クルマ

小生は自家用車のタイヤ交換を自分で行っています。何度かブログでも書きましたが、ここ数年は書いていなかったのであらためて基本をおさらいしながら紹介してみます。

道具を揃えます。十字レンチ、ジャッキ、輪止め、トルクレンチ、交換するタイヤに軍手。作業中に「あれがない!」となると時間も体力も消耗しますので、あらかじめ準備はしっかりとしておきましょう。

クルマ

YI ドライブレコーダーを導入した!中華ドライブレコーダーXiaomi Yi Smart Dashcamの日本語版です! – HERMITCRAB

はじめてのドライブレコーダーに選んだYi Smart Dashcamですが、キューブに取り付けて1年以上運用しています。幸いにも事故やクルマのトラブルなどに遭遇していないのでドライブレコーダーの本領を発揮する場面に出くわしていませんが、たぶん良い状態のままで動作しています。

このドライブレコーダーを便利に運用するにはスマホやタブレットなどの端末との連携が必要です。

タブレット側にはYI Dash Camというアプリを入れ、ドライブレコーダーとはWifiで接続します。

YI Dash Cam – Google Play のアプリ

クルマ

日中も氷点下の真冬日が続いていますがいかがお過ごしでしょうか。ある日の夜、所用をたそうと自宅前に停めてあるクルマに乗ろうとすると、ドアのロックが開いている・・・不審に思ったもののエンジンをかけようとすると、いつもならキーレスでかかるエンジンがかからない・・・キーレスキーの不調かな、と思い、キーレスキーの本体から物理キーを取り出し、キー部分に物理キーを差し込んで、エンジンをかけようとすると・・・やっぱりうんともすんともいわない?キーを回してもセルモーターが回らないどころか、メーターも警告ランプも点かない、それどころか、さっきからルームランプすら点いていない・・・!

ハイ!これは何らかのトラブルですね(笑)もう夜だからなにも対処することはできません。夜が明けてからジタバタすることにします。

クルマ

久々にクルマの話題です。つい先日のことですが、慌てて車に乗り込んだところ持っていたバッグでルームミラーを強打してしまいました。強打といっても意図的に殴りつけたわけではありませんよ。かる~くカバンがぶつかった・・・という印象だったのですが、その衝撃でルームミラーが取れてしまいました(笑)

出先だったので注意深く運転して自宅に帰り、よくよく観察してみると・・・

なんか土台に穴が開いてるんですけど(笑)

ミラー側には、もげた土台部分がついています(笑)

いろいろ調べると、この土台部分のパーツを交換すれば、ミラーを再び取り付けられるとのこと。純正パーツは普通は売っていませんが、小生にはディーラーに相談できる人がいるので、さっそく相談してみることにしました。

クルマ

スマホでも有名なXiaomiのドライブレコーダーです。こちらのサイトで非常に詳しく紹介されていて気になっていました。

コスパ抜群なドライブレコーダーXiaomi Yi Smart Dashcam買ったよ!|もふんちょろぐ。

aliexpressなどから海外通販しようと考えていたところ、amazonn.co.jpで日本語版が販売されているのを発見!しかもaliexpressより断然安い4,990円(執筆時点の価格です!)!もちろん送料無料!こんな値段の投資でドライブの安心が買えるなら安いもの!と思い購入しました。

クルマ

ひょんなことからクルマのタイヤを遠方の方に送ることになりました。
初めてのことでいろいろ調べましたので、備忘録的に書いてみます。

まずはタイヤの梱包の仕方。普通の荷物は段ボール箱に入れて緩衝材を入れて・・・ですが、タイヤはデカくて重いのでそうはいきません。

■タイヤ付きホイールの梱包方法■

こちらにある方法で梱包できます。意外と自分でできるかも!?

送料はこちら。

車のタイヤのサイズ・運賃について | ヤマト運輸

タイヤの送料は専用運賃があり、タイヤのサイズを入れれば運賃が分かる・・・とのことなのですが、どこをどう見ていいのかよく分かりませんでした。やればわかるでしょう、ということで、まずはやってみましょう!

クルマ, 工具, 自転車

自転車の整備をしていると、立ったりしゃがんだり、背中を曲げたりと身体に結構な負担がかかります。イスがあると楽ですね。というわけで、折りたたみスツールを買いました。

クルマ

いろんなことをなんでもやってみたい小生、今度はユーザー車検に挑戦することにしました。

平成21年札幌陸運支局ユーザー車検体験記 (By キンタロウ)

もうばっちりの情報を見つけたのでありがたく参考にすることにしました。

読んでみるといろいろ脳内シミュレーションができてきて、自分でもできそうな気がしてきたので、いよいよ札幌運輸支局の予約をすることにしました。ネットで予約できるんですね。

車検について|札幌運輸支局ウェブサイト (国土交通省 北海道運輸局)

札幌運輸支局のサイトにもユーザー車検についての情報が結構出ています。こういったお役所のサイトでは必要な情報が「ある」のだけど「なかなか見つからない」構造になっていることが多く、イライラした経験のある方も多いと思いますが、ここはかなり親切ですね。というより、ユーザー車検を推奨しているようにも読み取れます。書類と同じで、作った方の意思があらわれるものですね。

さて車検の予約は、札幌運輸支局からリンクが張られている国交省の予約システムから行うことができます。小生もアカウント登録し、予約をしようとしました。

もう笑うしかありません!ユーザー車検を受けようとした日はおろか、はるか先の日程まで予約でいっぱいです!車検の期限が迫っているため、今回はユーザー車検は諦めることにしました。ある程度計画的に準備をしたつもりですが、もっと前、例えば1ヶ月くらい前から車検日を検討しないといけないことがわかりました。ユーザー車検は受けられませんでしたがいい経験になりました。

きまぐれ雑記, クルマ

ショッキングなタイトルですいません。仕事の移動で高速道路を走行中、パン!だったか、カン!だったか、石を巻きあげたような音がしました。そのまま1分ほど走っていると、パタパタと音がし始めました。トラックを追い越している最中だったのでそのトラックの音かな、と思っていたのですが、トラックが横からいなくなってもパタパタ音は消えずむしろ大きくなってきました。そのうちガタガタガタガタ!と音がし始め、何か起こったと直感した小生はひとまずアクセルを緩め、少しずつ路肩に寄ろうと思うもハンドルが思うようにきかず、ようやく充分に減速して路肩に入った時には車体左前方から煙が立ち上ってきました!パンクか!と思い、クルマを停車させ注意しながら車外に出てみると・・・!

クルマ

先日朝、クルマで出掛けようとしていつもどおりエンジンをかけようとすると・・・あれ、キューブのエンジンがかからない?もしやバッテリー上がり?ナビなどの電装品をoffにして再度挑戦。セルは回るもののエンジンが始動しない。そうか、セルモーターが普通に回るということはバッテリー上がりではない。ということは何だろう?とにかく急いでおりそれ以上ジタバタする時間がないので、その日はクルマ移動をやめて、地下鉄で出かけることにした次第。

落ち着いて考えていると思い当たる節がありました。これ、たぶんプラグかぶりです。ずいぶん前にも一度やったことがあります。