以外のものはほとんど持ち歩けません。結局、普段はα7IIIを通勤用のバックパックにそのまま放り込んだりしています。

カメラバッグにこれひとつでOKというものはなく、状況に合わせた最適解があるのみ・・・その最適解のひとつが、プロテクションアクアペルなのかもしれません。程々のクッション性を持った袋にカメラを入れ、普段使っているバッグにインナーバッグ的に入れて使えますから。

PC, 写真・カメラ, 音楽Capture One, Davinci Resolve

デジカメで撮影したデータをただの写真から作品へと変化させる、現像という作業。現像ソフトはとっても有用なのですが、小さなアイコンやスライダーをマウスでちまちま操作するのはなかなか大変で、ずくなしの小生は本当に現像したい写真データ以外は現像を省いてしまいます。なんとかしたいなと思いずっと検討していたのが、物理コントローラの導入です。

こちら現在進行中の写真ですが、behringer(ベリンガー)社のX-Touch miniというmidiコントローラーを導入しました。

見てのとおり、コントローラーにはツマミやボタンがたくさん付いています。それぞれに現像ソフトのパラメーター、例えば色温度や露光補正などを割り当て、ツマミをグリグリ回してそれらを調整できれば、マウスでチマチマ操作したり数字で直接入力するより直感的な操作ができるはず!という、夢のようなデバイスなのです。

X-Touch miniの現像ソフトへの導入事例は検索すれば山ほどヒットしますが、海外サイトも含めほぼ全てがAdobe Lightroomでの事例です。小生のメイン現像ソフトはCapture Oneなんですけど、Capture Oneへの導入事例は日本語サイトでは皆無で、海外でも数件ヒットするのみ。英語サイトを参考に導入を進めてみました

きまぐれ雑記, たび旅, 写真・カメラDavinci Resolve, ドローン

北海道大学の北側付近から石狩湾にかけて、新川と呼ばれる人工の河川があります。

新川 (北海道) - Wikipedia

新川はほぼ直線で、新川通と呼ばれる幹線道路が併設されており街灯も直線に並んでいるので、札幌市内中心部の高台からも見えたりしますが、新川が石狩湾に注ぐ河口の東側にオタネ浜という砂浜があります。

小樽の語源とも言われているオタネ浜、新川の西側に広がるおたるドリームビーチと同様海水浴に良さそうな砂浜海岸なのですが、正式な海水浴場ではないらしく行政や民間業者による整備がされておらず、そのせいで心無い利用者による直火BBQ、ゴミ放置のほか水難事故多発などあり、2018年頃から限られた利用者しかクルマで進入できないようになっているようです。近くには石狩湾新港開発に伴い立ち退きを余儀なくされた小樽内の碑「オタナイ発祥之地碑」などあり、忘れられた歴史の地という感じ。

ネットで色々調べましたが、書いてあることがいろいろです。上記のとおり、2018年より前の記事だと割と気軽に行って楽しかった的な記事がヒットしますが、それ以降の記事では「道路にバリケードがありクルマで入れなかった」という記事もヒットします。2020年の現在はどうなのか、見に行きました。ついでに非DID地域なのでドローンも飛ばしてみたいところです。

写真・カメラDIY

もう2ヶ月ほど前になりますが、NHK朝の情報番組「あさイチ」でライティング特集が組まれていました。

9時台の企画 オンラインメーク&ライティング術|NHKあさイチ

2ヶ月前といえば5月の連休が明けた頃。本格的に始まったテレワークの流れを受けて、リモートのビデオ会議に使えるメイクやライティングのコツがわかりやすく紹介されていました。

その中で紹介されていたのが、美人板です。要するにレフ板なのですが、これが有るのと無いのとで大違い!NHKのベテラン照明さんが簡単に自作する方法を教えてくれていたので、いつか作ろうと思っていたのですけど、この度ようやく製作いたしました。

ダンボールを大きく広げたら・・・

たび旅, 写真・カメラ

新型コロナウィルス感染拡大予防のため、多くの神社で手水の使用を自粛されています。この手水に花を飾って参拝者を出迎えようという取り組みが全国的に広がっているようですけど、7月23日から26日までの期間限定で札幌市内と近郊都市の9社で「花手水めぐり」というイベントが開催されているので、全て訪れてみました。

【札幌市西区手稲区】2020年7月23日~26日は「花手水めぐり」へ。手稲神社、発寒神社などで開催 | 号外NET 札幌市西区・手稲区

開催しているのは以下の9社。

豊平神社(札幌市豊平区)  豊平神社 - 北海道神社庁のホームページ

札幌諏訪神社(札幌市東区)  諏訪神社 - 北海道神社庁のホームページ

発寒神社(札幌市西区)  発寒神社 - 北海道神社庁のホームページ   発寒神社

新琴似神社(札幌市北区)  新琴似神社 - 北海道神社庁のホームページ   札幌市北区鎮座 新琴似神社

手稲神社(札幌市手稲区)  手稲神社 - 北海道神社庁のホームページ   手稲神社

月寒神社(札幌市豊平区)  月寒神社 - 北海道神社庁のホームページ  

厚別神社(札幌市清田区)  厚別神社 - 北海道神社庁のホームページ

廣島神社(北広島市)  廣島神社 - 北海道神社庁のホームページ

錦山天満宮(江別市)  錦山天満宮 - 北海道神社庁のホームページ   錦山天満宮

それぞれの神社をGoogleマップにプロットしてみました。※スマホにAdGuardを入れている方は、小生のブログに限らず埋め込みGoogleマップが表示されませんので、各自ご対処ください!

位置関係を眺めてみると、西側に位置する新琴似、発寒、手稲は一度に行くとして、そのほかはなんとなく環状に訪問できそうです

小生はたまたま市内中心部に来ていたので、諏訪神社からスタートすることにしました。

それでは~、GoTo花手水めぐり!

写真・カメラ

最近は外出の機会がとれず、室内でのブツ撮りばかりだったので、カメラを持ってお散歩に行きました。

満開の桜もいいですが、木の幹から突然咲いている桜も、無骨な木肌との対比がありますね。

南郷通沿いにきれいに植わっているお花。このあと、ホワイトストーンズの聖地、白石円形歩道橋に行きました。

お散歩ネタとは外れますが、5/7の満月はフラワームーンと呼ぶそうで、ちょうど満月になる19:45に写真を撮ってみました。

写真・カメラ

タムロンの大三元望遠ズームレンズ(TAMRON SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2 (Model A025))の調子が悪くなりました。カメラの電源on時やoff時に鏡胴からカタカタ音が鳴り、レンズを上に向けたり下に向けたりすると音が止まる、という現象が出始めたのです。

この現象はシグマのマウントアダプタMC-11を介してα7IIIに取り付けているときに気づいたのですが、検証としてEOS5D3に取り付けて動作させてみると・・・電源on時のほかに、シャッターボタンを半押ししたときにもカタカタ音が発生しました。ライブビュー時の画面もカタカタ音に合わせて上下に揺れるので、なんとなく手ブレ補正がおかしくなっているのではと予想。

70-200は一脚に載せて使うことが多いので手ブレ補正はoffでも良いのですが、撮影した画像をみるとピントがあっている部分もぼやけていることに気づきました。

お気に入りの1脚はこれ!軽くて丈夫なのに安くて最高です。

新しい一脚を買いました。SIRUI P-326 憧れのカーボン一脚に大興奮! | HERMITCRAB

とにかく、いつもどおりの運用ができなくなってしまったので、タムロンに修理依頼することにしました。

PC, 写真・カメラデータ復旧, 復元

仕事で写真を扱っているときは、データの管理にいつも悩みます。悩むというか、誤って重要なファイルを消してしまいそうで不安ですよね。何百枚もある撮影データから納品するものを選別するとき、ついつい重要なデータまで消してしまった!とか、納品されたデータを誤って消してしまい、ダウンロード期限が切れてもうダウンロードできない!!とか。

普通は一旦消したデータはゴミ箱に入りますけど、思わずCtrl+Del完全に削除してしまったりするともう最悪!ほかにも、USBメモリやSDカード、CFカードなどの外部メモリのデータは、Delを押すだけで完全に削除されてしまったりしますよね。

データを消さずに済ませるためにはパソコンのHDDやSDDを大容量のものに交換したり、外付けドライブにデータを保存するのもひとつの有効な手段です。小生のメイン機X260も以前にSDDを256GBのものから1TBのものに交換しました。

ThinkPad X260のSSDを大容量のものに換装する。その3:X260を分解しSSDを取り替える! | HERMITCRAB

データはどんどん増えていくもので、ストレージを大きくするのにも限界があります。クラウドにも頼りたいけどなんか不安・・・結局は、バックアップをいくつも持っておく、ということが落とし所なのかもしれません。

とはいえ、一度消してしまったデータは元に戻りません。まさに覆水盆に返らずです。フェイトさんは「 人の命以外なら、たいてい取り返しがつく。こぼれた水は元に戻らないけど、また汲めば済む 」と言いましたが、なるべくなら無傷で取り戻したいものですよね。

前置きが長くなりましたが、万が一に備えて導入をしておきたいのがデータ復旧・データ復元ソフトです。Win版EaseUS Data Recovery Wizardを使ってみます。

Win向けデータ復旧製品-EaseUS Data Recovery Wizardシリーズ

↑こちらからインストーラーをダウンロードできます。

たび旅, 写真・カメラ

ニューヨークではなく、浜松町の世界貿易センタービルですけどね。

展望台 : 世界貿易センタービルディング

浜松町駅に直結した高層ビジネスビルです。これまでは小生に関係ないものと思って素通りしていましたけど、展望台があるのなら行ってみなければ。

江戸での諸々お勤めを終え、訪れたのは19:30頃。ビルの1階に入り口があります。その名も「シーサイドトップ展望台」!