音楽behringer, DIY, NEUTRIK

ノイトリック(NEUTRIK)のXLRコネクタNC3MXX & NC3FXXを使って、長さ50cmのマイクケーブルを4本製作しました。

XLRコネクタ比較その3~ノイトリックXLRコネクタ | HERMITCRAB

ケーブルは、定番のカナレ(CANARE)L4E6Sです。

ノイトリックもカナレも素晴らしい製品で、とてもスムーズに作業ができました。

ガジェット, スマホ・Android, 音楽Hiby, Hisenior, UMIDIGI

サブスクが便利すぎて、Apple Musicならロスレス音源を聴けるということもあり、最近はスマホがメインの音楽プレーヤーとなってきています。

こうなると登場の機会が減ってしまうのが、サブスクに対応していないDAPです。小生のHiby R3 Proもそう。手持ちのCDはflacで入れているので、CD音源をパワフルな出力で聴けるのが音楽専用機であるR3 Proの強みですけど、自分で持っている音源以外は当然ながら聴くことができません。たくさんのいろんな曲を聴くために、自然とサブスクに流れてしまいます。

しかしながら、スマホの音声出力は貧弱なので、じっくりと聴きたいときは有線DACを挟んだりします。これはこれで取り回しが面倒くさいんですよね・・・

解決方法としては、LDACなど高音質とされているBluetoothコーデックでスマホとイヤホンを接続することがあります。R3 ProはBluetoothレシーバー機能もあり、LDACにも対応しています。本体もコンパクトなのでポケットにも入れやすく、使いやすいです。

Androidはバージョン8でLDACとaptX、aptX HDにOSレベルで対応となりました。比較的最近のAndroidスマホと対応Bluetoothレシーバーがあれば、高音質Bluetoothコーデックを使えることになります。

R3 Proの電源ボタンのところにあるLEDは、状態や再生音源のサンプリングレートにより色が変わります。

  • 停止中(電源on) 青
  • 32~48kHz 青
  • 88.2~192kHz 緑
  • 352.8~384kHz オレンジ
  • DSD 白
  • 充電中 赤

おおむね、CD音源(ロスレス)やMP3だと青、ハイレゾは緑、DSDは白、という感じですね。LDACは最大96kHzなので、上の写真のとおりLEDが緑に点灯しています。

ただ、このときテストしていた音源は24bit48kHzのロスレスだったので、音源ベースでLEDの色が判定されるのだとすれば青に点灯するはず。緑に点灯しているということは、Bluetooth接続の場合は音源の品質というより接続コーデックで色が判断されていると見たほうが良いかも。まあ深く考えないようにしましょう。

LDACに対応したヘッドホンを使うのもケーブルレスで良いのですけど、Bluetoothレシーバーを使う利点は、ヘッドホンやイヤホン、ケーブルまで、自由に選択できることです。小生のカスタムIEM、Hisenior T2を接続すれば、半端ない没入感でリスニングすることができます。小生のHiby R3 Proは、Bluetoothレシーバーとしてもまだまだ活用できそう。

Amazon.co.jp

ガジェット, スマホ・AndroidUMIDIGI

中国のスマホメーカーUMIDIGI(ユミディジ)C1を購入しましたのでレビューします。5,150mAhの大容量バッテリー、6.52インチの大画面を備え、13,000円程度で購入できる格安スマホです。

小生はハイコスパスマホF1をメインスマホにしているのですが、C1はどれくらい使えるのでしょうか??

199ドルで買えるUMIDIGI F1開封レビュー!6.3インチ、水滴ノッチの中華スマホです! | HERMITCRAB

腕時計ORIENT

小生の所有する機械式腕時計はパワーリザーブ40時間のものと50時間のものがあります。40時間ということは1日と16時間、50時間なら2日と2時間、時計が止まらないということになります。

言うまでもなく、パワーリザーブは機械式腕時計には必須の機構です。針を動かすための動力を一定の時間正確に稼働し続けることが、機械式腕時計の進化といっても過言ではありません。そんなパワーリザーブのことを考えてみました。

万年筆Pelikan, プラチナ

プラチナ万年筆の金ペン、#3776センチュリーを購入しました。

センチュリー | プラチナ万年筆

プラチナ万年筆製品は、最廉価クラスのプレピープレジールを愛用しています。実売1,000円以下の鉄ペンながら、万年筆らしいなめらかな書き心地を味わえ、放置してもインクが乾かないスリップシール機構も秀逸。かなり気に入っているので、満を持して同社の金ペン購入となった次第です。

型番PNB-15000
ペン先大型14K(14-26)
ペン種UEF(超極細)/EF(極細)/F(細)/SF(細軟)/M(中)/B(太)/C(極太)
胴体色#7 ブラックインブラック
#2 シュノンソーホワイト
#41 ローレルグリーン
#51 シャルトルブルー
#71 ブルゴーニュ
サイズ全長139.5mm 最大径15.4mm 標準重量20.5g
付属品カートリッジインク(ブルーブラック)
定価16,500円(税込)

現行の#3776センチュリーはこのような仕様になっています。小生はローレルグリーンのMニブを購入しました。

料理

久しぶりの死ぬほど食べたいシリーズ、今日のネタは・・・なめ茸!!

なめ茸って好いですよね。滑らかでありながらキノコらしい食感、程よい塩味と酸味、そして何より、キノコならではの豊かな旨味・・・もう思い出しただけでよだれが出てきそう。

スーパーでも見かけるおなじみの食材で、比較的リーズナブルなのも好いですね。いろんなものにかけて食べたいけど、瓶詰めのなめ茸だと、なぜか少しずつ大事に食べなければ、という衝動にかられます。そして瓶の底や首の部分に残ったなめ茸を取りにくいって思ったことないですか!そういうことに気を取られず、罪悪感なく心ゆくまで食べたい!

じゃあ作るか!!

きまぐれ雑記

愛用していた湯ポポンの電源コードがちぎれそうになって危なくなってきたので、バスポンプを買い替えることにしました。

工進(KOSHIN)のホース付きバスポンプです。

パッケージの裏はこんな感じ。

ポンプとホース、電源付き。電源はコンセントに直に挿す、かなりコンパクトなタイプです。

左が今回購入した工進のバスポンプ、右がもともと使っていたミツギロン製の湯ポポンです。ポンプとホースの接続角度が違います。

実際にお湯を吸い上げるときはこういう角度になります。バスポンプは吸込口が横を向きますが、湯ポポンは縦(下)を向きます。湯ポポンのほうが残り湯を最後まで吸い取れる構造です。

本当は同じ湯ポポンに買い替えたかったのですけど、なぜか湯ポポンは値段がとても上がっていたので、バスポンプを選択しました。

もともと持っていた湯ポポンは汲み上げ速度が1分あたり8リットルでした。工進のバスポンプは1分あたり11リットルの汲み上げ速度となっています。実際に使ってみると、速さは段違いで、汲み上げてくる水の水圧も明らかに強いです。手間のかかる残り湯の汲み上げを素早く行ってくれるのはありがたいですね。

写真・カメラcanon, Sigma, Sony

1s, f/6.3, ISO 800 Mode: M, Focal: 600mm, 2022/11/08 19:42:05
Canon EOS 5D Mark III 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary 015

去年5月の皆既月食は、札幌は曇りのためほとんど見れませんでしたが、今回は途中までバッチリ!

スーパームーン皆既月食を撮影したかった! | HERMITCRAB

1s, f/6.3, ISO 800 Mode: M, Focal: 600mm, 2022/11/08 19:42:05
Canon EOS 5D Mark III 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary 015

今回は442年ぶりの皆既月食&天王星食だったそうです。これ天王星かなぁ・・・このあと何回も撮影すると、少しずつ月の方に動いて、隠れていってたんだけど・・・

442年ぶりの天体ショー 皆既月食と天王星食 終わる | NHK | 宇宙

でもいろんな映像を見ると、天王星は5時~6時の方向から月に向かって行っているし、天王星食が起きたのは20:21頃のようですから、小生の撮影したのはただの星だったかも☆彡

20s, f/8, ISO 400 Mode: M, Focal: 15mm, 2022/11/08 19:46:43 ILCE-7M3, DT 15mm F2.5 SAM

このあと雲が発生して、皆既月食はあえなくお隠れになってしまいました。

クルマ, 工具

今年も冬が近づいてきたので、キューブのタイヤ交換を行いました。

キューブを冬タイヤに交換した。あらためて手順を確認してみます。 | HERMITCRAB

去年のこの時期に、タイヤ交換の手順を詳しく書きました。一つ一つは大した作業ではないので、確実にこなしていけば恐るるに足りず!

肝心なことのひとつは、ジャッキアップした状態は極力短くすること。必要な道具は揃えておき、スタッドレスタイヤも近くに出しておきます。慌てる必要はありませんが、準備万端なら作業はスムーズに進みます。ジャッキアップしたら速やかにタイヤ交換します。悠長に写真を取っている場合ではないのです(笑)

タイヤ交換が済んだら、空気圧をチェックし、不足していれば補充します。タイヤ交換直後は信頼性が低下していますので、注意して走行し、異常があればリカバリーしましょう。ガソリンスタンドまでテスト走行し、空気入れを借りるのも好いですね。

きまぐれ雑記, 写真・カメラ

Amazonでよく買い物をするので、商品と一緒に届くダンボールや緩衝材など梱包資材の処分に困ることがあります。ヤフオクやメルカリに出品をする時用に多少は再利用しますけど、それより早いペースで溜まっていく梱包資材たち。できれば自宅でも再利用したいところです。

緩衝材として紙が詰められることも多くあります。少し色がついてやや丈夫な感じの紙で、過去にはホイール組の際の養生など、床を汚さないようにする用途で使用したりもしました。

↑こんな感じね。スポークの先にグリスを付けているので、床へのグリス付着を避けるために紙を敷いてました。

この紙ですが、割りとキメが細かく均一、かつ白に近い色なので、実は物撮りの背景紙に重宝しています

こんな感じで、ブツの下に敷いて撮影します。フローリングが見えちゃっていますが、トリミングすれば問題なし。

トリミングすると、このとおり!白に近い紙なので自然とレフ板効果もでて、商品に自然光を反射させてくれます。この写真ではほとんどシワのない紙を使いましたが、クシャクシャにした紙を使うと表情が変わって面白いです。

フローリングに直置きだとこんな感じ。何となく生活感が漂ってしまいます。意図してこの背景なら良いのですけどね。

ヤフオクやメルカリに出品するときも、背景が均一な白だと商品のイメージも向上します。梱包紙が手元に残っている方は、一度試してみてはいかがでしょうか。