写真・カメラ

ちょっと何を言っているのかわからないかもしれませんが、下の画像をご覧ください。

左は12/23に撮影した月齢8.4のもの。右は12/28に撮影した月齢13.4のもの。

1/800s, f/8, ISO 800 Focal: 600mm ILCE-7M3, 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary 015

大きくしてみるとわかるとおり、夜の部分に近ければ近いほど太陽光が斜めから当たるようになりますので、クレーター側面の陰影が深くなります。クレーターは月面全面に分布しているはずですけど、太陽光が正面から当たると影も飛んで月面の凹凸がよくわからなくなってしまいます。斜めから光が当たる部分だからこそ、クレーターの凹凸が観測できるというわけですね。

陰影が深くコントラストが強いとピントも合わせやすく、実はこの画像、α7III+MC11+SIGMA 150-600mmの組み合わせを手持ちし、オートフォーカスで撮影しているのです!オートフォーカスで月面にピントが合うって、すごい!!

1/800s, f/8, ISO 400 Focal: 600mm ILCE-7M3, 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary 015

同じカメラ・レンズで撮影したこちらはどうでしょうか。上の月より明るいのでISOを1段下げ、ホワイトバランスをちょっといじって寒色系にしてみました。

美しい満月に近くなってきましたが、コントラスト的には上の月より小さく、全体がのっぺりに近くなっていることがわかるでしょうか。右下の僅かに夜部分が見えているところにクレーターの陰影がみえるくらいで、細かな凹凸の観測は難しいです。

この月にはオートフォーカスしませんでしたので、手持ちだったんですけどなんとかマニュアルフォーカスでピントを合わせました。普通は三脚を使うべきシチュエーションだったと反省。

「影」を「撮」ることが撮影だと誰かが言っていました。奥が深い・・・

写真・カメラ

カメラは持ち出してなんぼですよね~!

日常的に持ち歩くセットはできるだけコンパクトにしたいもので、普段はα7IIIにSIGMA MC11マウントコンバーターを介し、Canon 40mmf2.8パンケーキレンズを取り付けています。

これでも充分コンパクトで、40mmという広くもなく狭くもなくという画角の単焦点レンズですから、まずまずの撮影ができます。

ところが先週のブラックフライデーセールで、パンケーキレンズより更に薄いレンズを見つけ、購入してしまいました。それが7Artisans(七工匠)18mm F6.3 UFO lensです。

18mm F6.3 – 7Artisans

公式の価格は69$。まだ国内流通していないようなので、購入はAliexpressのお好きなセラーからどうぞ。

7 artisans 18mm F6.3 Human lens for Sony E/Canon eos m/Fuji/M4/3 mount Free Shipping|Camera Lens| – AliExpress

日本語情報は現状ではこちらのサイト内のもののみと思われます。

七工匠「7Artisans 18mm F6.3 UFO Lens」交換レンズデータベース | とるなら~写真道楽道中記~

小生のもとにも届きましたので開封し、α7IIIに取り付けて出かけてみました。APS-C用レンズなので、フルサイズ撮影ではケラれます。それも含めて紹介しますので、続きは以下からどうぞ。

ガジェット, 写真・カメラカメラバッグ, モンベル, ワークマン

モンベルの防水クッションバッグ、プロテクションアクアペルの3リットルタイプを買い増ししました。

カメラバッグの最適解のひとつかも?モンベル・プロテクション アクアペルを試した! | HERMITCRAB

以前購入したのは2リットルタイプ。SONY α7III+SIGMA 24-105mm/F4の組み合わせは2リットルタイプに入れるので、3リットルタイプはSIGMA 70-200mm/F2.8用に使うという魂胆です。

そしてこれらがクッション素材の袋に入っているおかげで、これらを収納するバッグは別にカメラ用でなくても良い、ということになりますでしょ。じゃあ、ということで、自分の中で格がグングン上がっているワークマンの防水リュックをチョイスしました。

PC, 写真・カメラ, 音楽Capture One, Davinci Resolve, x260

ThinkPad X260の初期化でいろいろとバックアップしそこねたのですけど、せっかくセットアップしたCapture One用のコントローラーX-Touch miniのデータも見事にロストしてしまいました。

【behringer X-Touch mini & Bome MIDI Translator Classic】Capture Oneをmidiコントローラーでグリグリ操作したい!導入を目指し試行錯誤してみた。 | HERMITCRAB

ですので、自分の記事をみながらセットアップしましたw

写真・カメラ

アウトドア用品メーカーのモンベルが販売している、プロテクション アクアペルを購入してみました。クッション入りの防水バッグで、急な天気の変化からカメラなど電子機器を守るステキな袋です。モンベルですからコンセプトは当然アウトドア用途でしょうけど、インナーバッグとして日常使いに活用できそうです。

カメラバッグはマンフロットのウニカ・メッセンジャーバッグエレコムの“GRAPH GEAR NEO”プロカメラバックパックを所有し運用しています。機材をがっつり持っていくときはエレコム一択ですが、このバッグは大きく重すぎるので日常使いはできません。一方、マンフロットはカメラやレンズ以外のものはほとんど持ち歩けません。結局、普段はα7IIIを通勤用のバックパックにそのまま放り込んだりしています。

カメラバッグにこれひとつでOKというものはなく、状況に合わせた最適解があるのみ・・・その最適解のひとつが、プロテクションアクアペルなのかもしれません。程々のクッション性を持った袋にカメラを入れ、普段使っているバッグにインナーバッグ的に入れて使えますから。

PC, 写真・カメラ, 音楽Capture One, Davinci Resolve

デジカメで撮影したデータをただの写真から作品へと変化させる、現像という作業。現像ソフトはとっても有用なのですが、小さなアイコンやスライダーをマウスでちまちま操作するのはなかなか大変で、ずくなしの小生は本当に現像したい写真データ以外は現像を省いてしまいます。なんとかしたいなと思いずっと検討していたのが、物理コントローラの導入です。

こちら現在進行中の写真ですが、behringer(ベリンガー)社のX-Touch miniというmidiコントローラーを導入しました。

見てのとおり、コントローラーにはツマミやボタンがたくさん付いています。それぞれに現像ソフトのパラメーター、例えば色温度や露光補正などを割り当て、ツマミをグリグリ回してそれらを調整できれば、マウスでチマチマ操作したり数字で直接入力するより直感的な操作ができるはず!という、夢のようなデバイスなのです。

X-Touch miniの現像ソフトへの導入事例は検索すれば山ほどヒットしますが、海外サイトも含めほぼ全てがAdobe Lightroomでの事例です。小生のメイン現像ソフトはCapture Oneなんですけど、Capture Oneへの導入事例は日本語サイトでは皆無で、海外でも数件ヒットするのみ。英語サイトを参考に導入を進めてみました

きまぐれ雑記, たび旅, 写真・カメラDavinci Resolve, ドローン

北海道大学の北側付近から石狩湾にかけて、新川と呼ばれる人工の河川があります。

新川 (北海道) – Wikipedia

新川はほぼ直線で、新川通と呼ばれる幹線道路が併設されており街灯も直線に並んでいるので、札幌市内中心部の高台からも見えたりしますが、新川が石狩湾に注ぐ河口の東側にオタネ浜という砂浜があります。

小樽の語源とも言われているオタネ浜、新川の西側に広がるおたるドリームビーチと同様海水浴に良さそうな砂浜海岸なのですが、正式な海水浴場ではないらしく行政や民間業者による整備がされておらず、そのせいで心無い利用者による直火BBQ、ゴミ放置のほか水難事故多発などあり、2018年頃から限られた利用者しかクルマで進入できないようになっているようです。近くには石狩湾新港開発に伴い立ち退きを余儀なくされた小樽内の碑「オタナイ発祥之地碑」などあり、忘れられた歴史の地という感じ。

ネットで色々調べましたが、書いてあることがいろいろです。上記のとおり、2018年より前の記事だと割と気軽に行って楽しかった的な記事がヒットしますが、それ以降の記事では「道路にバリケードがありクルマで入れなかった」という記事もヒットします。2020年の現在はどうなのか、見に行きました。ついでに非DID地域なのでドローンも飛ばしてみたいところです。

写真・カメラDIY

もう2ヶ月ほど前になりますが、NHK朝の情報番組「あさイチ」でライティング特集が組まれていました。

9時台の企画 オンラインメーク&ライティング術|NHKあさイチ

2ヶ月前といえば5月の連休が明けた頃。本格的に始まったテレワークの流れを受けて、リモートのビデオ会議に使えるメイクやライティングのコツがわかりやすく紹介されていました。

その中で紹介されていたのが、美人板です。要するにレフ板なのですが、これが有るのと無いのとで大違い!NHKのベテラン照明さんが簡単に自作する方法を教えてくれていたので、いつか作ろうと思っていたのですけど、この度ようやく製作いたしました。

ダンボールを大きく広げたら・・・

たび旅, 写真・カメラ

新型コロナウィルス感染拡大予防のため、多くの神社で手水の使用を自粛されています。この手水に花を飾って参拝者を出迎えようという取り組みが全国的に広がっているようですけど、7月23日から26日までの期間限定で札幌市内と近郊都市の9社で「花手水めぐり」というイベントが開催されているので、全て訪れてみました。

【札幌市西区手稲区】2020年7月23日~26日は「花手水めぐり」へ。手稲神社、発寒神社などで開催 | 号外NET 札幌市西区・手稲区

開催しているのは以下の9社。

豊平神社(札幌市豊平区)  豊平神社 – 北海道神社庁のホームページ

札幌諏訪神社(札幌市東区)  諏訪神社 – 北海道神社庁のホームページ

発寒神社(札幌市西区)  発寒神社 – 北海道神社庁のホームページ   発寒神社

新琴似神社(札幌市北区)  新琴似神社 – 北海道神社庁のホームページ   札幌市北区鎮座 新琴似神社

手稲神社(札幌市手稲区)  手稲神社 – 北海道神社庁のホームページ   手稲神社

月寒神社(札幌市豊平区)  月寒神社 – 北海道神社庁のホームページ  

厚別神社(札幌市清田区)  厚別神社 – 北海道神社庁のホームページ

廣島神社(北広島市)  廣島神社 – 北海道神社庁のホームページ

錦山天満宮(江別市)  錦山天満宮 – 北海道神社庁のホームページ   錦山天満宮

それぞれの神社をGoogleマップにプロットしてみました。※スマホにAdGuardを入れている方は、小生のブログに限らず埋め込みGoogleマップが表示されませんので、各自ご対処ください!

位置関係を眺めてみると、西側に位置する新琴似、発寒、手稲は一度に行くとして、そのほかはなんとなく環状に訪問できそうです

小生はたまたま市内中心部に来ていたので、諏訪神社からスタートすることにしました。

それでは~、GoTo花手水めぐり!

写真・カメラ

最近は外出の機会がとれず、室内でのブツ撮りばかりだったので、カメラを持ってお散歩に行きました。

満開の桜もいいですが、木の幹から突然咲いている桜も、無骨な木肌との対比がありますね。

南郷通沿いにきれいに植わっているお花。このあと、ホワイトストーンズの聖地、白石円形歩道橋に行きました。

お散歩ネタとは外れますが、5/7の満月はフラワームーンと呼ぶそうで、ちょうど満月になる19:45に写真を撮ってみました。